Takasaki University of Health and Welfare

Researchers Information System

Japanese English

TOP
Search by Faculty
or Department
Search by Keyword
Search by Research
Field
Detailed Search

Takasaki University of Health and Welfare top

KURABAYASHI Shinobu

Profile Research field Research achievement Educational achievement Management achievement Social contribution achievement

 

Published Papers
No.Title URL, Journal, Vol( No), Start Page- End Page, Publication date, DOI 
1
死別父子家庭の父親が感じる困難感と自治体におけるひとり親世帯支援事業の現状および課題(続報) , 死の臨床, 42( 1), 188- 194, Jun. 2019,  
2
公衆衛生看護学実習における健康教育に関する学習効果の検討 3年次生 公衆衛生看護学実習Iの学習効果 , 高崎健康福祉大学紀要, ( 18), 11- 24, Mar. 2019,  
3
福祉の現場から 子育て期間中に妻との死別を体験した寡夫のニードおよび社会的支援の現状と展望 , 地域ケアリング, 19( 13), 116- 118, Dec. 2017,  
4
終末期医療に関する意識と認識 群馬県A病院における組合員および外来患者を対象とした質問紙調査結果より , 臨床倫理, ( 4), 23- 31, Feb. 2016,  
5
当院で行った終末期医療に関するアンケートについての考察 2006年調査との比較 , The Kitakanto Medical Journal, 65( 3), 241- 241, Aug. 2015,  
6
子育て期間中に妻との死別を体験した父子家庭のニーズおよび社会的支援の課題 , 死の臨床, 38( 1), 148- 153, Jun. 2015,  
7
養介護施設従事者における「高齢者虐待と不適切な行為」の認識およびその認識に関わる背景と要因 , 生命倫理, 24( 1), 76- 86, Sep. 2014, https://doi.org/10.20593/jabedit.24.1_76 
8
保健師教育における技術教育 地域の高齢者サロンでの健康教育実践からの学生の学び , 高崎健康福祉大学紀要, ( 13), 43- 51, Mar. 2014,  
9
看護学生における「保健師」に関する認識について , 高崎健康福祉大学紀要, ( 12), 65- 72, Mar. 2013,  
10
臨床看護師の「看護倫理に関わる知識の有無」と「倫理問題の認識」との関連性 , 日本看護倫理学会誌, 5( 1), 34- 39, Mar. 2013, https://doi.org/10.11477/mf.7001100080 
11
インドネシアブナケン島におけるプライマリ・ヘルス・ケア 子どもと高齢者を中心とする住民参加の重要性 , 高崎健康福祉大学紀要, ( 11), 229- 237, Mar. 2012,  
12
看護学生の在宅看護のイメージの変化 在宅看護論講義前後の記述の分析から , 高崎健康福祉大学紀要, ( 10), 81- 90, Mar. 2011,  
13
看護師の「倫理的徳」に関する一考察 看護師、患者および遺族に対する「よい看護師とは」という問いから , 高崎健康福祉大学紀要, ( 10), 63- 70, Mar. 2011,  
14
子どもをもつ若年層寡婦のストレスおよび自治体におけるサポートの現状 , 死の臨床, 33( 1), 94- 100, Aug. 2010,  
15
「よい」という概念の探究 死別を体験した患者家族にとっての「よい看護師」とは , 日本看護倫理学会誌, 2( 1), 23- 29, Feb. 2010, https://doi.org/10.11477/mf.7001100064 
16
インターネットを利用したグリーフケア 子どもをもつ若年層寡婦へのインタビューから , 臨床死生学, 14( 1), 60- 68, Dec. 2009,  
17
子どもをもつ若年層寡婦を対象としたグリーフケア セルフヘルプグループへの期待と参加条件 , 死の臨床, 32( 1), 130- 136, Jun. 2009,  
18
施設における高齢者虐待と介護職のための倫理教育の展望 , 地域ケアリング, 11( 3), 44- 49, Mar. 2009,  
19
群馬県F市高齢者の生活習慣と接地足裏の関連について(第一報) H地区における接地足裏の状況 , 高崎健康福祉大学紀要, ( 6), 11- 20, Mar. 2007,  
20
保健師を志望する学生の"地域看護活動"の認識度と進路選択への動機づけ , 高崎健康福祉大学紀要, ( 6), 21- 28, Mar. 2007,  
21
子どもをもつ寡婦へのグリーフケア セルフヘルプグループとしてのインターネットサイト掲示版活用 , 臨床死生学, 11( 1), 68- 75, Dec. 2006,  
22
ニーチェの思想における健康の概念が現代の健康観に示唆するもの キリスト教批判の視点から , 生命倫理, 16( 1), 114- 121, Sep. 2006,  
23
地域山間部に住む慢性疾患を持つ独居高齢者の退院後の生活の不安と病棟看護師の役割 , 日本看護学会論文集: 地域看護, ( 36), 84- 86, Mar. 2006,  
24
乳幼児健診に来所した母親のメンタルヘルスに及ぼす因子の検討 対象児の年齢との関連 , 女性心身医学, 10( 3), 181- 186, Nov. 2005, https://doi.org/10.18977/jspog.10.3_181 
25
看護教育研究 看護と倫理 看護教育課程における倫理教育の展望 , 看護教育, 46( 4), 328- 332, Apr. 2005, https://doi.org/10.11477/mf.1663100044 
26
予防医学としてのグリーフケア 地域看護活動を拠点に , 高崎健康福祉大学紀要, ( 4), 37- 47, Mar. 2005,  
27
健康の概念とその現代的意義の検討 幸福という視点から , 高崎健康福祉大学紀要, ( 4), 1- 10, Mar. 2005,  
28
質問紙調査におけるインフォームド・コンセント実施に関する一考察 5年間の雑誌掲載論文の分析から , 保健の科学, 44( 3), 229- 234, Mar. 2002,  

 

MISC
No.Title URL, Journal, Vol( No), Start Page- End Page, Publication date 
1
公衆衛生看護学実習Iにおける「健康教育」の実施による学習効果の検討 , 日本公衆衛生学会総会抄録集, 77回,  522- 522, Oct. 2018 
2
終末期がんの配偶者を看取った遺族への継続的個別介入の有効性 , 日本がん看護学会誌, 32( Suppl.), 178- 178, Jan. 2018 
3
大学生の身体活動の特徴とライフスタイル , 日本公衆衛生学会総会抄録集, 74回,  542- 542, Oct. 2015 
4
中高年女性の身体活動の特徴 ライフコーダを用いたケーススタディーより , 日本公衆衛生学会総会抄録集, 73回,  593- 593, Oct. 2014 
5
終末期がん患者の妻を看取った壮中年期男性遺族の心理経過 , 日本看護研究学会雑誌, 36( 3), 352- 352, Jul. 2013 
6
地域・高齢者に取り組む在宅看護 インドネシア国ブナケン島A地域における高齢者中心の住民参加の重要性 , 日本在宅看護学会誌, 1( 1), 91- 91, Oct. 2012 
7
遺族ケア 子をもつ若年層寡婦へのサポート 自治体サポートの現状と認知度 , 日本臨床死生学会プログラム・抄録集, 16回,  40- 40, Nov. 2010 
8
子どもをもつ若年寡婦を対象としたグリーフサポート , 日本臨床死生学会プログラム・抄録集, 15回,  81- 81, Dec. 2009