高崎健康福祉大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

高崎健康福祉大学
ホームページ

荻原 琢男 (オギハラ タクオ,OGIHARA Takuo)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

書籍等出版物
No.タイトル URL, 担当区分, 出版社, 出版年月, 担当範囲, ISBN 
1
物理薬剤学・製剤学演習 , , 京都廣川書店, 2018年, , 9784909197177 
2
<2018年度版>“実践的な”生物薬剤学・薬物動態学の基礎DVD , , 情報機構, 2018年, ,  
3
パザパ 物理薬剤学・製剤学演習第2版 , , 京都廣川書店, 2018年, ,  
4
高崎健康福祉大学薬学部生物薬剤学研究室の研究紹介(3)-さらなる飛躍を期して- , , 日本薬物動態学会アドメサークル, 2018年, ,  
5
ジェネリック医薬品を取り巻く最近の話題, 四捨五入製剤とオーセライズド・ジェネリック , 共著, 茨城保険医新聞, 2017年09月, ,  
6
実践製剤学 : そしてその基盤となる物理薬剤学 , , 京都廣川書店, 2016年, , 9784906992850 
7
化学療法学, 第2版 , , 廣川書店, 2016年, p178-198,  
8
個別化医療を目指した臨床薬物動態学Ⅱ治療薬物モニタリング編 , , 廣川書店, 2016年, p195-202,  
9
個別化医療を目指した臨床薬物動態学Ⅰ基礎編 , , 廣川書店, 2016年, ,  
10
わかりやすい生物薬剤学 , , 廣川書店, 2014年, , 9784567482349 
11
生物薬剤学演習 , , 京都廣川書店, 2012年, , 9784901789905 
12
エピソード薬物動態学 : 薬物動態学の解明 , , 京都廣川書店, 2012年, , 9784901789998 
13
薬物速度論演習 , , 京都廣川書店, 2010年, , 9784901789554 
14
物理薬剤学・製剤学演習 , , 京都廣川書店, 2010年, , 9784901789561 
15
"実践的な"生物薬剤学・薬物動態学の基礎 , , 情報機構, 2009年, ,  
16
トランスポーターを介したモノカルボン酸の消化管吸収における基質認識および輸送特性の解析 , , 荻原琢男, 1999年, ,  

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
Structure-activity relationship of atorvastatin derivatives for metabolic activation by hydrolases , XENOBIOTICA, ,   , 2019年06月15日, 10.1080/00498254.2019.1625083 
2
Reduction Effect of Calcium Alginate on Blood Triglyceride Levels Causing the Inhibition of Hepatic and Total Body Accumulation of Fat in Rats. , Biological & pharmaceutical bulletin, 42( 3), 365- 372, 2019年03月, 10.1248/bpb.b18-00530 
3
[Further investigation of 3D culture spheroid models of human hepatocytes]. , Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 153( 5), 235- 241, 2019年, 10.1254/fpj.153.235 
4
Specified Kiwifruit Extract Blocks Increase of Body Weight and Visceral Fat in High-fat-diet-fed Mice Inhibiting Intestial Lipase. , Food Science and Technology Research, 25( 2), 295- 302, 2019年,  
5
Combination Metabolomics Approach for Identifying Endogenous Substrates of Carnitine/Organic Cation Transporter OCTN1. , Pharmaceutical research, 35( 11), 224- , 2018年10月, 10.1007/s11095-018-2507-1 
6
Mechanism of Suppression of Blood Glucose Level by Calcium Alginate in Rats. , Biological & pharmaceutical bulletin, 41( 9), 1362- 1366, 2018年09月, 10.1248/bpb.b18-00155 
7
Randomized, Double-Blind, Crossover Clinical Trial of the Effect of Calcium Alginate in Noodles on Postprandial Blood Glucose Level. , Biological & pharmaceutical bulletin, 41( 9), 1367- 1371, 2018年09月, 10.1248/bpb.b18-00156 
8
Entinostat reverses P-glycoprotein activation in snail-overexpressing adenocarcinoma HCC827 cells. , PloS one, 13( 7), e0200015- , 2018年07月06日, 10.1371/journal.pone.0200015 
9
Intestinal secretion of indoxyl sulfate as a possible compensatory excretion pathway in chronic kidney disease. , Biopharmaceutics & drug disposition, 39( 7), 328- 334, 2018年07月, 10.1002/bdd.2149 
10
Evaluation of the metabolic capability of primary human hepatocytes in three-dimensional cultures on microstructural plates. , Biopharmaceutics & drug disposition, 39( 4), 187- 195, 2018年04月, 10.1002/bdd.2125 
11
Advances in Studies of P-Glycoprotein and Its Expression Regulators. , Biological & pharmaceutical bulletin, 41( 1), 11- 19, 2018年01月, 10.1248/bpb.b17-00725 
12
アルギン酸含有麺(そば)の食後血糖値への影響-ランダム化二重盲検クロスオーバー比較試験- , 薬理と治療, 46( 12), 2075- 2082, 2018年,  
13
アルギン酸含有麺(中華麺)の食後血糖値への影響-ランダム化二重盲検クロスオーバー比較試験- , 薬理と治療, 46( 12), 2083- 2089, 2018年,  
14
Gastrointestinal Hormone Cholecystokinin Increases P-Glycoprotein Membrane Localization and Transport Activity in Caco-2 Cells. , Journal of pharmaceutical sciences, 106( 9), 2650- 2656, 2017年09月, 10.1016/j.xphs.2017.04.003 
15
Snail-Induced Epithelial-to-Mesenchymal Transition Enhances P-gp-Mediated Multidrug Resistance in HCC827 Cells. , Journal of pharmaceutical sciences, 106( 9), 2642- 2649, 2017年09月, 10.1016/j.xphs.2017.03.011 
16
Utility of human hepatocyte spheroids without feeder cells for evaluation of hepatotoxicity. , The Journal of toxicological sciences, 42( 4), 499- 507, 2017年08月, 10.2131/jts.42.499 
17
Preliminary Evaluation of Three-Dimensional Primary Human Hepatocyte Culture System for Assay of Drug-Metabolizing Enzyme-Inducing Potential. , Biological & pharmaceutical bulletin, 40( 7), 967- 974, 2017年07月, 10.1248/bpb.b16-00885 
18
EFFECT OF THE KIWIFRUIT EXTRACT (ACTANNINE (R); ACT) ON THE INTESTINAL LIPID ABSORPTION , ANNALS OF NUTRITION AND METABOLISM, 71,  1182- , 2017年,  
19
リン酸結合剤が降圧薬の消化管吸収に及ぼす影響についての検討 , 薬局薬学, 9( 2), 239- 245, 2017年,  
20
Relationship between Physical Parameters of Various Metal Ions and Binding Affinity for Alginate. , Biological & pharmaceutical bulletin, 39( 11), 1893- 1896, 2016年11月, 10.1248/bpb.b16-00127 
21
Adenovirus vector infection of non-small-cell lung cancer cells is a trigger for multi-drug resistance mediated by P-glycoprotein. , Biochemical and biophysical research communications, 476( 4), 183- 187, 2016年08月05日, 10.1016/j.bbrc.2016.05.070 
22
Different regulation of P-glycoprotein function between Caco-2 and Caki-1 cells by ezrin, radixin and moesin proteins. , The Journal of pharmacy and pharmacology, 68( 3), 361- 367, 2016年03月, 10.1111/jphp.12525 
23
Possible interaction of quinolone antibiotics with peptide transporter 1 in oral absorption of peptide-mimetic drugs. , Biopharmaceutics & drug disposition, 37( 1), 39- 45, 2016年01月, 10.1002/bdd.1999 
24
Interaction of Peptide Transporter 1 With D-Glucose and L-Glutamic Acid; Possible Involvement of Taste Receptors. , Journal of pharmaceutical sciences, 105( 1), 339- 342, 2016年01月, 10.1016/j.xphs.2015.11.024 
25
Cholesterol-Lowering Effect of Calcium Alginate in Rats. , Biological & pharmaceutical bulletin, 39( 1), 62- 67, 2016年01月, 10.1248/bpb.b15-00503 
26
Investigation of biopharmaceutical and physicochemical drug properties suitable for orally disintegrating tablets , ADMET AND DMPK, 4( 4), 335- 360, 2016年, 10.5599/admet.4.4.338 
27
Investigation of biopharmaceutical and physicochemical drug properties suitable for orally disintegrating tables. , ADMET & DMPK, 4( 4), 335- 360, 2016年,  
28
Recommended Daily Dose of Sesame Lignans Has No Influence on Oral Absorption of P-Glycoprotein Substrates in Rats. , Biological & pharmaceutical bulletin, 38( 12), 1960- 1963, 2015年12月, 10.1248/bpb.b15-00392 
29
P-GLYCOPROTEIN PLAYS A KEY ROLE IN THE CONTRACTIONARY EFFECTS AGAINST BRAIN INFARCTION OF CILNIDIPINE , DRUG METABOLISM REVIEWS, 47,  280- , 2015年11月20日,  
30
Multiple Linear Regression Analysis Indicates Association of P-Glycoprotein Substrate or Inhibitor Character with Bitterness Intensity, Measured with a Sensor. , Journal of pharmaceutical sciences, 104( 9), 2789- 2794, 2015年09月, 10.1002/jps.24232 
31
Analysis of a child who developed abnormal neuropsychiatric symptoms after administration of oseltamivir: a case report. , BMC neurology, 15,  130- , 2015年08月05日, 10.1186/s12883-015-0393-2 
32
エイコサペンタ塩酸エチル(EPA-E)の生体内動態 , 脂質栄養学, 24( 1), 21- 32, 2015年,  
33
服用者および調剤者の立場からの既存錠2錠と倍量大型錠1錠の比較検討 , 薬理と治療, 43,  165- 173, 2015年,  
34
Utility of human hepatocyte spheroids for evaluation of hepatotoxicity. , Fundam. Toxicol. Sci., 2,  41- 48, 2015年,  
35
Evaluation of a thiodipeptide, L-phenylalanyl-Ψ[CS-N]-L-alanine, as a novel probe for peptide transporter 1. , Drug metabolism and pharmacokinetics, 29( 6), 470- 474, 2014年12月25日, 10.2133/dmpk.DMPK-14-RG-047 
36
Evaluation of human hepatocytes cultured by three-dimensional spheroid systems for drug metabolism. , Drug metabolism and pharmacokinetics, 29( 5), 373- 378, 2014年10月25日, 10.2133/dmpk.DMPK-13-RG-105 
37
Role of P-glycoprotein in regulating cilnidipine distribution to intact and ischemic brain. , Drug metabolism and pharmacokinetics, 29( 3), 254- 258, 2014年06月25日, 10.2133/dmpk.DMPK-13-RG-072 
38
Luteolin and quercetin affect the cholesterol absorption mediated by epithelial cholesterol transporter niemann-pick c1-like 1 in caco-2 cells and rats. , PloS one, 9( 5), e97901- , 2014年05月23日, 10.1371/journal.pone.0097901 
39
Characterization of cesium uptake mediated by a potassium transport system of bacteria in a soil conditioner. , Biological & pharmaceutical bulletin, 37( 4), 604- 607, 2014年04月, 10.1248/bpb.b13-00871 
40
Contribution of radixin to P-glycoprotein expression and transport activity in mouse small intestine in vivo. , Journal of pharmaceutical sciences, 102( 8), 2875- 2881, 2013年08月, 10.1002/jps.23637 
41
Challenges of drug delivery systems that contribute to cancer chemotherapy. Foreword. , Biological & pharmaceutical bulletin, 36( 5), 691- , 2013年05月, 10.1248/bpb.b13-f3605 
42
The role of inter-segmental differences in P-glycoprotein expression and activity along the rat small intestine in causing the double-peak phenomenon of substrate plasma concentration. , Drug metabolism and pharmacokinetics, 28( 2), 98- 103, 2013年04月25日, 10.2133/dmpk.DMPK-12-RG-005 
43
Alginate enhances excretion and reduces absorption of strontium and cesium in rats. , Biological & pharmaceutical bulletin, 36( 3), 485- 491, 2013年03月, 10.1248/bpb.b12-00899 
44
Clinical Impact and Evidence of Pharmacokinetic Change by Genetic Polymorphism Preface , DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 28( 1), 3- , 2013年02月25日, 10.2133/dmpk.DMPK-13-PF-899 
45
Clinical impact and evidence of pharmacokinetic change by genetic polymorphism. , Drug metabolism and pharmacokinetics, 28( 1), 3- , 2013年,  
46
Developmental changes of brain distribution and localization of oseltamivir and its active metabolite Ro 64-0802 in rats. , The Journal of toxicological sciences, 37( 6), 1217- 1223, 2012年12月, 10.2131/jts.37.1217 
47
Species difference of esterase expression and hydrolase activity in plasma. , Journal of pharmaceutical sciences, 101( 10), 3979- 3988, 2012年10月, 10.1002/jps.23258 
48
Transport mechanisms of flavanone aglycones across Caco-2 cell monolayers and artificial PAMPA membranes. , The Journal of pharmacy and pharmacology, 64( 1), 52- 60, 2012年01月, 10.1111/j.2042-7158.2011.01374.x 
49
Effect of knockdown of ezrin, radixin, and moesin on P-glycoprotein function in HepG2 cells. , Journal of pharmaceutical sciences, 100( 12), 5308- 5314, 2011年12月, 10.1002/jps.22718 
50
Interaction of milk with the intestinal PEPT1-mediated absorption of oseltamivir in rats and humans , DRUG METABOLISM REVIEWS, 43,  202- , 2011年11月,  
51
Effect of milk on the pharmacokinetics of oseltamivir in healthy volunteers. , Journal of pharmaceutical sciences, 100( 9), 3854- 3861, 2011年09月, 10.1002/jps.22627 
52
Segmental differences of P-glycoprotein activity and its regulatory factors in the small intestine of rats , DRUG METABOLISM REVIEWS, 43,  86- 87, 2011年05月,  
53
Enhancement of drug solubility and absorption by copolymers of 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine and n-butyl methacrylate. , Drug metabolism and pharmacokinetics, 26( 1), 79- 86, 2011年, 10.2133/dmpk.DMPK-10-RG-070 
54
Oseltamivir (Tamiflu (TM)) Is a Substrate of PEPT1 , DRUG METABOLISM REVIEWS, 41,  114- 115, 2009年08月,  
55
Oseltamivir (tamiflu) is a substrate of peptide transporter 1. , Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals, 37( 8), 1676- 1681, 2009年08月, 10.1124/dmd.109.026922 
56
Carnitine/organic cation transporter OCTN2 (Slc22a5) is responsible for renal secretion of cephaloridine in mice. , Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals, 37( 5), 1009- 1016, 2009年05月, 10.1124/dmd.108.025015 
57
Evaluation of the inhibitory effect of dihydropyridines on N-type calcium channel by virtual three-dimensional pharmacophore modeling. , Arzneimittel-Forschung, 59( 6), 283- 288, 2009年, 10.1055/s-0031-1296398 
58
Oseltamivir (Tamiflu) efflux transport at the blood-brain barrier via P-glycoprotein. , Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals, 36( 1), 6- 9, 2008年01月, 10.1124/dmd.107.017699 
59
CONTROLLED BRAIN EXPOSURE OF OSELTAMIVIR BY DRUG TRANSPORTERS , DRUG METABOLISM REVIEWS, 40,  212- 213, 2008年,  
60
Characterization of the uptake mechanism for a novel loop diuretic, M17055, in Caco-2 cells: involvement of organic anion transporting polypeptide (OATP)-B. , Pharmaceutical research, 24( 1), 90- 98, 2007年01月, 10.1007/s11095-006-9127-x 
61
Oseltamivir (Tamiflu (TM)) efflux transport at the blood-brain barrier via P-glycoprotein , YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 127,  111- 112, 2007年,  
62
Pharmacological profiles of the novel analgesic M58996 in rat models of persistent and neuropathic pain. , Journal of pharmacological sciences, 102( 2), 205- 212, 2006年10月, 10.1254/jphs.FP0060621 
63
What kinds of substrates show P-glycoprotein-dependent intestinal absorption? Comparison of verapamil with vinblastine. , Drug metabolism and pharmacokinetics, 21( 3), 238- 244, 2006年06月, 10.2133/dmpk.21.238 
64
Establishment of an in vitro high-throughput screening assay for detecting phospholipidosis-inducing potential. , Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology, 90( 1), 133- 141, 2006年03月, 10.1093/toxsci/kfj067 
65
Improving effect of ethyl eicosapentanoate on statin-induced rhabdomyolysis in Eisai hyperbilirubinemic rats. , Biochemical and biophysical research communications, 340( 1), 215- 220, 2006年02月, 10.1016/j.bbrc.2005.11.179 
66
Characterization of renal excretion mechanism for a novel diuretic, M17055, in rats. , Journal of pharmaceutical sciences, 93( 10), 2558- 2566, 2004年10月, 10.1002/jps.20165 
67
Eisai hyperbilirubinemic rat (EHBR) as an animal model affording high drug-exposure in toxicity studies on organic anions. , Drug metabolism and pharmacokinetics, 19( 5), 339- 351, 2004年10月,  
68
Increased cytotoxicity of soluble Fas ligand by fusing isoleucine zipper motif. , Biochemical and biophysical research communications, 322( 1), 197- 202, 2004年09月, 10.1016/j.bbrc.2004.07.098 
69
Functional characterization of active transport of progesterone to adrenal cells. , The Journal of pharmacy and pharmacology, 56( 1), 79- 84, 2004年01月, 10.1211/0022357022386 
70
Studies on the metabolic fate of M17055, a novel diuretic (4): species difference in metabolic pathway and identification of human CYP isoform responsible for the metabolism of M17055. , Drug metabolism and pharmacokinetics, 17( 1), 60- 74, 2002年,  

 

MISC
No.MISCタイトル URL, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日) 
1
創薬シリーズ 創薬研究の新潮流 ヒト肝細胞の3次元培養スフェロイドモデルの新展開 , 日本薬理学雑誌, 153( 5), 235- 241, 2019年05月 
2
肝スフェロイドを用いた薬物の経口急性毒性試験の実験動物代替法の検討 , 日本毒性学会学術年会, 46( 0), P- 240, 2019年 
3
酸化マグネシウムとともに簡易懸濁したときのACE阻害薬の安定性 , 日本薬剤学会年会講演要旨集, 33年会,  213- 213, 2018年05月 
4
HDAC阻害薬EntinostatはEMTに伴うP-gpの機能亢進を抑制する , 日本薬剤学会年会講演要旨集, 32年会,  148- 148, 2017年05月 
5
ラットにおけるアルギン酸カルシウムによる血中トリグリセリドおよび体脂肪重量増加抑制効果の検討 , 日本薬学会年会要旨集, 137年会( 3), 164- 164, 2017年03月 
6
なにをもって「薬害」とするか?「薬害」となるか? 医療関連団体へのアンケートに基づく薬害の発生要因とその定義 , 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス, 47( 12), 842- 847, 2016年12月 
7
抗うつ薬のQT延長症候群発生リスクの比較検討 , 日本病院薬剤師会雑誌, 52( 9), 1148- 1152, 2016年09月 
8
使用感を考慮したラタノプロスト点眼薬の先発医薬品と後発医薬品の比較検討 , 医療薬学, 42( 9), 651- 658, 2016年09月 
9
三次元培養肝細胞による代謝酵素誘導評価系の構築 , The Journal of Toxicological Sciences, 41( Suppl.), S335- S335, 2016年06月 
10
肺腺がん細胞へのアデノウイルス感染はAktのリン酸化を介してP-gpの発現を亢進する , 日本薬剤学会年会講演要旨集, 31年会,  220- 220, 2016年05月 
11
Snail過剰発現によるEMTはHCC827細胞におけるBCRPの発現を低下させる , 日本薬剤学会年会講演要旨集, 31年会,  120- 120, 2016年05月 
12
ペプチドトランスポーターによって特異的に輸送される新規がん診断プローブの設計とその有用性 , 日本薬剤学会年会講演要旨集, 31年会,  182- 182, 2016年05月 
13
ラタノプロスト点眼液における製剤学的特性および使用感の比較検討 , 日本薬学会年会要旨集, 136年会( 4), 152- 152, 2016年03月 
14
ヒト腎臓がん細胞のP-gpおよびMRPs輸送機能における足場タンパクの関与 , 日本薬学会年会要旨集, 136年会( 4), 54- 54, 2016年03月 
15
肺腺がん細胞へのアデノウイルス感染はP-糖タンパク質の機能を亢進させる , 日本薬学会年会要旨集, 136年会( 3), 58- 58, 2016年03月 
16
イコサペンタエン酸エチル(EPA-E)の生体内動態 (特集 生理活性物質としてのDHA・EPAの機能と動態) , 食品と開発, 51( 1), 7- 10, 2016年01月 
17
シンポジウム36 抗がん剤による末梢神経障害:その対処法と最近の研究動向 , 日本医療薬学会年会講演要旨集, 26( 0), 18- 13-S36-18-13-S36, 2016年 
18
インドキシル硫酸の代償性排泄経路としての消化管分泌の関与 , 日本腎臓病薬物療法学会誌, 4( 2), S170- S170, 2015年09月 
19
アルギン酸による重金属吸着作用の解析 , The Journal of Toxicological Sciences, 40( Suppl.), S234- S234, 2015年06月 
20
ヒト肝細胞スフェロイド培養法による薬剤性肝障害の検出におけるフィーダーレス化の検討 , The Journal of Toxicological Sciences, 40( Suppl.), S307- S307, 2015年06月 
21
エイコサペンタエン酸エチル(EPA-E)の生体内動態 , 脂質栄養学, 24( 1), 21- 32, 2015年03月 
22
消化管P-糖タンパク質の輸送機能に対するゴマリグナンの影響 , 日本薬学会年会要旨集, 135年会( 4), 76- 76, 2015年03月 
23
ヒト初代肝細胞の三次元培養系を用いた薬物代謝酵素誘導の評価 , 日本薬学会年会要旨集, 135年会( 4), 74- 74, 2015年03月 
24
薬剤性肝障害における代謝と安全性の評価 安全性評価研究会スフェロイド(in vitro肝毒性・代謝)分科会の活動紹介 , イルシー, ( 120), 30- 35, 2015年02月 
25
P0512-22-AM 医療現場における抗がん剤製剤の現状と薬剤学的な課題2 : 日本薬剤学会年会におけるラウンドテーブルセッションの実施を受けて(がん薬物療法(その他)1,ポスター発表,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-) , 日本医療薬学会年会講演要旨集, 25( 0),  , 2015年 
26
エイコサペンタエン酸エチル(EPA-E)の生体内動態保 , 脂質栄養学, 24( 1), 21- 32, 2015年 
27
オーガナイザーの言葉(がん治療における抗体医薬品への期待:研究開発動向とさらなる発展に向けた創意工夫,シンポジウム43,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-) , 日本医療薬学会年会講演要旨集, 25( 0),  , 2015年 
28
P0511-21-PM 医療現場における抗がん薬製剤の現状と薬剤学的な課題1 : 日本薬剤学会とのジョイントシンポジウムでのアンケート結果の解析(がん薬物療法(その他)1,ポスター発表,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-) , 日本医療薬学会年会講演要旨集, 25( 0),  , 2015年 
29
28-P2PM-005 SSRIおよびSNRIによるK^+チャネル阻害作用のPK/PD解析(薬物動態(臨床),一般演題(ポスター),新時代を拓く医療薬学フロンティア) , 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24( 0),  , 2014年08月25日 
30
27-P4PM-082 高リン血症治療薬に対する併用注意薬剤の吸着性解析(薬物相互作用,一般演題(ポスター),新時代を拓く医療薬学フロンティア) , 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24( 0),  , 2014年08月25日 
31
脂質の生体内ADME(吸収から排泄まで) 生理活性物質としてのω3脂肪酸の生体内動態 , 脂質栄養学, 23( 2), 139- 139, 2014年08月 
32
ヒト肝細胞スフェロイド培養法を用いた化合物曝露による肝障害の検出 , The Journal of Toxicological Sciences, 39( Suppl.), S293- S293, 2014年07月 
33
アルギン酸による重金属の吸収抑制および排泄促進作用とそのメカニズムの検討 , The Journal of Toxicological Sciences, 39( Suppl.), S330- S330, 2014年07月 
34
薬物の苦味によるP-糖タンパクの基質認識性の予測 , 日本薬剤学会年会講演要旨集, 29年会,  215- 215, 2014年05月 
35
無包装状態における経口製剤の安定性の検討 , 医療薬学, 40( 5), 304- 309, 2014年05月 
36
日-P3-337 無包装状態における経口製剤の安定性の検討(品質管理,ポスター発表,一般演題,再興、再考、創ろう最高の医療の未来) , 日本医療薬学会年会講演要旨集, 23( 0),  , 2013年08月28日 
37
海藻成分アルギン酸の重金属との選択的親和性を介した補完医療への応用 , 応用薬理, 85( 1),  , 2013年08月26日 
38
補完医療におけるクスリと農科学の融合 海藻成分アルギン酸の重金属との選択的親和性を介した補完医療への応用 , 応用薬理, 85( 1-2), 42- 42, 2013年08月 
39
In vitroを用いた創薬安全性評価とその外挿性 In vitroによる薬物代謝スクリーニングの現状と留意点 , The Journal of Toxicological Sciences, 38( Suppl.), S154- S154, 2013年06月 
40
グルコースとPEPT1基質薬物の消化管吸収過程における相互作用 , 日本薬剤学会年会講演要旨集, 28年会,  354- 354, 2013年04月 
41
In vitroによる薬物代謝スクリーニングの現状と留意点 , 日本毒性学会学術年会, 40( 0),  , 2013年 
42
P2-665 アルギン酸によるストロンチウムおよびセシウムの吸収抑制および排泄促進効果(その他,ポスター,一般演題,岐路に立つ医療〜千年紀の目覚め〜よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!) , 日本医療薬学会年会講演要旨集, 22( 0),  , 2012年10月10日 
43
脳虚血時におけるシルニジピンの脳内移行性に対するP糖タンパク質の関与 , 日本高血圧学会総会プログラム・抄録集, 35回,  505- 505, 2012年09月 
44
Oseltamivir服用により精神症状をきたした一症例における薬物動態学的および薬理遺伝学的原因解析 , 日本毒性学会学術年会, 39( 0), P- 76, 2012年07月 
45
がん治療フォーカスグループの活動について : その現在, 過去, 未来 , 薬剤学 = The archives of practical pharmacy, 72( 3), 134- 137, 2012年05月01日 
46
ジェネリック医薬品の品質評価 イコサペント酸エチル製剤における官能試験および成分分析試験 , 医療薬学, 38( 4), 228- 236, 2012年04月 
47
脳虚血時におけるシルニジピンの脳保護作用とP-糖タンパク質の関与 , 日本薬学会年会要旨集, 132年会( 4), 271- 271, 2012年03月 
48
ジェネリック医薬品の品質評価(1)―イコサペント酸エチル製剤における官能試験および成分分析試験― , 医療薬学, 38( 4), 228- 236, 2012年 
49
食品成分と薬物との相互作用 (特集 食品成分の吸収機構とその制御) , バイオインダストリー, 28( 10), 30- 35, 2011年10月 
50
P-0779 ジェネリック医薬品の品質評価(1) : イコサペント酸エチル(EPAE)製剤の官能試験および成分分析試験(一般演題 ポスター発表,後発医薬品,Enjoy Pharmacists' Lifestyles) , 日本医療薬学会年会講演要旨集, 21( 0),  , 2011年09月09日 
51
P-0780 ジェネリック医薬品の品質評価(2) : イコサペント酸エチル(EPAE)製剤包装中の臭いの分析(一般演題 ポスター発表,後発医薬品,Enjoy Pharmacists' Lifestyles) , 日本医療薬学会年会講演要旨集, 21( 0),  , 2011年09月09日 
52
P-1237 実務実習における抗がん薬調製体験の達成度に与える要因の解析(一般演題 ポスター発表,薬学教育(実務実習),Enjoy Pharmacists' Lifestyles) , 日本医療薬学会年会講演要旨集, 21( 0),  , 2011年09月09日 
53
医薬品添付文書中の薬物動態パラメータの研究 ジェネリック医薬品の生物学的同等性試験における薬物動態パラメータの試験間および試験内変動の解析 , 医療薬学, 37( 9), 543- 550, 2011年09月 
54
帆を張れ, さあ 出航だ! : トランスポーター研究の羅針盤を目指して , 薬剤学 = The archives of practical pharmacy, 71( 4), 218- 222, 2011年07月01日 
55
オセルタミビルおよび代謝物の脳内移行性および局在性の解析 , The Journal of Toxicological Sciences, 36( Suppl.), S137- S137, 2011年06月 
56
小腸のP-糖タンパク発現部位差におけるradixinの寄与 , 日本薬剤学会年会講演要旨集, 26年会,  119- 119, 2011年05月 
57
バイオ医薬品の非臨床段階における薬物動態試験 , ファームステージ, 10( 11), 17- 29, 2011年02月 
58
医薬品添付文書中の薬物動態パラメータの研究(3):-ジェネリック医薬品の生物学的同等性試験における薬物動態パラメータの試験間および試験内変動の解析- , 医療薬学, 37( 9), 543- 550, 2011年 
59
P2-189 口腔内崩壊錠(OD錠)に含まれる薬効成分の物性的・薬物動態学的条件の解析(一般演題 ポスター発表,後発医薬品,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学) , 日本医療薬学会年会講演要旨集, 20( 0),  , 2010年10月25日 
60
P2-188 ジェネリック医薬品の生物学的同等性試験における標準製剤の動態パラメータのばらつきと薬物の物性的特徴の解析(一般演題 ポスター発表,後発医薬品,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学) , 日本医療薬学会年会講演要旨集, 20( 0),  , 2010年10月25日 
61
消化管吸収過程における薬物とミルクのペプチドトランスポーター(PEPT1)を介した相互作用の解析 , 薬剤学: 生命とくすり, 70( Suppl.), 218- 218, 2010年04月 
62
医薬品添付文書の薬物動態パラメータの研究 医薬品の血中濃度半減期と作用持続時間は相関するか? , 新薬と臨牀, 59( 4), 524- 532, 2010年04月 
63
ラット全小腸連続ループ法によるP-糖タンパクの発現量および活性の部位差の解析 , 薬剤学: 生命とくすり, 70( Suppl.), 119- 119, 2010年04月 
64
タンパク質・ペプチド・抗体医薬品の動態試験 -レギュレーションとその実際- , 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 25( 0), 42- 42, 2010年 
65
ラット全小腸連続ループ法を用いたP-糖タンパクの消化管活性部位差の解析 , 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 25( 0), 145- 145, 2010年 
66
医薬品添付文書の薬物動態パラメータの研究 (2) 薬剤師の血中濃度半減期と作用持続時間は相関するか , 新薬と臨床, 59( 4), 524- 532, 2010年 
67
P2-093 オセルタミビルの消化管吸収機構と乳汁由来成分との相互作用(一般演題 ポスター発表,薬物相互作用,医療薬学の創る未来 科学と臨床の融合) , 日本医療薬学会年会講演要旨集, 19( 0),  , 2009年09月15日 
68
リン脂質ポリマーを用いた薬物の吸収改善の検討 , Drug Delivery System, 24( 3), 351- 351, 2009年06月 
69
食事由来ペプチドがヒトペプチドトランスポーターPEPT1に基質認識される薬物の消化管吸収に与える影響 , 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 63回,  149- 149, 2009年05月 
70
カルニチン/有機カチオントランスポーターOCTN2の腎臓におけるCephaloridine排出トランスポーターとしての役割 , 薬剤学: 生命とくすり, 69( Suppl.), 159- 159, 2009年04月 
71
経口剤開発のstrategy ヒト吸収性の定量的予測に必要な情報・理論・手法 In vivoデータベースからのアニマルスケールアップとその問題点 , 薬剤学: 生命とくすり, 69( Suppl.), 24- 24, 2009年04月 
72
フォーカスグループ(FG)活動の新しい動き , 薬剤学: 生命とくすり, 69( Suppl.), 186- 186, 2009年04月 
73
新規溶解剤MPCポリマーを用いた医薬品の吸収改善の検討 , 薬剤学: 生命とくすり, 69( Suppl.), 208- 208, 2009年04月 
74
オセルタミビルのPEPT1基質認識性と消化管吸収における食事由来ペプチドの影響 , 薬剤学: 生命とくすり, 69( Suppl.), 158- 158, 2009年04月 
75
オセルタミビルはヒトペプチドトランスポーターPEPT1の基質である , 日本薬学会年会要旨集, 129年会( 4), 164- 164, 2009年03月 
76
Ezrin、RadixinとMoesinのノックダウンがP-糖タンパクの機能に及ぼす影響 , 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 24( 0), 196- 196, 2009年 
77
服用者および調剤者の立場からの円形錠と割線入り楕円錠の比較検討 , 診療と新薬, 45( 10), 999- 1005, 2008年10月 
78
20-P1-009 服用者および調剤者の立場からの円形錠と割線入り楕円錠の比較検討(調剤・処方鑑査(内用薬),来るべき時代への道を拓く) , 日本医療薬学会年会講演要旨集, 18( 0),  , 2008年09月01日 
79
医薬品添付文書の薬物動態パラメータの研究(1) 薬剤師を対象とした活用度・満足度調査と記載頻度 , 新薬と臨牀, 57( 9), 1468- 1475, 2008年09月 
80
新しい薬学教育課程と薬剤学教育 : これからの薬剤学教育と学会のミッションを考える , 薬剤学 = The archives of practical pharmacy, 68( 4), 235- 238, 2008年07月01日 
81
抗インフルエンザ薬オセルタミビルのP糖タンパク質による中枢移行性制御 , The Journal of Toxicological Sciences, 33( Suppl.), S170- S170, 2008年06月 
82
トランスポーター研究の新展開 創薬におけるトランスポーター研究の重要性(創薬研究者の立場から) , 薬剤学: 生命とくすり, 68( Suppl.), 26- 26, 2008年04月 
83
30-P2-184 医薬品添付文書の薬物動態パラメータの記載頻度と活用度調査(医薬品情報,社会の期待に応える医療薬学を) , 日本医療薬学会年会講演要旨集, 17( 0),  , 2007年09月01日 
84
日本薬剤学会へのフォーカスグループ制度の導入提案(3) : 研究と臨床現場の接点から考えるフォーカスグループのテーマ , 薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan, 67( Suppl.), 369- 369, 2007年05月10日 
85
PK/PDの医薬品開発と医療への応用 , 薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan, 67,  74- 75, 2007年05月10日 
86
消化管吸収 それでもトランスポーターは働いている 消化管吸収におけるtransporterの寄与 医薬品開発における評価法と問題点 , 日本薬学会年会要旨集, 127年会( 1), 101- 101, 2007年03月 
87
物性・動態・毒性研究の接点を探る , 薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan, 66( 4), 261- 266, 2006年07月01日 
88
探索段階における毒性評価の効率化(3) HTS-フォスフォリピドーシス検出系に及ぼす細胞数および洗浄時間の影響 , The Journal of Toxicological Sciences, 31( Suppl.), S202- S202, 2006年06月 
89
イコサペント酸エチル(EPA-E)のプラバスタチン誘発性横紋筋融解症に対する軽減効果 毒性動物モデルの構築とその応用 , 薬理と治療, 34( 5), 467- 478, 2006年05月 
90
消化管トランスポーターを意識した医薬品開発(2) : Efflux transporter , Drug delivery system, 21( 2), 142- 152, 2006年03月10日 
91
消化管トランスポーターを意識した医薬品開発(1) : Influx transporter , Drug delivery system, 21( 2), 134- 141, 2006年03月10日 
92
【薬物の生体膜輸送特性とDDS】 消化管トランスポーターを意識した医薬品開発 Efflux transporter , Drug Delivery System, 21( 2), 142- 152, 2006年03月 
93
【薬物の生体膜輸送特性とDDS】 消化管トランスポーターを意識した医薬品開発 Influx transporter , Drug Delivery System, 21( 2), 134- 141, 2006年03月 
94
01P2-158 医薬品の半減期は薬効持続時間に相関するか?(薬物動態(TDM・投与設計等),医療薬学の扉は開かれた) , 日本医療薬学会年会講演要旨集, 16( 0),  , 2006年 
95
P-糖タンパク質の基質ビンブラスチンの種々の投与経路からの吸収特性 , 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 21( 0), 253- 253, 2006年 
96
将来ビジョン委員会報告 : 薬剤学会への提言 : 学会としての将来ビジョンを考える , 薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan, 65( 5), 305- 307, 2005年09月01日 
97
探索段階における毒性評価の効率化(1)細胞毒性試験における細胞種および試験法の検討 , 日本トキシコロジー学会学術年会プログラム・要旨集, 32回( 0), 221- 221, 2005年06月 
98
探索段階における毒性評価の効率化(2)培養細胞を用いたHTS-フォスフォリピドーシス検出系の確立 , 日本トキシコロジー学会学術年会プログラム・要旨集, 32回( 0), 239- 239, 2005年06月 
99
有機アニオン性薬物の消化管吸収におけるOrganic Anion Transporting Polypeptideの関与 , 薬剤学: 生命とくすり, 65( Suppl.), 68- 68, 2005年03月 
100
新規ループ利尿薬M17055のCaco-2細胞における取込み機構と有機アニオントランスポーターOATP-Bの寄与 , 日本薬学会年会要旨集, 124年会( 4), 71- 71, 2004年03月 
101
新規ループ利尿薬M17055の小腸上皮細胞への取込みにおける有機アニオントランスポーター(OATP)の関与 , 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 19( 0), 134- 134, 2004年 
102
P-糖蛋白は消化管吸収に影響を及ぼすか? , 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 19( 0), 34- 34, 2004年 
103
新規利尿薬M17055の腎排泄機構 , 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 18( 0), 110- 110, 2003年 
104
EHBRは有機アニオン性薬物の毒性モデル動物として有用か? , 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 18( 0), 263- 263, 2003年 
105
高力価可溶型FasリガンドによるC6髄膜播種モデルの治療 , Brain Tumor Pathology, 19( Suppl.), 105- 105, 2002年05月 
106
プロゲステロンの副腎細胞移行における輸送特性の解析 , 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 17( 0), 116- 116, 2002年 
107
[^3H]Ara-Aクリームおよび[^3H]Ara-A軟膏の生体内動態の比較 : ラット経皮投与後の表皮内放射能濃度推移 , 薬剤学 = The archives of practical pharmacy, 61( 3), 79- 85, 2001年09月20日 
108
[3H]Ara-Aクリーム及び[3H]Ara-A軟膏の生体内動態の比較 ラット経皮投与後の表皮内放射能濃度推移 , 薬剤学: 生命とくすり, 61( 3), 79- 85, 2001年09月 
109
新規利尿薬M17055の生体内動態(第1報) [14C]M17055単回静脈内投与時のラット及びイヌにおける血中濃度及び排泄 , 薬物動態, 16( 4), 304- 313, 2001年08月 
110
[^3H]Ara-Aクリームの生体内動態 : ラット経皮投与後の表皮内放射能濃度推移 , 薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan, 61( Suppl.), 208- 208, 2001年03月05日 
111
抗うつ薬マレイン酸セチプチリンのヒト肝チトクロームP450活性に対する影響 マレイン酸フルボキサミンとの比較 , 薬理と治療, 29( 1), 45- 50, 2001年01月 
112
新規利尿薬M17055の生体内動態 第1報 [`14´C]M17055単回静脈内投与時のラットおよびイヌにおける血中濃度および排せつ , 薬物動態, 16( 4), 304- 313, 2001年 
113
薬剤学,製剤学,病院薬学 新しい有機カチオン輸送担体OCTNはカルニチンも運ぶ!? , ファルマシア, 36( 8), 725- 726, 2000年08月 
114
新しい有機カチオン輸送担体 OCTN はカルニチンも運ぶ!?(E・薬剤学, 製剤学, 病院薬学) , ファルマシア, 36( 8), 725- 726, 2000年 
115
消化管アニオン交換輸送系の基質認識・輸送特性 , 薬物動態, 13( Suppl.), S217- S217, 1998年10月 
116
Ulinastatinのラット腎臓における代謝 , 日本薬学会年会要旨集, 118年会( 4), 42- 42, 1998年03月 
117
モノカルボン酸トランスポーターMCT1 の基質認識・輸送特性 , 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition, 12,  196- 196, 1997年10月09日 
118
消化管におけるモノカルボン酸の立体選択的輸送特性 , 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition, 12( Suppl.), 196- 196, 1997年10月09日 
119
Fractal理論による担体介在型膜透過機構の解析 , 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition, 10( Suppl.), 284- 284, 1995年10月18日 
120
プロトン共輸送系を介したモノカルボン酸系化合物の消化管吸収特性 , 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition, 10,  72- 75, 1995年10月18日 
121
プロトン共輸送系を介したモノカルボン酸系化合物の消化管吸収特性 , 薬物動態, 10( 0), 72- 75, 1995年 
122
Miconazoleの生体内動態 (第3報) Miconazoleのラットにおける口腔内塗布後の吸収,分布および代謝 , 薬物動態, 8( 3), 323- 331, 1993年 
123
Ulinastatinのウサギにおける関節腔内投与後の生体内動態 , 薬物代謝と薬効・毒性シンポジウム講演要旨集, 21回,  67- 68, 1990年09月 
124
Ulinastatinの生体内動態 (1): ラット,マウスおよびウサギにおける静脈内投与後の生体内動態 , 薬物動態, 5( 5), 739- 753, 1990年 
125
Metabolism of Ethyl Eicosapentaenoate (EPA-E) in Rats and Effect of Its Metabolites on Ellagic Acid-Induced Thrombus Formation in the Stenosed Femoral Artery of Rabbits , Chemical & pharmaceutical bulletin, 36( 6), 2158- 2167, 1988年06月25日 
126
ラットにおけるethyl eicosapentaenoateの代謝ならびにウサギの狭窄大腿動脈におけるellagic acid誘発血栓形成に及ぼすその代謝産物の効果 , Chemical & Pharmaceutical Bulletin, 36( 6), 2158- 2167, 1988年06月 
127
エイコサペンタエン酸エチル(EPA-E)とその代謝物の肝薬物代謝酵素系及び脂肪酸代謝酵素系へ及ぼす影響 , 薬学雑誌, 108( 3), 239- 245, 1988年03月 
128
Metabolism of ethyl eicosapentaenoate(EPA-E) in rats and effect of its metabolites on ellagic acid-induced thrombus formation in the stenosed femoral artery of rabbits. , CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 36( 6), 2158- 2167, 1988年 
129
エイコサペンタエン酸エチル(EPA-E)のラットおよびイヌにおける生体内動態 , 薬物動態, 2( 6), 683- 702, 1987年12月 
130
エイコサペンタエ酸エチル(EPA‐E)のラットおよびイヌにおける生体内動態 , 薬物動態, 2( 6), 683- 702, 1987年 
131
エイコサペンタエン酸エチル(EPA‐E)の消化管吸収に関する研究 , 薬物動態, 2( 6), 673- 681, 1987年 
132
2-チオウリジン誘導体のアゾジベンゾイルによる脱硫反応 , 日本化学会講演予稿集, 43春季年会( II), 755- 755, 1981年03月 

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル, 会議名, 発表年月日, 主催者, 開催地 
1
バイオ医薬品の毒性/動態試験の実施および申請対応のポイント, 株式会社R&D支援センターセミナー, 2019年02月18日, ,  
2
ジェネリック医薬品の最近の話題-四捨五入製剤とオーセライズドジェネリック-, 金沢大学第41回創薬懇親会, 2018年11月27日, ,  
3
薬物動態学 入門講座, 株式会社R&D支援センターセミナー, 2018年11月13日, ,  
4
賢く使おう, ジェネリック医薬品!,, 第25回青山学院大学同窓祭 公開講座, 2018年09月23日, ,  
5
日本薬局方国家試験出題内容について-薬剤系-,, 日本薬局方教科担当会議, 2018年09月22日, ,  
6
薬物の脳内移行性評価の現状と課題, 立命館大学創剤研究コンソーシアム中枢移行性評価技術講習会, 2018年09月13日, ,  
7
“実践的な”生物薬剤学・薬物動態学の基礎, 株式会社エスアールエル・メディサーチ研修講演会, 2018年06月12日, ,  
8
足場タンパクによる組織選択的なP-糖タンパク質(P-gp)の機能調節, 慶應義塾大学大学院 生物系薬学特論/薬品機能解析・動態制御学特論, 2018年05月08日, ,  
9
ジェネリック医薬品の品質は先発品をどこまで凌げるか?!ラタノプロスト点眼薬の比較検討, 青山学院大学理工学部化学科 有機化学第Ⅱ研究室, 光延研OB会, 2018年04月14日, ,  
10
(好評第7回)“実践的な”生物薬剤学・薬物動態学の基礎, 情報機構, 2018年03月09日, ,  
11
バイオ医薬品の毒性/動態試験の実施および申請対応のポイント, 株式会社R&D支援センターセミナー, 2018年02月28日, ,  
12
多様な創薬シーズに創剤技術はどのように貢献できるか!?, 立命館大学創剤研究コンソーシアム第2回研究会, 2018年02月02日, ,  
13
実践的な”生物薬剤学・薬物動態学の基礎-後編-, 株式会社エスアールエル・メディサーチ研修講演会(2), 2017年10月12日, ,  
14
可溶化技術講習会と検討会, 立命館大学創剤研究コンソーシアム第1回研究会, 2017年09月22日, ,  
15
”実践的な”生物薬剤学・薬物動態学の基礎-前編-, 株式会社エスアールエル・メディサーチ研修講演会, 2017年07月13日, ,  
16
ジェネリック医薬品の品質はどこまで向上しているか?!, 茨城県保険医協会・政策学習会, 2017年05月30日, ,  
17
トランスポーター超入門~その基礎と応用,レギュレーション~, 情報機構, 2017年05月26日, ,  
18
おかあさんと家族のための感染症学, 子ども・家族支援センター親子ふれあい教室, 2017年05月15日, ,  
19
(好評第6回)”実践的な”生物薬剤学・薬物動態学の基礎, 情報機構, 2017年03月08日, ,  
20
奥が深いP-糖タンパクの最前線ー自殺は遺伝するかー, 金沢大学附属病院, 2017年02月14日, ,  
21
EPAは何故心血管イベント抑制に効果があるのか?:最新の知見からみた食のサイエンス, 北九州脂肪酸フォーラム, 2015年07月09日, ,  
22
審査者から見た通る科研費申請書の書き方ー基盤C:医療薬学を題材としてー, 高崎健康福祉大学,  , ,  
23
初代ヒト肝細胞三次元培養法を用いた薬物代謝(誘導)評価系の開発に関する研究, AMED小島班会議,  , ,  

 

産業財産権
No.産業財産権の種類, 産業財産権の名称, 出願番号, 出願日, 特許番号/登録番号, 登録日, 発行日 
1
, 高食感健康ゆで麺, 特願2017P10464, 2017年12月28日, ,  ,   
2
, 中性脂肪低下用薬剤、体重増加抑制、排泄量増加用薬剤、飲食品、飼料および医薬品, 特願2015-229425, 2015年11月25日, ,  ,   
3
, 血中プリン体代謝物低下剤、飲食品、飼料および医薬品, 特願2017-048458,  , ,  , 2017年03月14日 
4
, 体内コレステロール低下剤、飲食品、飼料および医薬品, ,  , ,  ,