高崎健康福祉大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

高崎健康福祉大学
ホームページ

田村 拓郎 (タムラ タクロウ,TAMURA Takuro)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
Guide Pattern Functionalization for Regularly Arranged PS-PDMS Self-Assembled Nanodot Pattern by Brush Treatment , SILICON SCIENCE AND ADVANCED MICRO-DEVICE ENGINEERING II, 497,  116- 121, 2012年, https://doi.org/10.4028/www.scientific.net/KEM.497.116 
2
Formation of 12-nm Nanodot Pattern by Block Copolymer Self-Assembly Technique , SILICON SCIENCE AND ADVANCED MICRO-DEVICE ENGINEERING II, 497,  122- 126, 2012年, https://doi.org/10.4028/www.scientific.net/KEM.497.122 
3
Estimation of Nanometer-sized EB patterning using Energy deposition distribution in Monte Carlo Simulation , SILICON SCIENCE AND ADVANCED MICRO-DEVICE ENGINEERING II, 497,  127- +, 2012年, https://doi.org/10.4028/www.scientific.net/KEM.497.127 
4
Long-range-ordering of self-assembled block copolymer nanodots using EB-drawn guide line and post mixing template , MICROELECTRONIC ENGINEERING, 88( 8), 2571- 2575, 2011年08月, https://doi.org/10.1016/j.mee.2011.01.005 
5
Fabrication of 10-nm-Order Block Copolymer Self-Assembled Nanodots for High-Density Magnetic Recording , JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 50( 6),  , 2011年06月, https://doi.org/10.1143/JJAP.50.06GG06 
6
Orientation-Controlled and Long-Range-Ordered Self-Assembled Nanodot Array for Ultrahigh-Density Bit-Patterned Media , JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 50( 6),  , 2011年06月, https://doi.org/10.1143/JJAP.50.06GG04 
7
Fabrication of Nanometer Sized Si Dot Arrays Using Ar Ion Milling with Calixarene Resist Dot Arrays , SILICON SCIENCE AND ADVANCED MICRO-DEVICE ENGINEERING I, 459,  116- +, 2011年, https://doi.org/10.4028/www.scientific.net/KEM.459.116 
8
Application of magnetic Compton scattering for spin-specific magnetic hysteresis measurement , JOURNAL OF SYNCHROTRON RADIATION, 17,  321- 324, 2010年05月, https://doi.org/10.1107/S090904951000292X 
9
Rate-Limiting Processes Determining the Switching Time in a Ag2S Atomic Switch , JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY LETTERS, 1( 3), 604- 608, 2010年02月, https://doi.org/10.1021/jz900375o 
10
Prototype of phase-change channel transistor for both nonvolatile memory and current control , IEEE TRANSACTIONS ON ELECTRON DEVICES, 54( 3), 517- 523, 2007年03月, https://doi.org/10.1109/TED.2006.890386 

 

MISC
No.MISCタイトル URL, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日) 
1
吉野秀雄短歌考 : 三十一文字に託した「病」との日々 , 高崎健康福祉大学紀要, ( 13), 9- 22, 2014年03月 
2
血糖値負荷応答モデルの提案とシミュレーション , 高崎健康福祉大学紀要, ( 12), 149- 155, 2013年03月 
3
二段階エッチングを用いたシリコン微小ドット列の作成 , 群馬大学アドバンスト・テクノロジー高度研究センター年報, ( 15), 32- 35, 2011年11月 
4
高密度磁気配録のためのブロック共重合体による自己組織化10mmナノドット形成 , 応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 71st,  ROMBUNNO.14A-NC-10- , 2010年08月30日 
5
高密度パターンドメディアのための電子線描画ポスト格子とガイドラインによる自己組織化パターンの規則配列制御 , 応用物理学会学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 71st,  ROMBUNNO.14A-NC-11- , 2010年08月30日 
6
磁気コンプトン散乱によるFe/MgO界面の評価 , 日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム予稿集, 23rd,  101- , 2009年12月10日 
7
Fe/MgO磁気トンネル接合界面の評価 , 群馬大学アドバンスト・テクノロジー高度研究センター年報, ( 13), 16- 17, 2009年09月 
8
Mn‐Znフェライト磁性微粒子の合成とその高周波特性 , 群馬大学アドバンスト・テクノロジー高度研究センター年報, ( 13), 68- 71, 2009年09月 
9
共沈法で合成したMnZnフェライトの高周波依存性微粒子の特性 , セラミックス基礎科学討論会講演要旨集, 47th,  68- 69, 2009年01月08日 
10
磁気コンプトン散乱によるFe/MgO界面の電子状態の観測 , 日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム予稿集, 22nd,  63- , 2009年 
11
ポリエチレン,ポリプロピレン,ポリブテンの電子運動量分布 将来光源高エネルギー利用(コンプトン散乱)/ARNE1A1/2006G237 , PFシンポジウム要旨集, 26th,  187- , 2009年 
12
磁気コンプトンプロファイル測定によるFe/MgO界面における電子状態の観測 II , 日本磁気学会学術講演概要集, 32nd,  25- , 2008年09月12日 
13
Mn‐Znフェライト磁性微粒子の合成とその高周波特性 , 群馬大学アドバンスト・テクノロジー高度研究センター年報, ( 12), 72- 75, 2008年07月 
14
Mn‐Znフェライト磁性微粒子の合成とその高周波特性 , 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 55th( 1), 259- , 2008年03月27日 
15
磁気コンプトンプロファイル測定によるFe/MgO界面の電子状態の観測 , 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 55th( 2), 767- , 2008年03月27日 
16
希土類‐遷移金属垂直磁化膜の磁気コンプトン散乱によるスピン選択ヒステリシス測定 , PFシンポジウム要旨集, 25th,  137- , 2008年 
17
希土類‐遷移金属垂直磁化膜の磁気コンプトン散乱によるスピン選択ヒステリシス測定 , 日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム予稿集, 21st,  123- , 2007年12月20日 
18
イオン(原子)の動きを利用する新しいナノ電子デバイス , インテリジェント材料/システムシンポジウム講演要旨集, 15th,  13- 14, 2006年 
19
ナノイオニクス現象を利用した原子スイッチの開発 , インテリジェント材料/システムシンポジウム講演要旨集, 14th,  90- 91, 2005年 
20
固体電気化学反応を利用した原子スイッチ素子の開発 , 固体イオニクス討論会講演要旨集, 30th,  158- 159, 2004年12月01日 
21
固体電気化学反応を用いた原子スイッチの温度依存性 , 表面科学講演大会講演要旨集, 24( 0), 38- 38, 2004年 
22
固体電気化学反応を利用した原子スイッチの開発 , 固体イオニクス討論会講演要旨集, 29th,  92- 93, 2003年11月26日 
23
原子スイッチを用いたマトリクスアレイメモリの研究 , 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 64th( 1), 151- , 2003年08月30日 
24
超高密度デバイスのための相変化メモリトランジスタの可能性 , 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 64th( 1), 152- , 2003年08月30日 
25
多探針STM‐SEMを用いた硫化銀表面上銀突起成長の観察と制御 , 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 50th( 2), 728- , 2003年03月27日 
26
ナノ力学的操作による量子化コンダクタンス・デバイス (日本顕微鏡学会第48回シンポジウム 材料科学と生命科学のクロストーク--顕微解析の最前線) -- (非生物系セッション4 SPMとナノ力学的デバイス) , 電子顕微鏡, 38( 0), 129- 132, 2003年 
27
固体電気化学反応を用いた原子スイッチの特性 , 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 49th( 1), 209- , 2002年03月27日