高崎健康福祉大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

高崎健康福祉大学
ホームページ

田中 祐司 (タナカ ユウジ,TANAKA Yuji)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
Gallic Acid Derivatives Propyl Gallate and Epigallocatechin Gallate Reduce rRNA Transcription via Induction of KDM2A Activation , Biomolecules, ,   , 2021年12月25日, https://doi.org/10.3390/biom12010030 
2
Production of ROS by Gallic Acid Activates KDM2A to Reduce rRNA Transcription. , Cells, 9( 10), 2266- 2266, 2020年10月10日, https://doi.org/10.3390/cells9102266 
3
Metformin activates KDM2A to reduce rRNA transcription and cell proliferation by dual regulation of AMPK activity and intracellular succinate level , SCIENTIFIC REPORTS, 9( 1), 18694- 18694, 2019年12月, https://doi.org/10.1038/s41598-019-55075-0 
4
KDM2A-dependent reduction of rRNA transcription on glucose starvation requires HP1 in cells, including triple-negative breast cancer cells. , Oncotarget, 10( 46), 4743- 4760, 2019年07月30日, https://doi.org/10.18632/oncotarget.27092 
5
Control of Ribosomal RNA Transcription by Nutrients , Gene Expression and Regulation in Mammalian Cells - Transcription Toward the Establishment of Novel Therapeutics, ,   , 2018年02月28日, https://doi.org/10.5772/intechopen.71866 
6
SF-KDM2A binds to ribosomal RNA gene promoter, reduces H4K20me3 level, and elevates ribosomal RNA transcription in breast cancer cells , INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 50( 4), 1372- 1382, 2017年04月, https://doi.org/10.3892/ijo.2017.3908 
7
Mild Glucose Starvation Induces KDM2A-Mediated H3K36me2 Demethylation through AMPK To Reduce rRNA Transcription and Cell Proliferation , MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 35( 24), 4170- 4184, 2015年12月, https://doi.org/10.1128/MCB.00579-15 
8
非メチルCpGを認識するCxxCドメインはヒストン脱メチル化酵素KDM2AのrDNA転写調節に必要である , 薬学雑誌, 135( 1), 11- 21, 2015年01月, https://doi.org/10.1248/yakushi.14-00202-2 
9
A CxxC Domain That Binds to Unmethylated CpG Is Required for KDM2A to Control rDNA Transcription , YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 135( 1), 11- 21, 2015年01月, https://doi.org/10.1248/yakushi.14-00202-2 
10
CxxC-ZF Domain Is Needed for KDM2A to Demethylate Histone in rDNA Promoter in Response to Starvation , CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 39( 1), 79- 92, 2014年, https://doi.org/10.1247/csf.13022 
11
[Control mechanisms of ribosomal RNA transcription]. , Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 85( 10), 852- 60, 2013年10月,  
12
Ablation of Mina53 in mice reduces allergic response in the airways. , Cell structure and function, 38( 2), 155- 67, 2013年, https://doi.org/10.1247/csf.13006 
13
JmjC enzyme KDM2A is a regulator of rRNA transcription in response to starvation , EMBO JOURNAL, 29( 9), 1510- 1522, 2010年05月, https://doi.org/10.1038/emboj.2010.56 
14
TATA-binding Protein (TBP)-like Protein Is Engaged in Etoposide-induced Apoptosis through Transcriptional Activation of Human TAp63 Gene. , The Journal of biological chemistry, 284( 51), 35433- 35440, 2009年12月, https://doi.org/10.1074/jbc.m109.050047 
15
Dysfunction of Mitochondrial ATP Production As a Target for Personalized Cancer Therapy , Current Pharmacogenomics and Personalized Medicine, 7( 1), 27- 39, 2009年03月01日, https://doi.org/10.2174/187569209787582358 
16
Rapid proteasomal degradation of transcription factor IIB in accordance with F9 cell differentiation. , Gene, 436( 1-2), 115- 120, 2009年02月, https://doi.org/10.1016/j.gene.2009.01.016 
17
Expression of the TAF4b gene is induced by MYC through a non-canonical, but not canonical, E-box which contributes to its specific response to MYC. , International journal of oncology, 33( 6), 1271- 80, 2008年12月, https://doi.org/10.3892/ijo_00000118 
18
Transcriptional repression of the mouse wee1 gene by TBP-related factor 2. , Biochemical and biophysical research communications, 352( 1), 21- 28, 2006年11月, https://doi.org/10.1016/j.bbrc.2006.10.175 
19
TATA-binding protein-related factor 2 is localized in the cytoplasm of mammalian cells and much of it migrates to the nucleus in response to genotoxic agents. , Molecules and cells, 22( 2), 203- 209, 2006年10月,  
20
TBP-like protein as a novel G2-checkpoint factor , Recent Res. In Devel. Cell Sci, ( 1), 129- 139, 2004年,  

 

MISC
No.MISCタイトル URL, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日) 
1
オルガネラから見た飢餓応答とエネルギー代謝制御【核小体でのrRNA転写と飢餓】 , 月刊細胞, 51( 9), 436‐439- , 2019年08月20日 
2
メトホルミンはKDM2A依存的なrRNA転写抑制及び細胞増殖抑制を引き起こす , 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 41st,  ROMBUNNO.2P‐0658 (WEB ONLY)- , 2018年 
3
メトホルミンによるKDM2A依存的なrRNA転写抑制は栄養素により調節される , 日本生化学会大会(Web), 90th,  ROMBUNNO.2P‐0579 (WEB ONLY)- , 2017年 
4
SF‐KDM2A(short form of KDM2A)はrRNA遺伝子プロモーターのH4K20me3レベルを低下させることでrRNA転写を活性化する , 日本生化学会大会(Web), 90th,  ROMBUNNO.1P‐0665 (WEB ONLY)- , 2017年 
5
メトホルミン,ビタミンCによるKDM2A依存的なrRNA転写抑制と乳がん細胞増殖抑制の解析 , 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 39th,  ROMBUNNO.3P‐0745 (WEB ONLY)- , 2016年 
6
KDM2A遺伝子がコードする脱メチル化活性を示さないSF‐KDM2A(short form of KDM2A)はリボソームRNA転写を正に制御する , 日本生化学会大会(Web), 88th,  3P0616 (WEB ONLY)- , 2015年 
7
KDM2Aはマイルドなグルコース飢餓時にAMPKシグナル経路を介してrRNA転写と細胞増殖を調節する , 日本生化学会大会(Web), 88th,  2P0664 (WEB ONLY)- , 2015年 
8
非メチルCpGを認識するCxxCドメインはヒストン脱メチル化酵素KDM2AのrDNA転写調節に必要である , 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 134th,  ROMBUNNO.S40-2- , 2014年 
9
リボソームRNA遺伝子の転写調節 (特集 リボソームの機能調節と疾患) -- (核小体・rDNA構造とリボソームRNA転写) , 生化学, 85( 10), 852- 860, 2013年10月 
10
脱メチル化酵素KDM2A(Lysine‐specific demethylase2A)によるリボソームRNA転写抑制機構の解析 , 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 36th,  1P-0252 (WEB ONLY)- , 2013年 
11
核小体とリボソームRNA転写調節 (特集 3D-エピゲノムが生む新たな生命情報 : 細胞のメモリーとリプログラミング機構に迫る) , 細胞工学, 31( 8), 901- 908, 2012年 
12
核小体とリボソームRNA転写調節 (特集 3D-エピゲノムが生む新たな生命情報 : 細胞のメモリーとリプログラミング機構に迫る) , 細胞工学, 31( 8), 901- 908, 2012年 
13
MS2-7 mina53遺伝子欠損マウスではアレルギー性気道炎症が減弱する(MS2 動物モデル,ミニシンポジウム,第62回日本アレルギー学会秋季学術大会) , アレルギー, 61( 9), 1438- 1438, 2012年 
14
MS2-7 mina53遺伝子欠損マウスではアレルギー性気道炎症が減弱する(MS2 動物モデル,ミニシンポジウム,第62回日本アレルギー学会秋季学術大会) , アレルギー, 61( 9),  , 2012年 
15
脱メチル化酵素KDM2A(Lysine‐specific demethylase2A)によるリボソームRNA転写抑制機構の解析 , 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 34th,  4P-0060 (WEB ONLY)- , 2011年 
16
KDM2A遺伝子がコードする脱メチル化活性を示さないSF‐KDM2A(short form of KDM2A)はリボソームRNA転写を正に制御する , 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 34th,  4P-0061 (WEB ONLY)- , 2011年 
17
ヒストン脱メチル化酵素KDM2A(Jumonji‐C containing histone demethylase 1A)はリボソームRNA転写を抑制する , 日本薬学会年会要旨集, 130th( 3), 140- , 2010年03月05日 
18
KDM2A遺伝子がコードする脱メチル化活性を示さないSF‐KDM2A(short form of KDM2A)はリボソームRNA転写を正に制御する , 生化学, ,  ROMBUNNO.4P-0709- , 2010年 
19
脱メチル化酵素KDM2A(jumonji‐C containing histone demethylase1A)によるリボソームRNA転写の調節 , 生化学, ,  ROMBUNNO.3T2-4- , 2010年 
20
インスリン様成長因子によるクロマチン状態の調節を介したリボソーム合成調節機構の解明 , 成長科学協会研究年報, ( 32), 181- 183, 2009年08月01日 
21
KDM2A遺伝子がコードする,脱メチル化活性を示さないSF‐KDM2A(short form of KDM2A)はリポソームRNA転写を正に制御する。 , 日本分子生物学会年会講演要旨集, 32nd( Vol.4), 98- , 2009年 
22
脱メチル化酵素KDM2Aは飢餓状態でリポソームRNA転写を抑制する。 , 日本分子生物学会年会講演要旨集, 32nd( Vol.4), 98- , 2009年 
23
ヒストンメチル化修飾とリボソームRNA転写 , 日本薬学会関東支部大会講演要旨集, 52nd,  91- , 2008年10月04日 
24
ヒストンメチル化によるリボソームRNA遺伝子の転写調節の可能性について , 生化学, ,  2P-0889- , 2007年 
25
TLP(TBP‐like protein)によるサイクリンG2遺伝子の転写活性化能の解析 , 日本分子生物学会年会講演要旨集, 28th,  419- , 2005年11月25日 
26
TLP(TBP‐like protein)によるサイクリンG2遺伝子の転写活性化機構の解析 , 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 27th,  428- , 2004年11月25日 

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.提供機関, 制度名, 課題名等, 資金種別, 研究期間 
1
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 没食子酸によるエピジェネティック調節機構とそれによる抗高血糖作用の解析, ,  2020年04月 - 2024年03月 
2
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), rDNAエピゲノムを調節する新たな栄養素同定とそれによるリボソーム制御の解析, ,  2017年04月 - 2020年03月 
3
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 細胞外環境の変化によって起こる核小体へのシグナル伝達機構の解析, ,  2013年04月 - 2016年03月 
4
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), ヒストン脱メチル化酵素 KDM2A による飢餓応答の分子機構の解明, ,  2011年 - 2012年 
5
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 特定領域研究, 新規ヒストン脱メチル化蛋白質によるリボソームRNA遺伝子のクロマチンの調節, ,  2007年 - 2008年