高崎健康福祉大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

高崎健康福祉大学
ホームページ

樋口 大輔 (ヒグチ ダイスケ,HIGUCHI Daisuke)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

書籍等出版物
No.タイトル URL, 担当区分, 出版社, 出版年月, 担当範囲, ISBN 
1
Crosslink理学療法学テキスト 日常生活活動学 , 分担執筆, メジカルビュー, 2020年02月, 脊髄損傷,脊椎・脊髄疾患,  
2
実践的なQ&Aによるエビデンスに基づく理学療法 評価と治療指標を総まとめ , 分担執筆, 医歯薬出版, 2017年09月, 頚髄症,  
3
エビデンスに基づく理学療法クイックリファレンス , 分担執筆, 医歯薬出版, 2015年06月, 頚髄症,  
4
理学療法フィールドノート1 , 分担執筆, 南江堂, 2008年07月, 頸椎症性脊髄症により四肢不全麻痺を呈した50歳女性に対する周術期の入院理学療法,  
5
エビデンスに基づく理学療法-活用と臨床思考過程の実際 , 分担執筆, 医歯薬出版, 2008年06月, 頚髄症,  

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
Factors associating with disability of non-specific low back pain in different subgroups: A hierarchical linear regression analysis , Scientific Reports, 11( 1),  , 2021年12月, https://doi.org/10.1038/s41598-021-97569-w 
2
Construct validity of the Q uestionnaire for O lder S enior C itizens based on a confirmatory factor analysis: A study during the period of self‐restraint to prevent the spread of coronavirus disease 2019 , Geriatrics & Gerontology International, ,   , 2021年10月, https://doi.org/10.1111/ggi.14285 
3
Did the number of older adults with frailty increase during the COVID-19 pandemic? A prospective cohort study in Japan. , European geriatric medicine, ,   , 2021年06月03日, https://doi.org/10.1007/s41999-021-00523-2 
4
Patterns of physical activity and exercise after lumbar surgery among Japanese patients with lumbar spinal stenosis. , Journal of physical therapy science, 33( 2), 146- 152, 2021年02月, https://doi.org/10.1589/jpts.33.146 
5
両膝痛に対して膝タナ障害と診断された20代男性 生物心理社会モデルによる評価と痛みの神経生理学的教育を中心とした理学療法の実施 , 理学療法学, 48( 1), 87- 94, 2021年02月,  
6
New Factor Structure of the Tampa Scale for Kinesiophobia in Older Japanese Adults After Lumbar Surgery. , Journal of pain research, 14,  601- 612, 2021年, https://doi.org/10.2147/JPR.S277568 
7
Effects of Central Sensitivity Syndrome and Psychological Factors on the Clinical Features of Patients with Cervical Degenerative Disease: A Cross-Sectional Study. , Asian spine journal, ,   , 2020年11月09日, https://doi.org/10.31616/asj.2020.0177 
8
3歳未満の子を持つ女性向け「育児動作困難感尺度(difficulty scale of childcare:DiSC)」の信頼性および併存的妥当性の検証 , 理学療法ジャーナル, 54( 11), 1346- 1351, 2020年11月,  
9
Adaptive and maladaptive coping strategies in older adults with chronic pain after lumbar surgery. , International journal of rehabilitation research. Internationale Zeitschrift fur Rehabilitationsforschung. Revue internationale de recherches de readaptation, 43( 2), 116- 122, 2020年06月, https://doi.org/10.1097/MRR.0000000000000389 
10
慢性疼痛のある高齢者における在宅リハモデル構築の取り組み , 地域ケアリング, 21( 14), 42- 45, 2019年11月,  
11
腰痛のある育児期の女性において心理的要因が日常生活および育児動作困難感に及ぼす影響 , Journal of Musculoskeletal Pain Research, 11( 2), 129- 136, 2019年06月,  
12
地域在住健康高齢者における高さの異なる障害物またぎ動作時の後行肢のクリアランスの相違と転倒自己効力感との関係性 , 理学療法群馬, 29( 29), 64- 68, 2018年08月01日,  
13
地域在住健康高齢者に対する仮想現実バランスゲームの効果と安全性 , 理学療法群馬, 29( 29), 59- 63, 2018年08月01日,  
14
Influence of Chronic Pain on Perceived Health Status and Physical Activity in Elderly People After Lumbar Surgery , TOPICS IN GERIATRIC REHABILITATION, 34( 2), 118- 123, 2018年04月, https://doi.org/10.1097/TGR.0000000000000180 
15
術前頚髄症者における疼痛の質的評価の臨床的有用性 , 慢性疼痛, 36( 1), 150‐154- , 2017年12月22日,  
16
Factors related to coping strategies during Japanese physical therapy students' clinical practice. , Journal of physical therapy science, 29( 8), 1421- 1425, 2017年08月, https://doi.org/10.1589/jpts.29.1421 
17
Characteristics of coping strategies and the relationships between coping strategies and stress reactions in physical therapy students during clinical practice. , Journal of physical therapy science, 28( 10), 2867- 2870, 2016年10月, https://doi.org/10.1589/jpts.28.2867 
18
Clinical values of control over pain and pain coping strategies in surgical treatment for patients with lumbar spinal stenosis. , International journal of spine surgery, 10,  22- 22, 2016年, https://doi.org/10.14444/3022 
19
Prognostic Value of Preoperative Coping Strategies for Pain in Patients with Residual Neuropathic Pain after Laminoplasty for Compressive Cervical Myelopathy. , Asian spine journal, 9( 5), 675- 82, 2015年10月, https://doi.org/10.4184/asj.2015.9.5.675 
20
Does perceived control over pain modify associations among pain, coping strategies, and psychological status in preoperative painful patients with compressive cervical myelopathy? , Journal of Spine Research, 6( 9), 1392- 1399, 2015年09月,  
21
Characteristics of coping strategies for dysesthesia in preoperative patients with compressive cervical myelopathy. , Asian spine journal, 8( 4), 393- 9, 2014年08月, https://doi.org/10.4184/asj.2014.8.4.393 
22
The Association of Each Disability Based on the Three Sub-Categories of the Roland-Morris Disability Questionnaire during Hospitalization with Itself at 1 Year Postoperatively in Patients with Degenerative Lumbar Spinal Stenosis. , Asian spine journal, 8( 1), 1- 7, 2014年02月, https://doi.org/10.4184/asj.2014.8.1.1 
23
腰椎椎間板ヘルニアおよび腰部脊柱管狭窄症患者における疼痛関連活動制限の術後短期経過の違い , 理学療法ジャーナル, 47( 12), 1123- 1128, 2013年12月15日, https://doi.org/10.11477/mf.1551106504 
24
ローランドモリス質問紙の3つの下位領域の縦断的妥当性研究―手術前後の関連因子の比較 , J Spine Res, 4( 2), 152- 157, 2013年02月25日,  
25
ローランドモリス質問紙を構成する24の質問の類型化とその臨床的有用性 , 臨床整形外科, 47( 6), 551- 557, 2012年06月25日, https://doi.org/10.11477/mf.1408102370 
26
クラスター分析を用いたRoland-Morris disability questionnaireの構成概念の検討 , Journal of Spine Research, 3( 3), 583- 583, 2012年03月,  
27
Preoperative health-related quality of life and associated factors in lumbar spinal stenosis , Journal of Spine Research, 3( 2), 159- 165, 2012年02月,  
28
頚髄症における手術前後の他覚的・自覚的重症度と健康関連quality of lifeとの関係 , 臨床整形外科, 46( 5), 435- 442, 2011年05月25日, https://doi.org/10.11477/mf.1408101988 
29
胸腰椎固定術後にスクリューのlooseningを伴う矯正損失を起こした高齢女性に対する介入―大腿四頭筋settingの方法の違いが立位姿勢に及ぼす影響― , 理学療法群馬, ( 22), 20- 25, 2011年03月31日,  
30
圧迫性頚髄症における椎弓形成術後のしびれの実態とその術後経過に影響を及ぼす術前因子 , J Spine Res, 2( 1), 59- 65, 2011年01月25日,  
31
軽度頸髄症において術後遺残した異常感覚は日常生活にほとんど悪影響を及ぼさない , 理学療法科学, 25( 5), 729- 734, 2010年, https://doi.org/10.1589/rika.25.729 
32
圧迫性頸髄症において加齢変化は身体機能および能力の術後短期改善に影響を及ぼすか , 日本老年医学会雑誌, 46( 2), 168- 73, 2009年03月, https://doi.org/10.3143/geriatrics.46.168 
33
椎弓形成術が適応された頸髄症における機能障害・機能的制限・活動制限の術後1か月の回復過程 , 理学療法学, 35( 5), 245- 253, 2008年08月20日, https://doi.org/10.15063/rigaku.KJ00005028751 
34
頚髄症に対する理学療法評価項目とその判定基準 ‐既存の国際指標による検証‐ , 理学療法科学, 22( 4), 533- 539, 2007年, https://doi.org/10.1589/rika.22.533 

 

MISC
No.MISCタイトル URL, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日) 
1
福祉の現場から 慢性疼痛のある高齢者における在宅リハモデル構築の取り組み , 地域ケアリング, 21( 14), 68- 71, 2019年12月 
2
スーパーバイザーの視点・論点―患者さんに触れるまで 12)頸髄症 , 理学療法ジャーナル, 46( 3), 269- 275, 2012年03月15日 
3
通所ケアサービス利用者における理学療法士の配置の有無と心身機能,日常生活活動,および費用対効果との関連 , 理学療法学, 36( 2), 76- 77, 2009年04月20日 

 

その他
No.タイトル, 内容, 年月 
1
第48回理学療法士・作業療法士・言語聴覚士養成施設教員等講習会修了(21046号), ,  2021年09月 - 現在 
2
フレイル対策推進マネージャー資格(20200300594-01号)取得, ,  2020年11月 - 現在 
3
介護予防推進リーダー資格取得, ,  2019年07月 - 現在 
4
臨床実習指導者資格(2018-3-015号)取得, ,  2019年03月 - 現在 
5
地域ケア会議推進リーダー資格取得, ,  2018年07月 - 現在 
6
専門理学療法士(神経理学療法)資格(2019S-02-00154号)取得・3期目, ,  2010年04月 - 現在 
7
理学療法士資格(46584号)取得, ,  2004年04月 - 現在 

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル, 会議名, 発表年月日, 主催者, 開催地 
1
腰椎術後の高齢者において身体活動が疼痛,運動恐怖および健康関連quality of lifeに及ぼす影響, 日本慢性疼痛学会プログラム・抄録集, 2021年, ,  
2
慢性の疼痛・異常感覚のある腰椎術後高齢者において疼痛恐怖感が健康関連quality of lifeと身体活動との関係に与える影響, 日本老年医学会雑誌, 2020年07月, (一社)日本老年医学会,  
3
育児動作困難感尺度(DiSPA)の構成概念妥当性の検証, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 2020年07月, (公社)日本リハビリテーション医学会,  
4
術後に疼痛・異常感覚が遺残する高齢者における活動量計パラメータと身体活動量質問紙(PASE)との関連性, 日本慢性疼痛学会プログラム・抄録集, 2020年02月, 日本慢性疼痛学会,  
5
自作「腰痛・肩こりのある母親の育児動作困難感質問紙」の項目反応理論に基づく信頼性の検証と基準関連妥当性の確認, 第12回日本運動器疼痛学会, 2019年12月, ,  
6
腰痛・肩こりを有する育児期の母親の活動制限と関連する因子-生物・心理・社会モデルに基づく検証, 第3回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会, 2019年11月, ,  
7
腰痛・肩こりを有する育児期の母親の活動制限と関連する因子 生物・心理・社会モデルに基づく検証, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 2019年10月, (公社)日本リハビリテーション医学会,  
8
腰椎術後痛のある高齢者において健康関連quality of lifeと関連する身体活動量パラメータの予備的検討, 第38回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2019年10月, ,  
9
3歳未満児を持つ母親における肩こり・腰痛のコントロール感と育児・日常生活動作の困難感との関連性の重要性, 第38回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2019年10月, ,  
10
健常者におけるRS法と既存の振動覚検査法の検者内及び検者間信頼性の比較, 第38回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2019年10月, ,  
11
特定保健指導対象者への運動・栄養指導の取り組みと効果検証, 第6回日本予防理学療法学会学術大会, 2019年10月, ,  
12
腰椎椎間板ヘルニア患者において罹病期間が疼痛の認知的評価と健康関連quality of lifeとの関係に与える影響, 第27回日本腰痛学会, 2019年09月, ,  
13
慢性疼痛のある腰椎術後高齢者の身体活動量および健康関連quality of lifeに対する身体活動の種類・頻度・時間の影響度, 日本老年医学会雑誌, 2019年05月25日, ,  
14
腰痛のある育児期の女性において心理状態は育児・家事動作困難感に影響するか, 日本慢性疼痛学会プログラム・抄録集, 2019年, ,  
15
慢性疼痛がある腰椎術後高齢者において疼痛コントロール感と関連するコーピング方略の検討, Journal of Musculoskeletal Pain Research, 2018年11月05日, ,  
16
腰部脊柱管狭窄症の術後疼痛を有する高齢者におけるコーピング方略の使用傾向と年齢および性別との関連性, 第26回日本腰痛学会, 2018年10月, ,  
17
慢性の腰椎術後疼痛を有する高齢者におけるコーピング方略の特性, 第55回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2018年07月, ,  
18
腰椎術後の慢性疼痛がある高齢者の主観的健康における身体活動量と不適応コーピングの媒介作用, 日本老年医学会雑誌, 2018年05月25日, ,  
19
腰椎術後の慢性疼痛のある高齢者において疼痛対処方略は健康関連quality of lifeに影響を及ぼしているか, 日本慢性疼痛学会プログラム・抄録集, 2018年02月, ,  
20
腰痛術後遺残痛のある高齢者の身体活動量と健康関連quality of lifeとの関連性, 第25回日本腰痛学会, 2017年11月, ,  
21
理学療法学生の日常生活ソーシャルスキルおよびソーシャルサポートは男女で異なるか, 第36回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2017年09月, ,  
22
3年次臨床実習における理学療法学生のソーシャルスキルとストレス対処方略との関連性, 理学療法学, 2017年04月, ,  
23
術前頸髄症者における疼痛の質的評価の臨床的有用性, 日本慢性疼痛学会プログラム・抄録集, 2017年02月, ,  
24
腰椎術後高齢者において軽度の慢性疼痛でも影響を受ける健康関連quality of lifeの構成要素はあるか, 日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集, 2017年, ,  
25
理学療法学生における臨床実習関連ストレッサーの分類とストレス度との関連性, 第35回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2016年10月, ,  
26
理学療法学生における臨床実習関連ストレスの対処方略の特徴とストレス度との関連性, 理学療法学, 2016年10月, ,  
27
非特異的腰痛を有する理学療法士における腰痛コントロール感とコーピング方略との関連性, 第24回日本腰痛学会, 2016年09月, ,  
28
理学療法臨床実習生におけるストレス対処方略尺度(TAC-24)の信頼性の検証, 第2回日本理学療法教育学会学術集会, 2015年12月, ,  
29
腰部脊柱管狭窄症者の疼痛に対する認知的評価・対処方略の術後変化の特徴, 第34回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2015年09月, ,  
30
疼痛が遺残した術後頸髄症者の健康関連quality of lifeおよび生活範囲と関連する術前因子, 理学療法学, 2015年04月, ,  
31
腰部脊柱管狭窄症患者において疼痛に対する認知的評価が主観的重症度に及ぼす影響, J Spine Res, 2015年03月25日, ,  
32
疼痛が遺残した術後頚髄症者の健康関連quality of lifeおよび生活範囲と関連する術前因子, 日本理学療法学術大会(Web), 2015年, ,  
33
腰部脊柱管狭窄症患者における疼痛統制感と術後経過との関係, 日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集, 2015年, ,  
34
Differences in coping strategies and appraisals of pain among painful cervical myelopathy patients whose chief complaints were pain and motor dysfunction, 2nd Korea-Japan Physical Therapy Joint Conference, 2014年11月, ,  
35
圧迫性頚髄症患者においてJOACMEQの上・下肢運動機能項目は運動パフォーマンステストと関連するか?, J Spine Res, 2014年03月25日, ,  
36
術前圧迫性頚髄症者において疼痛統制感が不安・抑うつに及ぼす影響, 日本理学療法学術大会(Web), 2014年, ,  
37
術前圧迫性頚髄症者における主観的健康感と疼痛およびしびれの対処方略との関連性, 第32回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2013年11月, ,  
38
腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアにおけるRoland‐Morris Disability Questionnaireの3つの下位領域に基づく能力低下の術後回復過程の違い, J Spine Res, 2013年03月25日, ,  
39
術前圧迫性頚髄症者における疼痛およびしびれの統制感とそれらに対する対処方略との関連性, 日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集, 2013年, ,  
40
術前頚椎疾患患者における疼痛としびれに対する対処方略の特徴, 第20回群馬県理学療法士学会, 2012年10月, ,  
41
ローランドモリス質問紙における3つの下位領域の予測的妥当性の検証, 第31回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2012年09月, ,  
42
クラスター分析を用いたRoland‐Morris disability questionnaireの構成概念の検討, J Spine Res, 2012年03月25日, ,  
43
腰部脊柱管狭窄症患者の健康関連quality of lifeに影響を及ぼす因子, 第30回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2011年09月, ,  
44
頸髄症における手術前後の他覚的・自覚的重症度と健康関連quality of lifeとの関係, 理学療法学, 2011年05月, ,  
45
広範囲椎体固定術を受けた人々において困難感を伴いやすい日常生活活動, 第18回群馬県理学療法士学会, 2010年10月, ,  
46
椎弓形成術適応の頸髄症者の精神的健康感は術後1か月以内に改善する, 日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集, 2010年, ,  
47
頸髄症における術前画像所見は術後1か月の機能改善の程度を予測できるか, 理学療法学, 2009年, ,  
48
頸髄症における医療者と患者の重症度評価の乖離の特徴, 日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集, 2009年, ,  
49
Does treadmill training improve walking performance for postoperative cervical compressive myelopathy? ~Analysis by small-scale quasi-randomized controlled trial~, 10th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy, 2008年08月, ,  
50
Relationship between age and postoperative short-term functional outcome in cervical spondylotic myelopathy, 7th World Congress on Aging and Physical Activity, 2008年07月, ,  
51
頚髄症における術後早期の機能障害の回復と術後1か月の機能的制限の改善との関係, 理学療法学, 2008年04月20日, ,  
52
頚椎症性脊髄症と後縦靱帯骨化症の椎弓形成術後1か月の機能帰結の比較, 日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集, 2008年, ,  
53
短下肢装具の適応により歩行速度が短期間で向上した痙縮を伴う脳性麻痺の術後頸髄症者, 第16回群馬県理学療法士学会, 2007年10月, ,  
54
国際生活機能分類に基づく疾患非特異的な評価指標の検証, 理学療法学, 2007年04月20日, ,  
55
活動水準評価としてのLife‐Space Assessmentの臨床的有用性, 理学療法学, 2007年04月20日, ,  
56
脊椎脊髄病に対する手術と術後のリハビリテーションが歩行能力に及ぼす影響, 理学療法学, 2006年04月20日, ,  
57
術後頚髄症者における機能障害および活動制限の回復過程, 理学療法学, 2006年04月20日, ,  
58
頸髄症における障害特性の分析(機能・パフォーマンス・活動の関連性), 理学療法科学学会学術大会誌, 2005年11月, ,  
59
頸椎症性脊髄症における臨床評価表間の関係, 第13回群馬県理学療法士学会, 2005年10月, ,  

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, (対象業績)タイトル 
1
2012年09月, 日本理学療法士協会関東甲信越ブロック協議会, 第30回関東甲信越ブロック理学療法士学会長賞,  

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.提供機関, 制度名, 課題名等, 資金種別, 研究期間 
1
群馬健康医学振興会, 研究助成金, 介護従事者におけるノーリフティングコンセプト導入による介護負担軽減効果の運動生理学的検証, ,  2021年07月 - 2022年03月 
2
群馬健康医学振興会, 研究助成金, 地域虚弱高齢者に対するサルコペニアスクリーニングの妥当性と比較に関する研究, ,  2020年07月 - 2021年03月 
3
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 末梢神経障害を伴うがんサバイバーの在宅基盤型活動支援プログラムの開発と評価, ,  2020年04月 - 2024年03月 
4
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 慢性的な痛みのある高齢者のQOLを高める在宅リハプログラムの実用化に向けた検討, 競争的資金,  2019年04月 - 2023年03月 
5
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 慢性疼痛のある高齢者における在宅リハモデルの実証的構築, 競争的資金,  2016年04月 - 2020年03月