高崎健康福祉大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

高崎健康福祉大学
ホームページ

篠原 智行 (シノハラ トモユキ,SHINOHARA Tomoyuki)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

書籍等出版物
No.タイトル URL, 担当区分, 出版社, 出版年月, 担当範囲, ISBN 
1
日常生活活動学 = Activities of daily living , , メジカルビュー社, 2020年02月, 基本動作とセルフケア、代表的な疾患・障害における日常生活活動(片麻痺)、症例集(片麻痺), 9784758320092 
2
日常生活活動学 = Activities of daily living , , メジカルビュー社, 2020年02月, 基本動作とセルフケア、代表的な疾患・障害における日常生活活動(片麻痺)、症例集(片麻痺), 9784758320092 
3
脳卒中に対する標準的理学療法介入 第2版 , 共著, 文光堂, 2017年05月, 上肢機能に対するアプローチ,  
4
脳卒中に対する標準的理学療法介入 第2版 , 共著, 文光堂, 2017年05月, 上肢機能に対するアプローチ,  
5
脳卒中に対する課題指向型トレーニング , 共著, 文光堂, 2015年05月, 上肢機能のトレーニング,  
6
脳卒中に対する課題指向型トレーニング , 共著, 文光堂, 2015年05月, 上肢機能のトレーニング,  

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
Utility of SARC‐F in daycare facilities for older people , Geriatrics Gerontology International, ,   , 2022年09月04日, https://doi.org/10.1111/ggi.14464 
2
Factors for the Change in Frailty Status during the COVID-19 Pandemic: A Prospective Cohort Study over six- and 12-month Periods in Japan , Geriatric Nursing, ,   , 2022年09月, https://doi.org/10.1016/j.gerinurse.2022.08.014 
3
Comparison of two scoring methods for the Questionnaire for Medical Checkup of Old‐Old to diagnose frailty , Geriatrics Gerontology International, 22( 9), 811- 812, 2022年09月, https://doi.org/10.1111/ggi.14443 
4
後期高齢者の質問票に基づくフレイル評価の試み―項目反応理論による予備的解析― , 日本老年医学会雑誌, 59( 2), 169- 177, 2022年04月25日, https://doi.org/10.3143/geriatrics.59.169 
5
Rasch Validation and Comparison of the Mini-BESTest and S-BESTest in Individuals With Stroke , Physical Therapy, 102( 4),  , 2022年04月01日, https://doi.org/10.1093/ptj/pzab295 
6
構造的観点における後期高齢者の質問票の構成概念妥当性の検証―新型コロナウイルス感染症対策の時期における予備的検討― , 日本老年医学会雑誌, 59( 1), 39- 48, 2022年01月25日, https://doi.org/10.3143/geriatrics.59.39 
7
Transition to frailty in older Japanese people during the coronavirus disease 2019 pandemic: a prospective cohort study , Archives of Gerontology and Geriatrics, 98,  104562- 104562, 2022年01月, https://doi.org/10.1016/j.archger.2021.104562 
8
新型コロナウイルス感染症対策の期間におけるフレイルの経時変化の要因は何か , 地域理学療法学 accepted, ,   , 2022年,  
9
Risk factors for falls among community-dwelling older adults during voluntary self-isolation: analysis based on frailty screening index subscales , Journal of Physical Therapy Science, 34( 4), 311- 314, 2022年, https://doi.org/10.1589/jpts.34.311 
10
Construct validity of the Questionnaire for Older Senior Citizens based on a confirmatory factor analysis: A study during the period of self‐restraint to prevent the spread of coronavirus disease 2019 , Geriatrics & Gerontology International, ,   , 2021年10月, https://doi.org/10.1111/ggi.14285 
11
コロナフレイルが危惧される地域在住高齢者の転倒関連因子 簡易フレイルインデックス下位項目との分析 , 日本転倒予防学会誌, 8( 2), 150- 150, 2021年09月,  
12
コロナフレイルが危惧される地域在住高齢者の転倒関連因子 簡易フレイルインデックス下位項目との分析 , 日本転倒予防学会誌, 8( 2), 150- 150, 2021年09月,  
13
異なる床面条件でのTimed Up & Go Testの結果の差 , 理学療法群馬, 32,   , 2021年08月,  
14
Is there a Difference between the Timed Up and Go Test and Physical Function due to the Difference in Perception of Slip? , Journal of Health and Medical Sciences, 4( 2),  , 2021年06月30日, https://doi.org/10.31014/aior.1994.04.02.164 
15
Effects of assessment-oriented group action supported by a health professional on the physical function in community-dwelling older adults: a feasibility study , Physiotherapy Theory and Practice, ,  1- 10, 2021年06月07日, https://doi.org/10.1080/09593985.2021.1934927 
16
Did the number of older adults with frailty increase during the COVID-19 pandemic? A prospective cohort study in Japan , European Geriatric Medicine, 12( 5), 1085- 1089, 2021年06月03日, https://doi.org/10.1007/s41999-021-00523-2 
17
First-year Medical Students’ Attitudes toward Health Care Teams: , The Kitakanto Medical Journal, 71( 2), 115- 121, 2021年05月01日, https://doi.org/10.2974/kmj.71.115 
18
COVID-19感染症対策の期間における、フレイルと後期高齢者の質問票の関連性 , The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 58( 特別号), 2- 2, 2021年05月,  
19
The balance function is associated with frailty in community-dwelling older women , International Journal of Rehabilitation Research, 44( 1), 51- 56, 2021年03月, https://doi.org/10.1097/mrr.0000000000000453 
20
特定保健指導対象者への運動・栄養指導の取り組みと効果検証 体重減少効果の違いをもたらす要因について , 理学療法学, 47( Suppl.1), 200- 200, 2021年03月,  
21
特定保健指導対象者への運動・栄養指導の取り組みと効果検証 体重減少効果の違いをもたらす要因について , 理学療法学, 47( Suppl.1), 200- 200, 2021年03月,  
22
Actual Frailty Conditions and Lifestyle Changes in Community-Dwelling Older Adults Affected by Coronavirus Disease 2019 Countermeasures in Japan: A Cross-Sectional Study , SAGE Open Nursing, 7,  237796082110251- 237796082110251, 2021年01月, https://doi.org/10.1177/23779608211025117 
23
Association between frailty and changes in lifestyle and physical or psychological conditions among older adults affected by the coronavirus disease 2019 countermeasures in Japan , Geriatrics & Gerontology International, 21( 1), 39- 42, 2021年01月, https://doi.org/10.1111/ggi.14092 
24
SPO-1 COVID-19 拡大予防の自粛生活中における、フレイル新規発生のスクリーニング法の開発 , 関東甲信越ブロック理学療法士学会, 40,  1- 1, 2021年, https://doi.org/10.14901/ptkanbloc.40.0_1 
25
看護・介護・リハビリテーション職における腰痛の有無とワーカホリズムおよびリカバリー経験の関連:−横断研究による実態調査− , 理学療法学Supplement, 48,  E- 44_2-E-44_2, 2021年, https://doi.org/10.14900/cjpt.48S1.E-44_2 
26
Which Balance Evaluation Systems Test sections best distinguish levels of post-stroke functional walking status? , Journal of Rehabilitation Medicine, 53( 9), jrm00230- jrm00230, 2021年, https://doi.org/10.2340/16501977-2870 
27
新型コロナウィルス感染症対策の自粛生活中のフレイル啓発活動と実態調査:-地域住民との連携活動- , 理学療法学Supplement, 48,  B- 165_2-B-165_2, 2021年, https://doi.org/10.14900/cjpt.48S1.B-165_2 
28
SPO-3 介護保険未申請の地域在住高齢者におけるフレイル分類の試み , 関東甲信越ブロック理学療法士学会, 40,  3- 3, 2021年, https://doi.org/10.14901/ptkanbloc.40.0_3 
29
Factors associated with falls in community-dwelling older adults: an analysis based on subscales of the frailty screening index , Journal of Physical Therapy Science, 33( 5), 413- 416, 2021年, https://doi.org/10.1589/jpts.33.413 
30
Rasch validation and comparison of the Mini-BESTest and S-BESTest in patients with stroke , Physical Therapy & Rehabilitation Journal accepted, ,   , 2021年,  
31
Accuracy of wrist-worn heart rate monitors during physical therapy sessions among hemiparetic inpatients with stroke , Journal of Physical Therapy Science, 33( 1), 45- 51, 2021年, https://doi.org/10.1589/jpts.33.45 
32
整形外科疾患入院患者の歩行獲得早期におけるFalls Efficacy Scale-International(FES-I)の信頼性および転倒恐怖感予測精度に関する検討 , Rigakuryoho Kagaku, 36( 4), 587- 593, 2021年, https://doi.org/10.1589/rika.36.587 
33
新型コロナウィルス感染症対策の生活における、地域在住高齢者のフレイルの実態と支援効果:横断研究と前向きコホート研究 , 理学療法学Supplement, 48,  E- 57_1-E-57_1, 2021年, https://doi.org/10.14900/cjpt.48S1.E-57_1 
34
Mini-Balance Evaluation Systems TestとBerg Balance ScaleのMinimal Clinically Important Differenceの検証-システマティックレビュー- , The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, ,   , 2020年12月17日, https://doi.org/10.2490/jjrmc.20032 
35
Ability of the Brief-Balance Evaluation Systems Test to evaluate balance deficits in community-dwelling older adults: a cross-sectional study , Physiotherapy Theory and Practice, ,  1- 8, 2020年12月08日, https://doi.org/10.1080/09593985.2020.1840682 
36
Do lifestyle measures to counter COVID-19 affect frailty rates in elderly community dwelling? Protocol for cross-sectional and cohort study , BMJ Open, 10( 10), e040341- e040341, 2020年10月, https://doi.org/10.1136/bmjopen-2020-040341 
37
地域在住高齢者の主観的Quality of lifeと性格の関連性 , 総合リハビリテーション, 48( 10),  , 2020年10月,  
38
コロナフレイルが危惧される地域在住高齢者の転倒関連因子について 効果的な転倒予防介入に向けた検討 , 日本転倒予防学会誌, 7( 2), 0024- 0024, 2020年09月,  
39
Sections of the Brief-Balance Evaluation Systems Test Relevant for Discriminating Fast Versus Slow Walking Speeds in Community-Dwelling Older Women , Journal of Geriatric Physical Therapy, Publish Ahead of Print( 1), E1- E7, 2020年08月06日, https://doi.org/10.1519/jpt.0000000000000280 
40
Comparing the measurement properties and relationship to gait speed recovery of the Mini-Balance Evaluation Systems Test and the Berg Balance Scale in ambulatory individuals with subacute stroke , Physical Therapy Research, 23( 1), 72- 78, 2020年06月20日, https://doi.org/10.1298/ptr.e10004 
41
Rapid Response: Impact of the COVID-19 pandemic on frailty in the elderly citizen; corona-frailty , BMJ, ,  m1543- m1543, 2020年04月16日, https://doi.org/10.1136/bmj.m1543 
42
Section of the Balance Evaluation Systems Test (BESTest) Cutoff Values for Walking Speed Level in Older Women With Hip Fracture , Journal of Geriatric Physical Therapy, Publish Ahead of Print,   , 2020年02月10日, https://doi.org/10.1519/jpt.0000000000000261 
43
Section of the Balance Evaluation Systems Test (BESTest) Cutoff Values for Walking Speed Level in Older Women With Hip Fracture. , Journal of geriatric physical therapy (2001), ,   , 2020年02月10日, 10.1519/JPT.0000000000000261 
44
Comparing the measurement properties and relationship to gait speed recovery of the Mini-Balance Evaluation Systems Test and the Berg Balance Scale in ambulatory individuals with subacute stroke. , Physical Therapy Research, accepted,   , 2020年,  
45
Comparison of the structural validity of three Balance Evaluation Systems Test in older adults with femoral or vertebral fracture , Journal of Rehabilitation Medicine, ,  0- 0, 2020年, https://doi.org/10.2340/16501977-2709 
46
Relationship between patient’s state upon admission and decline in activities of daily living , Journal of Physical Therapy Science, 31( 10), 813- 818, 2019年10月, 10.1589/jpts.31.813 
47
入院中の日常生活動作能力低下の原因分析 ADL維持向上等体制加算算定病棟におけるコホート研究 , 理学療法科学, 34( 5), 645- 651, 2019年10月,  
48
入院中の日常生活動作能力低下の原因分析 ADL維持向上等体制加算算定病棟におけるコホート研究 , 理学療法科学, 34( 5), 645- 651, 2019年10月,  
49
アテトーゼ型脳性麻痺患者の上肢筋に対するボツリヌス療法により携帯電話操作の安楽性が向上した症例 , 理学療法群馬, ( 30), 53- 58, 2019年08月,  
50
地域高齢者におけるBrief-Balance Evaluation Systems Test(BESTest)のセクション特性の検証 , 理学療法科学, 34( 1), 31- 36, 2019年02月, 10.15063/rigaku.11263 
51
地域高齢者におけるBrief-Balance Evaluation Systems Test(BESTest)のセクション特性の検証 , 理学療法科学, 34( 1), 31- 36, 2019年02月, https://doi.org/10.1589/rika.34.31 
52
亜急性期脳卒中者における歩行速度とMini-Balance Evaluation Systems Test、Berg Balance Scaleの関連性の比較 , 理学療法学Supplement, 46S1,  E-188_2- E-188_2, 2019年, https://doi.org/10.14900/cjpt.46s1.e-188_2 
53
Association between patients’ state upon admission and decline in activities of daily living , Journal of Physical Therapy Science, 31( 10), 813- 818, 2019年, https://doi.org/10.1589/jpts.31.813 
54
Causes of functional decline in elderly hospitalized patients receiving either individual or exclusive rehabilitation therapy: A cohort study , International Journal of Physiotherapy, 5( 6), 178- 183, 2018年12月,  
55
Structural validity of Balance Evaluation Systems Test assessed using factor and Rasch analyses in patients with stroke. , Journal of physical therapy science, 30( 12), 1446- 1454, 2018年12月, https://doi.org/10.1589/jpts.30.1446 
56
On the Job Trainingの教育ツールとして我々が開発した職員達成度評価の内的整合性と因子構造の検証ー指導者の指導助言のもと治療が行えるジョブグレードについてー , 理学療法科学, 33( 2), 331- 336, 2018年04月, 10.1589/rika.33.331 
57
On the Job Trainingの教育ツールとして我々が開発した職員達成度評価の内的整合性と因子構造の検証ー指導者の指導助言のもと治療が行えるジョブグレードについてー , 理学療法科学, 33( 2), 331- 336, 2018年, https://doi.org/10.1589/rika.33.331 
58
脳卒中者におけるBalance Evaluation Systems Test(BESTest)のセクションの歩行能力との関連性 , 理学療法学, 44( 3), 190- 196, 2017年06月,  
59
Can blood pressure be measured during exercise with an automated sphygmomanometer based on an oscillometric method? , Journal of Physical Therapy Science, 29( 6), 1006- 1009, 2017年06月,  
60
脳卒中者におけるBalance Evaluation Systems Test(BESTest)のセクションの歩行能力との関連性 , 理学療法学, 44( 3), 190- 196, 2017年06月,  
61
入院早期に退院時の状態を予測し評価した転倒自己効力感であっても退院時の転倒恐怖感の予測因子となる , 理学療法学Supplement, 2016,  369- 369, 2017年, https://doi.org/10.14900/cjpt.2016.0369 
62
ロボットスーツHAL®福祉用が頚髄損傷患者の歩行能力に及ぼす影響-シングルケーススタディ- , 理学療法群馬, 28,  40- 44, 2017年,  
63
Can blood pressure be measured during exercise with an automated sphygmomanometer based on an oscillometric method? , Journal of Physical Therapy Science, 29( 6), 1006- 1009, 2017年, https://doi.org/10.1589/jpts.29.1006 
64
ロボットスーツHAL®福祉用が頚髄損傷患者の歩行能力に及ぼす影響-シングルケーススタディ- , 理学療法群馬, 28,  40- 44, 2017年,  
65
偽腔開存型のStanford A型急性大動脈解離を発症後,保存的治療を行った症例に対するリハビリテーションの一考察 , 理学療法学Supplement, 2016,  1188- 1188, 2017年, https://doi.org/10.14900/cjpt.2016.1188 
66
非特異性間質性肺炎に対する呼吸理学療法が有効であった症例 , 理学療法群馬, 26,  21- 27, 2015年,  
67
Balance Evaluation Systems Testを用いたバランス構造の検証 , 理学療法群馬, 26,  12- 17, 2015年,  
68
非特異性間質性肺炎に対する呼吸理学療法が有効であった症例 , 理学療法群馬, 26,  21- 27, 2015年,  
69
Balance Evaluation Systems Testを用いたバランス構造の検証 , 理学療法群馬, 26,  12- 17, 2015年,  
70
大腿骨頚部骨折患者における床での立ち座り練習が転倒自己効力感や身体能力に与える影響 , PT-OT-STチャンネルオンラインジャーナル, 3( 7), A2- , 2014年07月,  
71
Are Contents of Physical Therapy in Nine Japanese Hospitals for Inpatients with Stroke Related to Inpatients’ and Physical Therapists’ characteristics? , Journal of Physical Therapy Science, 25( 5), 641- 647, 2013年06月, 10.1589/jpts.25.641 
72
Balance Evaluation Systems Test(BESTest)における転倒予測cut off値の検討 , PT-OT-STチャンネルオンラインジャーナル, 2( 6), A4- , 2013年06月,  
73
理学療法士が影響を受けている治療概念が脳卒中者の理学療法介入内容に及ぼす影響 , 理学療法学, 40( 大会特別号3), O- 126, 2013年05月,  
74
二関節筋優位の動作パターンに着目し、介入を行った脛骨・腓骨骨折の一症例 , 理学療法群馬, 24,  36- 42, 2013年,  
75
Are Contents of Physical Therapy in Nine Japanese Hospitals for Inpatients with Stroke Related to Inpatients’ and Physical Therapists’ characteristics? , Journal of Physical Therapy Science, 25( 5), 641- 647, 2013年, https://doi.org/10.1589/jpts.25.641 
76
二関節筋優位の動作パターンに着目し、介入を行った脛骨・腓骨骨折の一症例 , 理学療法群馬, 24,  36- 42, 2013年,  
77
足部からの介入がバランス改善に寄与した一症例 , 理学療法群馬, 23,  51- 55, 2012年,  
78
回復期リハビリテーション病棟を退院した患者の自宅退院に影響を及ぼす因子の検討 地域の特徴に着目して , 理学療法群馬, 23,  15- 21, 2012年,  
79
バランス障害に対してBalance Evaluation Systems Test(BESTest)を用いた理学療法介入の有効性 小脳梗塞一症例における検討 , 理学療法群馬, 23,  32- 37, 2012年,  
80
回復期リハビリテーション病棟を退院した患者の自宅退院に影響を及ぼす因子の検討 地域の特徴に着目して , 理学療法群馬, 23,  15- 21, 2012年,  
81
バランス障害に対してBalance Evaluation Systems Test(BESTest)を用いた理学療法介入の有効性 小脳梗塞一症例における検討 , 理学療法群馬, 23,  32- 37, 2012年,  
82
足部からの介入がバランス改善に寄与した一症例 , 理学療法群馬, 23,  51- 55, 2012年,  
83
多施設間共同研究による入院脳卒中者に対する理学療法介入内容の分析 , 理学療法学, 38( 5), 364- 373, 2011年08月,  
84
多施設間共同研究による入院脳卒中者に対する理学療法介入内容の分析 , 理学療法学, 38( 5), 364- 373, 2011年08月,  
85
Balance Evaluation Systems Test(BESTest)の信頼性と妥当性の検討 , 理学療法科学, 26( 3), 381- 385, 2011年07月, 10.1589/rika.26.381 
86
Balance Evaluation Systems Test(BESTest)の使用経験 基準関連妥当性、セクションの難易度、疾患別の特徴に着目して , 理学療法学, 38( Suppl.2), OF1- 014, 2011年04月,  
87
脳卒中片麻痺患者における起き上がり動作自立度と身体機能との関連性 , 理学療法科学, 25( 6), 833- 836, 2011年01月,  
88
右脛・腓骨骨折後の男子シニアトーナメントプロゴルファーのゴルフスイングにおける一考察 , 理学療法群馬, 22( 22), 4- 9, 2011年,  
89
Balance Evaluation Systems Test(BESTest)の信頼性と妥当性の検討 , 理学療法科学, 26( 3), 381- 385, 2011年, https://doi.org/10.1589/rika.26.381 
90
右脛・腓骨骨折後の男子シニアトーナメントプロゴルファーのゴルフスイングにおける一考察 , 理学療法群馬, 22,  4- 9, 2011年,  
91
Balance Evaluation Systems Test(BESTest)の使用経験—基準関連妥当性,セクションの難易度,疾患別の特徴に着目して , 理学療法学Supplement, 2010,  AcOF1014- AcOF1014, 2011年, https://doi.org/10.14900/cjpt.2010.0.acof1014.0 
92
立ち上がり時後方不安定性に対する介入の一考察 ~体幹深部筋活動に着目して~ , 関東甲信越ブロック理学療法士学会, 30,  280- 280, 2011年, https://doi.org/10.14901/ptkanbloc.30.0.280.0 
93
自動車整備業に復職した両片麻痺患者の治療経験 入院中のアプローチと復職後の外来理学療法継続の有用性 , 理学療法群馬, 22,  10- 14, 2011年,  
94
自動車整備業に復職した両片麻痺患者の治療経験 入院中のアプローチと復職後の外来理学療法継続の有用性 , 理学療法群馬, 22,  10- 14, 2011年,  
95
脳卒中片麻痺患者における起き上がり動作自立度と身体機能との関連性 , 理学療法科学, 25( 6), 833- 836, 2010年12月,  
96
多施設間共同研究による入院脳卒中患者に対する理学療法内容と影響因子の検討 , 理学療法学, 37( Suppl.2), 599- 599, 2010年03月,  
97
Association of ability to rise from bed with improvement of functional limitation and activities of daily living in hemiplegic inpatients with stroke: a prospective cohort study , Journal of Physical Therapy Science, 22( 1), 29- 34, 2010年02月, 10.1589/jpts.22.29 
98
Association of Ability to Rise from Bed with Improvement of Functional Limitation and Activities of Daily Living in Hemiplegic Inpatients with Stroke: a Prospective Cohort Study , Journal of physical therapy science, 22( 1), 29- 34, 2010年02月, https://doi.org/10.1589/jpts.22.29 
99
脳血管障害患者における起き上がり所要時間と10m最大歩行速度との比較 , 日本理学療法学術大会, 2007,  A0633- A0633, 2008年, https://doi.org/10.14900/cjpt.2007.0.A0633.0 
100
脳卒中片麻痺患者における起き上がり所要時間と空間知覚および体性感覚との関連性 , 理学療法科学, 22( 3), 413- 417, 2007年08月, 10.1589/rika.22.413 
101
国際生活機能分類に基づく疾患非特異的な評価指標の検証 , 理学療法学, 34( Suppl.2), 3- 3, 2007年04月,  
102
活動水準評価としてのLife-Space Assessmentの臨床的有用性 , 理学療法学, 34( Suppl.2), 280- 280, 2007年04月,  
103
活動水準評価としてのLife-Space Assessmentの臨床的有用性 , 日本理学療法学術大会, 2006,  A0559- A0559, 2007年, https://doi.org/10.14900/cjpt.2006.0.A0559.0 
104
国際生活機能分類に基づく疾患非特異的な評価指標の検証 , 日本理学療法学術大会, 2006,  A0005- A0005, 2007年, https://doi.org/10.14900/cjpt.2006.0.A0005.0 
105
起き上がり動作所要時間の信頼性および日常生活活動実行状況との関連について , 日本理学療法学術大会, 2006,  A1264- A1264, 2007年, https://doi.org/10.14900/cjpt.2006.0.A1264.0 
106
脳卒中片麻痺患者における起き上がり所要時間と空間知覚および体性感覚との関連性 , 理学療法科学, 22( 3), 413- 417, 2007年, https://doi.org/10.1589/rika.22.413 
107
Relationship between patient’s state upon admission and decline in activities of daily living , Journal of Physical Therapy Science, in press, ,   ,  ,  

 

MISC
No.MISCタイトル URL, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日) 
1
COVID-19感染症対策の期間におけるフレイルと健康状態および生活状況との関連 , 日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 = Journal of Japanese Association on Sarcopenia and Frailty : JJASF / 日本サルコペニア・フレイル学会編集委員会 編, 6( 1), 30- 37, 2022年07月 
2
特定保健指導対象者への運動・栄養指導の取り組みと効果検証 体重減少効果の違いをもたらす要因について , 日本理学療法学術大会(Web), 54th,   , 2020年 
3
大腿骨近位部骨折後の高齢女性の歩行速度に関連するBalance Evaluation Systems TestのセクションのCutoff値 , 第38回関東甲信越ブロック理学療法士学会, ,   , 2019年10月 
4
大腿骨近位部骨折後の高齢女性の歩行速度に関連するBalance Evaluation Systems TestのセクションのCutoff値 , 第38回関東甲信越ブロック理学療法士学会, ,   , 2019年10月 
5
Rasch分析を用いたBalance Evaluation Systems Test(BESTest)の課題特性の検討 , The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 56( 秋季特別号), S454- S454, 2019年10月 
6
Rasch分析を用いたBalance Evaluation Systems Test(BESTest)の課題特性の検討 , The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 56( 秋季特別号), S454- S454, 2019年10月 
7
アテトーゼ型脳性麻痺患者の上肢筋に対するボツリヌス療法により携帯電話操作の安楽性が向上した症例 , 理学療法群馬, ( 30), 53- 58, 2019年08月 
8
アテトーゼ型脳性麻痺患者の上肢筋に対するボツリヌス療法により携帯電話操作の安楽性が向上した症例 , 理学療法群馬, ( 30), 53- 58, 2019年08月 
9
Correlation of the Brief-Balance Evaluation Systems Test with falls in community residents according to differences in limb skeletal muscle mass , International Society of Physical and Rehabilitation Medicine, ,   , 2019年06月 
10
Comparison of the postural control systems of the Balance Evaluation Systems Test related to gait speed in people with stroke , World Confederation for Physical Therapy Congress (Geneva), ,   , 2019年05月 
11
Rasch分析を用いたBalance Evaluation Systems Test(BESTest)の課題特性の検討 , Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 56( Autumn),  , 2019年 
12
亜急性期脳卒中者における歩行速度とMini-Balance Evaluation Systems Test,Berg Balance Scaleの関連性の比較 , 日本理学療法学術大会(Web), 53rd,   , 2019年 
13
脳卒中者におけるBESTestの計量心理学的特性 バランス構成要素の構造と項目特性の検討 , The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 55( 特別号), 3- 1, 2018年05月 
14
脳卒中者におけるBESTestの計量心理学的特性 バランス構成要素の構造と項目特性の検討 , The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 55( 特別号), 3- 1, 2018年05月 
15
脳卒中者におけるBESTestの計量心理学的特性-バランス構成要素の構造と項目特性の検討- , Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 55( Supplement),  , 2018年 
16
大腿骨頚部骨折患者における床での立ち座り練習が転倒自己効力感や身体能力に与える影響 , PT-OT-STチャンネルオンラインジャーナル, 3( 7), A2- , 2014年07月 
17
Balance Evaluation Systems Test(BESTest)における転倒予測cut off値の検討 , PT-OT-STチャンネルオンラインジャーナル, 2( 6), A4- , 2013年06月 
18
Balance Evaluation Systems Test(BESTest)が持つバランス制御システムの特性 既知のバランス評価と杖使用有無による分類を用いて , 理学療法学, 39( Suppl.2), 0163- 0163, 2012年04月 
19
Balance Evaluation Systems Test(BESTest)の使用経験 基準関連妥当性、セクションの難易度、疾患別の特徴に着目して , 理学療法学, 38( Suppl.2), OF1- 014, 2011年04月 
20
Balance Evaluation Systems Test(BESTest)の使用経験-基準関連妥当性,セクションの難易度,疾患別の特徴に着目して- , 理学療法学, 38,   , 2011年 
21
脳卒中の上肢機能障害に対する課題指向型アプローチ , 理学療法, 27( 12), 1398- 1406, 2010年12月 
22
脳卒中の上肢機能障害に対する課題指向型アプローチ , 理学療法, 27( 12), 1398- 1406, 2010年12月 

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル, 会議名, 発表年月日, 主催者, 開催地 
1
Factors for frailty transition of worsening and improvement during the COVID-19 pandemic: a prospective cohort study over 6- and 12-month period in Japan, 12th annual ICFSR Conference, 2022年04月20日, ,  
2
コロナ禍でフレイルをどう捉えるか, 第10回 ILSI Japan ライフサイエンス・シンポジウム コロナ禍およびポストコロナにおける健康寿命延伸のための栄養と身体活動, 2022年03月03日, ,  
3
Assessment of frailty during the COVID-19 pandemic, ESMED General Assembly 2022, 2022年, ,  
4
Transition to frailty in older Japanese people during the coronavirus disease 2019 pandemic: a prospective cohort study, The 7TH ASIAN CONFERENCE FOR FRAILTY AND SARCOPENIA, 2021年11月05日, ,  
5
後期高齢者の質問票の構成概念妥当性の検証 -COVID-19拡大予防の自粛期間中の調査結果より-, 第26回日本基礎理学療法学会学術大会, 2021年10月24日, ,  
6
災害とフレイル, 渋川地区在宅医療介護連携支援センター研修, 2021年10月14日, ,  
7
COVID-19感染症対策の自粛期間中における地域在住高齢者のフレイル実態 -半年間のコホート研究より-, 第28回群馬県理学療法士学会, 2021年10月03日, ,  
8
COVID-19 拡大予防の自粛生活中における、フレイル新規発生のスクリーニング法の開発, 第40回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2021年09月05日, ,  
9
助け合いは、 コロナ禍から何を学んだか, いきがい・助け合いサミット in 神奈川, 2021年09月01日, ,  
10
COVID-19感染症対策の期間における、フレイルと後期高齢者の質問票の関連性, 第58回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2021年06月10日, ,  
11
The association between frailty and physical or psychological condition among community-dwelling older adults affected by coronavirus disease countermeasures, World Physiotherapy Congress2021, 2021年04月09日, ,  
12
新型コロナウィルス感染症対策の自粛生活中のフレイル啓発活動と実態調査 -地域住民との連携活動-, 第7回日本地域理学療法学会学術大会, 2020年11月, ,  
13
新型コロナウィルス感染症対策の自粛生活中におけるフレイルの実情, 第27回群馬県理学療法士学会, 2020年11月, ,  
14
新型コロナウィルス感染症対策の生活における、地域在住高齢者のフレイルの実態と支援効果:横断研究と前向きコホート研究, 第7回日本予防理学療法学会学術大会, 2020年09月, ,  
15
地域在住高齢者における転倒にどのようなバランス機能が関連するのか, 第7回日本予防理学療法学会学術大会, 2020年09月, ,  
16
Modified Dynamic Gait Indexの信頼性の検討, 第7回日本予防理学療法学会学術大会, 2020年09月, ,  
17
看護・介護・リハビリテーション職における腰痛の有無とワーカホリズムおよびリカバリー経験の関連−横断研究による実態調査−, 第7回日本予防理学療法学会学術大会, 2020年09月, ,  
18
高齢者の転倒に関連するバランス機能の細分化の試み, 第57回⽇本リハビリテーション医学会学術集会, 2020年08月, ,  
19
健康行動の変化を促す介護予防活動の効果検証―地域在住高齢者における群間比較試験―, 第6回日本地域理学療法学会学術大会, 2019年12月, ,  
20
高齢者における体幹と上下肢の筋量の特徴, 2019年専門理学療法士(基礎)必須発表会, 2019年11月, ,  
21
地域在住高齢者の筋力と筋肉量がバランス能力に及ぼす影響, 第24回日本基礎理学療法学会学術大会, 2019年11月, ,  
22
Rasch分析を用いたBalance Evaluation Systems Test(BESTest)の課題特性の検討, 第3回日本リハビリテーション医学会秋季学術大会, 2019年11月, ,  
23
大腿骨近位部骨折後の高齢女性の歩行速度に関連するBalance Evaluation Systems TestのセクションのCutoff値, 第38回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2019年10月, ,  
24
Rasch分析を用いたBalance Evaluation Systems Test(BESTest)の課題特性の検討, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 2019年10月, (公社)日本リハビリテーション医学会,  
25
基本動作およびバランスに関する臨床評価指標の実態調査, 第38回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2019年10月, ,  
26
リズム音刺激のイメージの再現性と歩行に及ぼす影響, 第38回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2019年10月, ,  
27
普段の逆の下肢から下衣を穿くと地域在住高齢者の立位バランスはどうなるか~一側優位性に着目した即時的変化の検証~, 第6回日本予防理学療法学会学術大会, 2019年10月, ,  
28
地域の居場所における、自身の心身の課題分析から介護予防活動内容の意思決定へと展開する取り組みの有効性の検証, 理学療法学, 2019年08月, (公社)日本理学療法士協会,  
29
Correlation of the Brief-Balance Evaluation Systems Test with falls in community residents according to differences in limb skeletal muscle mass, 13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress, 2019年06月, ,  
30
Comparison of the postural control systems of the Balance Evaluation Systems Test related to gait speed in people with stroke, World Confederation for Physical Therapy Congress (Geneva), 2019年05月, ,  
31
Accuracy of a wrist-worn heart rate monitor compared with a chest strap heart rate monitor in patients with stroke, World Confederation for Physical Therapy Congress (Geneva), 2019年05月, ,  
32
Comparison of physical activity intensity estimated by measuring heart rate during rehabilitation among inpatients with subacute stroke, World Confederation for Physical Therapy Congress (Geneva), 2019年05月, ,  
33
Correlation of the Brief-Balance Evaluation Systems Test with falls in community residents according to differences in limb skeletal muscle mass, 13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress, 2019年, ,  
34
脳卒中者におけるBESTestの計量心理学的特性 バランス構成要素の構造と項目特性の検討, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 2018年05月, (公社)日本リハビリテーション医学会,  
35
フレイル・サルコペニアの方に対する自立支援, 高齢者あんしんセンター二之沢・関越中央主催 ケアマネ支援研修会, 2018年, ,  
36
フレイル・サルコペニアの方に対する自立支援, 高齢者あんしんセンター二之沢・関越中央主催 ケアマネ支援研修会, 2018年, ,  
37
総合事業における訪問型サービスCの概要とケース紹介, 高齢者あんしんセンター希望館 在宅医療・介護の連携会議, 2018年, ,  
38
訪問型サービスCの実情報告~高崎市編~, 群馬県理学療法士協会 平成30年度介護保険部主催研修会, 2018年, ,  
39
地域ケア会議に求められる理学療法士の役割, 群馬県理学療法士協会 地域包括ケア推進リーダー導入研修会, 2018年, ,  
40
片脚立位バランス課題における、脊椎の加速度測定の有用性の検証, 第23回日本基礎理学療法学会学術大会, 2018年, ,  
41
地域の居場所における、自身の心身の課題分析から介護予防活動内容の意思決定へと展開する取り組みの有効性の検証, 第5回日本地域理学療法学会学術大会, 2018年, ,  
42
バランス機能をシステムとして評価するBrief-BESTestを用いた、地域高齢者の転倒要因の検証, 第5回日本予防理学療法学会学術大会, 2018年, ,  
43
地域在住高齢者におけるサルコペニアは転倒およびバランス機能に関係するか, 第5回群馬県地域保健研究発表会, 2018年, ,  
44
子どもにもメタボがあるの!?~子どもと運動のはなし~, 高崎市立西部小学校PTAセミナー, 2018年, ,  
45
併存疾患・合併症を有する神経系疾患に対する理学療法, 第24回群馬神経系理学療法研究会, 2018年, ,  
46
地域包括ケアシステムの現状-実情の情報提供とこれから-, 群馬県理学療法士協会 西毛ブロック 理学療法士施設間連絡会, 2018年, ,  
47
地域ケア会議に求められる理学療法士の役割, 群馬県理学療法士協会 地域包括ケア推進リーダー導入研修会, 2018年, ,  
48
片脚立位バランス課題における、脊椎の加速度測定の有用性の検証, 第23回日本基礎理学療法学会学術大会, 2018年, ,  
49
地域の居場所における、自身の心身の課題分析から介護予防活動内容の意思決定へと展開する取り組みの有効性の検証, 第5回日本地域理学療法学会学術大会, 2018年, ,  
50
バランス機能をシステムとして評価するBrief-BESTestを用いた、地域高齢者の転倒要因の検証, 第5回日本予防理学療法学会学術大会, 2018年, ,  
51
地域在住高齢者におけるサルコペニアは転倒およびバランス機能に関係するか, 第5回群馬県地域保健研究発表会, 2018年, ,  
52
子どもにもメタボがあるの!?~子どもと運動のはなし~, 高崎市立西部小学校PTAセミナー, 2018年, ,  
53
併存疾患・合併症を有する神経系疾患に対する理学療法, 第24回群馬神経系理学療法研究会, 2018年, ,  
54
地域包括ケアシステムの現状-実情の情報提供とこれから-, 群馬県理学療法士協会 西毛ブロック 理学療法士施設間連絡会, 2018年, ,  
55
訪問型サービスCの実情報告~高崎市編~, 群馬県理学療法士協会 平成30年度介護保険部主催研修会, 2018年, ,  
56
総合事業における訪問型サービスCの概要とケース紹介, 高齢者あんしんセンター希望館 在宅医療・介護の連携会議, 2018年, ,  
57
偽腔開存型のStanford A型急性大動脈解離を発症後、保存的治療を行った症例に対するリハビリテーションの一考察, 第52回日本理学療法学術大会, 2017年, ,  
58
クリニカルクラークシップは臨床実習の指導方法として有用か, 第52回日本理学療法学術大会, 2017年, ,  
59
入院中に日常生活動作能力が低下する理由は? ~ADL維持向上等体制加算算定病棟における調査報告~, 第36回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2017年, ,  
60
偽腔開存型のStanford A型急性大動脈解離を発症後、保存的治療を行った症例に対するリハビリテーションの一考察, 第52回日本理学療法学術大会, 2017年, ,  
61
クリニカルクラークシップは臨床実習の指導方法として有用か, 第52回日本理学療法学術大会, 2017年, ,  
62
地域ケア会議に求められる理学療法士の役割, 群馬県理学療法士協会 地域包括ケア推進リーダ―導入研修会, 2017年, ,  
63
脳卒中の下肢装具, 第21回群馬神経系理学療法研究会, 2017年, ,  
64
フレイル・サルコペニアの方に対する自立支援, 高齢者あんしんセンター通町・高崎社協・希望館・若宮苑主催 高齢者あんしんセンター研修, 2017年, ,  
65
臨床実習指導の具体的な方法, 群馬県理学療法士協会 第12回臨床実習教育講習会, 2017年, ,  
66
臨床実習指導の具体的な方法, 群馬県理学療法士協会 第12回臨床実習教育講習会, 2017年, ,  
67
フレイル・サルコペニアの方に対する自立支援, 高齢者あんしんセンター通町・高崎社協・希望館・若宮苑主催 高齢者あんしんセンター研修, 2017年, ,  
68
脳卒中の下肢装具, 第21回群馬神経系理学療法研究会, 2017年, ,  
69
地域ケア会議に求められる理学療法士の役割, 群馬県理学療法士協会 地域包括ケア推進リーダ―導入研修会, 2017年, ,  
70
入院中に日常生活動作能力が低下する理由は? ~ADL維持向上等体制加算算定病棟における調査報告~, 第36回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2017年, ,  
71
臨床実習指導の具体的な方法, 群馬県理学療法士協会 第12回臨床実習教育講習会, 2016年, ,  
72
急性期病棟入院中のリハビリテーション介入量はFIM改善度に影響するのか?, 第24回群馬県理学療法士学会, 2016年, ,  
73
入院中の日常生活動作能力低下を予防するために、対象者をどのようにスクリーニングするべきか?~ADL維持向上等体制加算算定病棟における、ADL低下患者の背景の分析~, 第51回日本理学療法学術大会, 2016年, ,  
74
ADL維持向上等体制加算の有効性の検証~入院患者の重症化と日常生活動作の維持状況~, 第53回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2016年, ,  
75
介護予防サポーターフォローアップ研修, 高崎市, 2016年, ,  
76
知をつなぐ技術を考える, 第24回群馬県理学療法士学会, 2016年, ,  
77
臨床実習指導の具体的な方法, 群馬県理学療法士協会 第12回臨床実習教育講習会, 2016年, ,  
78
急性期病棟入院中のリハビリテーション介入量はFIM改善度に影響するのか?, 第24回群馬県理学療法士学会, 2016年, ,  
79
入院中の日常生活動作能力低下を予防するために、対象者をどのようにスクリーニングするべきか?~ADL維持向上等体制加算算定病棟における、ADL低下患者の背景の分析~, 第51回日本理学療法学術大会, 2016年, ,  
80
ADL維持向上等体制加算の有効性の検証~入院患者の重症化と日常生活動作の維持状況~, 第53回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2016年, ,  
81
介護予防サポーターフォローアップ研修, 高崎市, 2016年, ,  
82
知をつなぐ技術を考える, 第24回群馬県理学療法士学会, 2016年, ,  
83
脳卒中患者に対する課題指向型トレーニングの理論と実際 上肢機能に対するトレーニング, 理学療法科学会, 2014年, ,  
84
機能的電気刺激の臨床応用への可能性, 第11回群馬神経系理学療法研究会, 2014年, ,  
85
脳卒中患者に対する課題指向型トレーニングの理論と実際 上肢機能に対するトレーニング, 理学療法科学会, 2014年, ,  
86
機能的電気刺激の臨床応用への可能性, 第11回群馬神経系理学療法研究会, 2014年, ,  
87
上級介護予防サポーター養成研修, 高崎市, 2013年, ,  
88
上級介護予防サポーター養成研修, 高崎市, 2013年, ,  
89
Balance Evaluation Systems Test(BESTest)が持つバランス制御システムの特性 既知のバランス評価と杖使用有無による分類を用いて, 理学療法学, 2012年04月, (公社)日本理学療法士協会,  
90
臨床実習指導者の体験からの提言, 群馬県理学療法士協会 第8回臨床実習教育講習会, 2012年, ,  
91
施設におけるリハビリテーション, 群馬県理学療法士協会 理学療法士派遣事業, 2012年, ,  
92
施設におけるリハビリテーション, 群馬県理学療法士協会 理学療法士派遣事業, 2012年, ,  
93
臨床実習指導者の体験からの提言, 群馬県理学療法士協会 第8回臨床実習教育講習会, 2012年, ,  
94
Balance Evaluation Systems Test(BESTest)の使用経験 基準関連妥当性、セクションの難易度、疾患別の特徴に着目して, 理学療法学, 2011年04月, (公社)日本理学療法士協会,  
95
バランス機能に対する理学療法評価, 群馬県理学療法士協会 第3回チャリティー研修会 中枢神経疾患に対する理学療法, 2011年, ,  
96
バランス機能に対する理学療法評価, 群馬県理学療法士協会 第3回チャリティー研修会 中枢神経疾患に対する理学療法, 2011年, ,  
97
理学療法の明日~回復期~, 第18回群馬県理学療法士学会, 2010年, ,  
98
理学療法の明日~回復期~, 第18回群馬県理学療法士学会, 2010年, ,  
99
Clinical Reasoning 神経系 回復期, 第28回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2009年, ,  
100
移乗介助、腰痛(予防)、高齢者のリハビリテーション, 群馬県理学療法士協会 理学療法士派遣事業, 2009年, ,  
101
Clinical Reasoning 神経系 回復期, 第28回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2009年, ,  
102
移乗介助、腰痛(予防)、高齢者のリハビリテーション, 群馬県理学療法士協会 理学療法士派遣事業, 2009年, ,  

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, (対象業績)タイトル 
1
2022年06月, 高崎健康福祉大学, 令和3年度ベストティーチャー賞,  
2
2021年10月, 第28回群馬県理学療法士学会, 学会長賞,  
3
2021年09月, , 学会長賞 第40回関東甲信越ブロック理学療法士学会,  
4
2020年11月, 第27回群馬県理学療法士学会, 学会特別賞,  
5
2020年09月, 第3回産業理学療法部門研究会, 最優秀賞,  
6
2019年04月, Society of Physical Therapy Science, 2018 Excellent Paper Award,  
7
2015年, 第23回群馬県理学療法士学会, 学会奨励賞,  
8
2015年, 第23回群馬県理学療法士学会, 学会奨励賞,  

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.提供機関, 制度名, 課題名等, 資金種別, 研究期間 
1
日本学術振興会, 令和4(2022)年度 基盤研究(C), 構造と臨床的解釈に基づく、地域在住高齢者のバランス機能課題のタイプ分類の試み, ,  2022年04月 - 2026年03月 
2
公益財団法人日本生命財団, ニッセイ財団高齢社会若手実践的課題研究助成, パンデミックにおいて実践可能なフレイル予防支援策の開発, ,  2020年10月 - 2021年09月 
3
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究, 地域在住高齢者におけるバランス構造の解明とバランスの課題を判別する手続きの標準化, 競争的資金,  2019年04月 - 2023年03月 
4
独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費助成事業(若手研究), 地域在住高齢者におけるバランス構造の解明とバランス課題を判別する手続きの標準化, ,  2019年 - 2021年 
5
エディテージ・エッジ, 2018年度エディテージ研究費英文校正グラント, Relationship between patient’s state upon admission and decline in activities of daily living, 競争的資金,  2018年09月 - 現在 
6
公益財団法人群馬県健康づくり財団, 平成29年度健康づくり研究助成「あさを賞」, 心身の課題の自己分析に基づく、参加者主体の介護予防活動の有効性の検証, 競争的資金,  2018年 - 2019年 
7
公益財団法人群馬県健康づくり財団, 平成29年度健康づくり研究助成「あさを賞」, 心身の課題の自己分析に基づく、参加者主体の介護予防活動の有効性の検証, ,  2018年 - 2019年 
8
公益財団法人群馬健康医学振興会, 平成30年度群馬健康医学振興会研究助成金, 地域高齢者における生活動作のラテラリティとバランス機能の関連, ,  2018年 - 2019年 
9
公益財団法人群馬健康医学振興会, 平成30年度群馬健康医学振興会研究助成金, 地域高齢者における生活動作のラテラリティとバランス機能の関連, 競争的資金,  2018年 - 2019年