高崎健康福祉大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

高崎健康福祉大学
ホームページ

池田 朋広 (イケダ トモヒロ,IKEDA Tomohiro)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
措置指定病院における精神病性障害と物質使用障害を併せ持つ「精神病性併存性障害者」への集団認知行動療法プログラム実施の意義とその有効性の検討 , 日本社会精神医学会雑誌, 26( 1), 11- 24, 2017年02月,  
2
Study of Cognitive Functions Efficaciously Affected by Psycoeducational Program for Patients with Schizophrenia , Brain Disoders &Therapy, 5,  224- 228, 2016年,  
3
物質使用障害と精神病性障害を併せ持つ者への地域支援策の検討 薬物依存症リハビリテーション施設への全国調査から , 日本アルコール・薬物医学会雑誌, 49( 6), 340- 355, 2014年12月,  
4
措置入院指定病院に入院する違法物質使用障害者の実態調査 退院時における逮捕群と非逮捕群との比較から , 日本社会精神医学会雑誌, 23( 2), 112- 122, 2014年05月,  
5
措置入院指定病院の立場における違法物質使用障害者への退院支援策の検討 司法処遇と薬物採尿検査に着目した4事例から , 日本アルコール・薬物医学会雑誌, 49( 1), 45- 56, 2014年02月,  
6
【物質使用障害とアディクション 臨床ハンドブック】 (第V部)物質使用障害とアディクションをめぐる様々な問題 複雑な症例の治療 重複診断症例の臨床的特徴と治療 統合失調症 , 精神科治療学, 28( 増刊), 357- 363, 2013年10月,  
7
【今日の精神科臨床で出会うアディクション】 精神病性障害と物質使用障害の併存性障害について 精神病性併存性障害3症例への考察 , 精神科治療学, 25( 5), 573- 581, 2010年05月,  
8
覚せい剤併存性障害への支援のあり方に関する一考察 統合失調症支援モデル事例と依存症支援モデル事例との比較から , 日本アルコール・薬物医学会雑誌, 45( 2), 92- 103, 2010年04月,  
9
【精神科と他科・他職種との連携】 他科・他職種との連携 ソリューションフォーカスト・ブリーフセラピーを活用したアルコール依存症治療・リハビリテーションプログラム 多職種チームアプローチと自助グループとの連携 , 臨床精神医学, 38( 9), 1305- 1314, 2009年09月,  

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, (対象業績)タイトル 
1
2015年05月, 日本社会精神医学会雑誌, 優秀論文賞, 措置入院指定病院に入院する違法物質使用障害者の実態調査 
2
2009年10月, 日本社会精神医学会, 優秀発表賞, 併存性障害者の地域ケアの実態と課題 

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.提供機関, 制度名, 課題名等, 資金種別, 研究期間 
1
三菱財団社会福祉助成事業・研究助成, , 「物質使用障害」と「その他の精神障害」を併存する者に対する, ,  2014年04月 - 2015年03月 
2
, 科研費基盤研究C, 認知機能改善による退院促進プログラムの効果の検討, ,