高崎健康福祉大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

高崎健康福祉大学
ホームページ

加藤 寛 (カトウ ヒロシ,KATO Hiroshi)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

担当経験のある科目
No.科目 , 年月, 概要 
1
植物病理学,  2021年04月 - 現在,  
2
生命科学特別実験,  2021年04月 - 現在,  
3
生命科学基礎実験 II,  2020年04月 - 現在,  
4
生命科学基礎実験Ⅰ,  2020年04月 - 現在, 農学部生物生産学科生命科学コース全教員が担当。 
5
植物保護学,  2020年04月 - 現在,  
6
生物生産学概論 B,  2019年04月 - 現在,  

 

教育方法の実践例
No.タイトル, 年月日, 概要 
1
ベゴモウイルス検出用LAMP法のデザインと指導,  2017年07月 - 2017年08月, インドネシアやケニアなど電源の確保ができない地域でも、迅速にベゴモウイルスが検出できるようにプライマーセットをデザインすると共に簡易抽出法を考案した。考案した検出法を、修士課程の大学院生とガジャ・マダ大からの留学生に指導した。その結果現地でLAMP法によるウイルス検出に成功した。 
2
イチゴ炭疽病菌検出LAMP法の普及,  2017年04月 - 現在, 栃木県が作成するイチゴ炭疽病菌を検出するLAMP法のマニュアルを監修。今月12日に平成29年度関東東海北陸農業試験研究推進会議にて、各県の農業試験場職員を対象に講演を行う予定 
3
宇都宮大学での技術指導,  2014年10月 - 2015年03月, 修士課程の大学院生に、海外系統の論文を基に国内系統の寄生蜂ついて分子系統解析を指導した。 
4
果樹研究所での技術指導,  2007年01月 - 2012年10月, インターンで来ていた東京大修士課程の院生に、カンキツグリーニング病原細菌のSSRについて講義したあと系統解析を実演並びに指導した。同様のことを、ガジャ・マジャ大からの研修生に英語で行った。また次世代シークエンサーIon torrentについて、解析を希望する職員に操作手順を講義した。 
5
社会人学生のティーチングアシスタント,  2005年11月 - 2006年12月, 社会人学生の卒業論文作成を援助した。勤務中で不在の平日に実験準備を行い、週末に実験と論文執筆の指導を行った。 
6
修士課程の大学院生の指導,  2004年11月 - 2006年12月, 修士論文作成を指導した。プライマーデザインの手順、ベクターへのサブクローニング、糸状菌の形質転換、薄層クロマトグラフィー、サザンブロッティング、ノーザンブロッティング、ウェスタンブロッティング、カンキツへの接種試験を指導した。 
7
農業環境技術研究所での技術指導,  2004年11月 - 2006年12月, 農業環境技術研究所に技能研修で来ていた栃木県や茨城県の農業試験場職員に対し、PCRや電気泳動、シークエンスを指導した。 
8
学生実験のティーチングアシスタント,  2001年11月 - 2006年11月, 学部3年生を対象にした学生実験の際にティーチングアシスタントを務めた。大腸菌もしくは糸状菌用培地作成、大腸菌の形質転換とその後のプラスミド抽出の指導。糸状菌からのDNA抽出並びにサザンブロッティング解析を指導。