高崎健康福祉大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

高崎健康福祉大学
ホームページ

松岡 寛樹 (マツオカ ヒロキ,MATSUOKA Hiroki)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

書籍等出版物
No.タイトル URL, 担当区分, 出版社, 出版年月, 担当範囲, ISBN 
1
大根デトックス , 単著, 壮快2月号、マキノ出版, 2020年12月, p148-149,  
2
旬の食材と栄養 味自慢の県産豚肉 日本の長寿に一役 ー元気な暮らしに 役立つ 栄養のお話ー , 単著, 元気ライフVol.51 (6) 上毛新聞社, 2020年06月, ,  
3
タクアン漬けは血圧上昇を抑制し尿素窒素値を下げ腎機能を改善すると実験で判明 , 単著, 安心8月号、マキノ出版, 2019年08月, p178-179,  
4
ビール-酵母の力でリラックス , 単著, 元気ライフ6月号 Vol.39 上毛新聞社, 2019年06月, ,  
5
ニンニク−驚くべきニンニクパワー , 単著, 元気ライフ4月号 Vol.37、上毛新聞社, 2019年04月, ,  
6
だいこん ―辛味と香りで抗菌作用 , 単著, 元気ライフ11月号 Vol.32, 2018年11月, ,  
7
パプリカ ―色素で健康効果を発揮 , 単著, 元気ライフ9月号 Vol.30 上毛新聞社, 2018年09月, ,  
8
キャベツ ―生で食べることが大切 ~イソチオシアナートとビタミンU~ , 単著, 元気ライフ8月号 Vol.17 上毛新聞社, 2017年08月, ,  
9
日本食およびその素材の健康機能性開発 , 分担執筆, シーエムシー出版, 2016年09月, 第11章 漬物, 9784781311579 
10
漬物の機能性と健康効果 , 単著, 日本食糧新聞,p19, 2016年, ,  
11
わかりやすい食品の基礎と機能性分析法 , 分担執筆, アイケイコーポレーション, 2015年03月, 糖質の定量、無機成分の定量、食塩の定量、アミノ酸の分析を担当,  
12
食品加工学と実習と実験 , 分担執筆, 光生館, 2013年03月, 豆腐・納豆、コンニャク, たくあん漬・キムチ、かまぼこ、梅酒・ノンアルコールビール,  
13
食品加工学概論 , 分担執筆, 同文書院, 2009年04月, 第13章「食品の貯蔵と保存」, 9784810314304 
14
伝統食品の事典 , 分担執筆, 朝倉書店, 2007年10月, II章3.7.1 「たくあん漬け」,  
15
改訂わかりやすい基礎食品分析法 , 分担執筆, アイ・ケイコーポレーション, 2007年02月, 「食塩の定量」「食品成分の液体クロマトグラフィー分析」, 9784874921890 
16
わかりやすい基礎食品分析法 , 共著 / 分担執筆, アイ・ケイコーポレーション, 2004年, , 4874921892 
17
キラキラわくわく化学 , 分担執筆, 上毛新聞, 2003年08月, 第5章 化学と生命の接点 ダイコンおろしはなぜ辛い?,  

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
Metabolism of glutamic acid to alanine, proline, and γ-aminobutyric acid during takuan-zuke processing of radish root. , Journal of food science, ,   , 2021年01月12日, https://doi.org/10.1111/1750-3841.15567 
2
Low pH Enhances the Glucosinolate-Mediated Yellowing of Takuan-zuke under Low Salt Conditions. , Foods (Basel, Switzerland), 9( 11),  , 2020年10月23日, https://doi.org/10.3390/foods9111524 
3
たくあん漬けの科学と血圧上昇抑制効果 , 全漬検漬物技術, ( 32), 19- 20, 2019年12月,  
4
Salted Radish Root Biology during Food Processing , Root Biology - Growth, Physiology, and Functions, ,   , 2019年11月20日, https://doi.org/10.5772/intechopen.88240 
5
Salted Radish Root Biology during Food Processing , Root Biology Growth, Physiology, and Function, ,  83- 98, 2019年11月,  
6
Protein components of water extracts from fruiting bodies of the reishi mushroom Ganoderma lucidum contribute to the production of functional molecules. , Journal of the science of food and agriculture, 99( 2), 529- 535, 2019年01月, https://doi.org/10.1002/jsfa.9211 
7
Determination of 2-Thioxo-3-pyrrolidinecarbaldehyde in Salted Radish Root (Takuan-zuke) by High-Performance Liquid Chromatography with Fluorescence Detection after Pre-Column Derivatization Using 4-(N,N-dimethylaminosulfonyl)-7-hydrazino-2,1,3-benzoxadiaz , SEPARATIONS, 4( 4),  , 2017年11月, https://doi.org/10.3390/separations4040035 
8
The salted radish takuan-zuke shows antihypertension effects in spontaneously hypertensive rats , FOOD & FUNCTION, 8( 10), 3491- 3500, 2017年10月, https://doi.org/10.1039/c7fo00890b 
9
Nutritional content and health benefits of sun-dried and salt-aged radish (takuan-zuke). , Food chemistry, 231,  33- 41, 2017年09月15日, https://doi.org/10.1016/j.foodchem.2017.03.096 
10
Nutritional content and health benefits of sun-dried and salt-aged radish (takuan-zuke) , FOOD CHEMISTRY, 231,  33- 41, 2017年09月, 10.1016/j.foodchem.2017.03.096 
11
「漬物と塩」漬物の健康有益性 , 日本海水学会誌, 71( 4), 246‐251- 251, 2017年08月, https://doi.org/10.11457/swsj.71.4_246 
12
タクアン漬けの血圧上昇抑制作用およびその作用機序の解析 , 浦上財団研究報告書, 24,  25‐31- , 2017年03月,  
13
タクアン漬けの黄変化と光退色の化学 , 日本調理科学会誌, 50( 1), 30- 34, 2017年02月,  
14
カリンおよびマルメロエキスゼリーの着色と食味特性の評価 , 日本調理科学会大会研究発表要旨集, 29,  95- 95, 2017年, https://doi.org/10.11402/ajscs.29.0_95 
15
漬物の健康有益性 , 日本海水学会誌, 71( 4), 246- 251, 2017年,  
16
アブラナ科野菜漬物(カブ,ハクサイ)のイソチオシアネート生成に関する塩化ナトリウム(NaCl)およびアスコルビン酸の影響 , 日本調理科学会誌, 49( 2), 138- 146, 2016年04月, https://doi.org/10.11402/cookeryscience.49.138 
17
たくあん漬け製造時におけるγ-アミノ酪酸とグルタミン酸脱炭酸酵素活性の解析 , 日本食品科学工学会誌, 62( 10), 492- 500, 2015年10月, https://doi.org/10.3136/nskkk.62.492 
18
Generation of the antioxidant yellow pigment derived from 4-methylthio-3-butenyl isothiocyanate in salted radish roots (takuan-zuke) , BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 79( 9), 1512- 1517, 2015年09月, https://doi.org/10.1080/09168451.2015.1032881 
19
タクアン,ダイコン漬の黄色色素の化学と機能性について , 全漬検漬物技術, ( 26), 28- 38, 2013年07月,  
20
塩蔵ダイコンの抗変異原性物質の同定と定量解析 , 日本食品科学工学会誌, 60( 3), 117- 124, 2013年03月, https://doi.org/10.3136/nskkk.60.117 
21
ミロシナーゼ活性に対する食塩の影響とアブラナ科野菜の漬物加工への応用 , ソルト・サイエンス研究財団助成研究報告集 2 医学 食品科学編, 2011,  237- 246, 2013年03月,  
22
担子菌バイリング(Pleurotus eryngii var. touliensis)の嗜好特性 , 日本食品科学工学会誌, 59( 3), 153- 160, 2012年03月, https://doi.org/10.3136/nskkk.59.153 
23
Pesticide Residues in Pre-shipment Agricultural Products Grown in Gunma Prefecture , 医学と生物学, 155( 5), 249- 260, 2011年05月,  
24
Changes with time in sorbic acid used for precision management , 医学と生物学, 154( 9), 402- 413, 2010年04月,  
25
タクアン漬けの鮮黄色色素と光化学 , フードリサーチ, ( 657), 22- 25, 2010年03月,  
26
デジタル塩分計による調理品の食塩濃度測定上の留意点 , 高崎健康福祉大学紀要, ( 8), 15- 24, 2009年03月31日,  
27
Quantitative Analysis of Yellow Pigment in Takuan-zuke and Their ABTS Radical Cation Scavenging Activity , FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH, 15( 3), 337- 342, 2009年03月, https://doi.org/10.3136/fstr.15.337 
28
Photoisomerization of 2-[3-(2-thioxopyrrolidin-3-ylidene)methyl]-tryptophan, a yellow pigment in salted radish roots , BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 72( 9), 2262- 2268, 2008年09月, https://doi.org/10.1271/bbb.80092 
29
90日間亜慢性投与毒性試験及び遺伝毒性試験によるエノキタケ抽出物(キトグルカン)の安全性解析 , 応用薬理, 75( 1), 25- 31, 2008年08月29日,  
30
Characterization of antimutagenic mechanism of 3-allyl-5-substituted 2-thiohydantoins against 2-amino-3-methylimidazo[4,5-f]quinoline , Food and Chemical Toxicology, 43( 4), 521- 528, 2005年, https://doi.org/10.1016/j.fct.2004.12.005 
31
加工食品中における2-チオヒダントイン化合物の存在 , 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology, 52( 12), 610- 614, 2005年, https://doi.org/10.3136/nskkk.52.610 
32
Antimutagenicity of 3-allyl-5-substituted 2-thiohydantoins derived from allyl isothiocyanate and amino acids in Salmonella assay. , Environmental Mutagen Research, 26( 1), 1- 8, 2004年05月, https://doi.org/10.3123/jems.26.1 
33
タクアン漬けの黄色色素発現の科学 , フードリサーチ, ( 581), 16- 19, 2003年11月01日,  
34
2-[3-(2-thioxopyrrolidin-3-ylidene)methyl]-tryptophan, a novel yellow pigment in salted radish roots , BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 66( 7), 1450- 1454, 2002年07月, https://doi.org/10.1271/bbb.66.1450 
35
液体培地中における4-メチルチオ-3-ブテニルイソチオシアナートの抗菌作用に関する研究 , 群馬女子短期大学紀要, ( 25), 89- 95, 1999年12月,  
36
液体培地中における4-メチルチオ-3-ブテニルイソチオシアナートの抗菌作用に関する研究 , 群馬女子短期大学紀要, ( 25), 89- 95, 1999年12月,  
37
Antimicrobial activity of 3-substituted thioxopyrrolidines , Biocontrol Science, 4( 2), 101- 104, 1999年09月20日, https://doi.org/10.4265/bio.4.101 
38
ω‐アルケニル及びのω‐メチルチオアルキルイソチオシアナートの抗菌作用 , 防菌防黴, 27( 2), 81- 87, 1999年02月,  
39
Occurrence of stereoisomers of 1-(2'-pyrrolidinethione-3'-yl)-1,2,3,4-tetrahydro-beta-carboline-3-carboxylic acid in fermented radish roots and their different mutagenic properties , BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 63( 1), 216- 219, 1999年01月, https://doi.org/10.1271/bbb.63.216 
40
Antimutagenic properties of 3,5-disubstituted 2-thiohydantoins , JOURNAL OF AGRICULTURAL AND FOOD CHEMISTRY, 46( 12), 5037- 5042, 1998年12月, https://doi.org/10.1021/jf980430x 
41
Generation of biologically active products from (E, Z)-4-methylthio-3-butenyl isothiocyanate, the pungent principle of radish (Raphanus sativus L.). , Recent Res. Devel. in Agricultural & Biological Chem, ,  207- 224, 1998年07月,  
42
Generation of biologically active products from (E, Z)-4-methylthio-3-butenyl isothiocyanate, the pungent principle of radish (Raphanus satives L. ). , Recent Res. Devel. in Agricultural & Biological Chem, ,  207- 224, 1998年07月,  
43
Formation of raphanusanins depends on extraction procedure and solvent , Phytochemistry, 47( 6), 975- 977, 1998年03月, https://doi.org/10.1016/s0031-9422(98)80056-3 
44
Formation of thioxopyrrolidines and dithiocarbamates from 4-methylthio-3-butenyl isothiocyanates, the pungent principle of radish, in aqueous media , BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 61( 12), 2109- 2112, 1997年12月, https://doi.org/10.1271/bbb.61.2109 
45
Antimicrobial action of 2-thioxo-3-pyrrolidinecarbaldehyde, a major thiolactam compound generating from pungent principle of radish in an aqueous medium. , Food Sci. and Technol. Int. Tokyo, 3( 4), 353- 356, 1997年04月, https://doi.org/10.3136/fsti9596t9798.3.353 
46
ダイコン芥子油およびその関連化合物の抗菌活性 , 東京農工大学連合大学院, ,   , 1997年03月,  
47
Easy preparation method for 2-thioxopyrrolidine derivatives including 3-hydroxy-methylene-2-thioxopyrrolidine, an antimicrobial degradation product of radish pungent principle, via (E,Z)-4-methoxy-3-butenyl isothiocyanate , BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 60( 5), 914- 915, 1996年05月, https://doi.org/10.1271/bbb.60.914 
48
大根の芥子油及びその水溶性分解生成物の抗菌活性に関する研究 , 宇都宮大学大学院修士論文, ,   , 1994年03月,  
49
Antimicrobial Activity of Water-soluble Products Derived from Radish Mustard Oil and Identification of an Active Component therein. , 日本食品科学工学会誌, 40( 11), 801- 806, 1993年11月, https://doi.org/10.3136/nskkk1962.40.801 
50
Stability and antimicrobial property of 4-methylthio-3-butenylisothiocyanate, the pungent principle in radish , 日本食品科学工学会誌, 40( 10), 743- 746, 1993年10月, https://doi.org/10.3136/nskkk1962.40.743 

 

MISC
No.MISCタイトル URL, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日) 
1
マンネンタケ(Ganoderma lucidum)子実体からのβ1,3-グルカナーゼ遺伝子のクローニング , 日本きのこ学会大会講演要旨集, 20th,   , 2016年 
2
マンネンタケ(Ganoderma lucidum)菌糸体からのグルタミン酸プロテアーゼ遺伝子のクローニング , 日本きのこ学会大会講演要旨集, 19th,   , 2015年 
3
香辛野菜、夏に食べるとどうしていい? : 松岡寛樹先生に聞く (夏! 香辛野菜が主役) , 現代農業, 92( 8), 104- 108, 2013年08月 
4
マンネンタケ(Ganoderma lucidum)乾燥子実体水抽出物に含まれるアンギオテンシン変換酵素阻害成分 , 日本きのこ学会大会講演要旨集, 17th,   , 2013年 

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル, 会議名, 発表年月日, 主催者, 開催地 
1
ダイコンイソチオシアネートに由来するタクアン漬け黄色色素中間体の分析法, 群馬県分析研究会, 2020年12月04日, ,  
2
日本最古の加工食品、漬物の科学, 高崎健康福祉大学公開講座, 2020年02月08日, ,  
3
浅漬けの機能性成分に関する研究, 第44回群馬県分析研究会研究発表会, 2020年02月07日, ,  
4
マンネンタケ菌株間におけるβ-1,3-グルカナーゼ遺伝子の解析, 日本きのこ学会第23回, 2019年09月06日, ,  
5
漬物加工におけるダイコンのオミックス解析, 日本食品科学工学会, 2019年08月30日, ,  
6
タクアン漬けの科学と血圧上昇抑制効果, 第28回漬物技術研究セミナー, 2019年02月23日, ,  
7
タクアン漬けにおける黄変化反応の最適化に関する研究, 日本食品科学工学会大会講演集, 2018年08月22日, ,  
8
タクアン漬けにおける機能性成分産生機構の解析, 日本食品科学工学会大会講演集, 2018年08月22日, ,  
9
ダイコンイソチオシアナートに由来するタクアン漬け黄色色素中間体の分析と抗酸化活性, 日本食品科学工学会大会講演集, 2017年08月28日, ,  
10
マンネンタケにおけるグルタミン酸プロテアーゼ遺伝子の発現解析, 日本きのこ学会大会講演要旨集, 2017年08月25日, ,  
11
タクアン漬けの化学と機能性について, 株式会社新進 開発研修者育成研修会, 2017年03月08日, ,  
12
カリンおよびマルメロエキスゼリーの着色と食味特性の評価, 大会研究発表要旨集, 2017年, ,  
13
マンネンタケ(Ganoderma lucidum)子実体からのβ1,3‐グルカナーゼ遺伝子のクローニング, 日本きのこ学会大会講演要旨集, 2016年08月30日, ,  
14
タクアン漬けにおける黄変化反応の最適化と黄色色素関連物質の抗酸化特性, 日本食品科学工学会大会講演集, 2016年08月25日, ,  
15
大豆米糠発酵物(OE‐1)の血糖上昇抑制における活性物質の解析, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016年03月05日, ,  
16
デジタル塩分計による味噌汁の塩分測定における留意点, 大会研究発表要旨集, 2016年, ,  
17
かりんあめの着色と食味特性におよぼす糖質系甘味料の影響, 日本調理科学会大会研究発表要旨集, 2016年, ,  
18
マンネンタケ(Ganoderma lucidum)菌糸体からのグルタミン酸プロテアーゼ遺伝子のクローニング, 日本きのこ学会大会講演要旨集, 2015年08月30日, ,  
19
タクアン漬けのGABA蓄積ならびに黄変化反応の最適化と食塩感受性高血圧ラットにおける降圧効果, 日本食品科学工学会大会講演集, 2015年08月27日, ,  
20
微生物による米糠発酵抽出物の抗酸化活性増強効果, 日本食品科学工学会大会講演集, 2015年08月27日, ,  
21
タクアン漬けの黄変化の化学と機能性について, 平成26年度愛知県漬物技術研究会, 2015年01月29日, ,  
22
タクアン漬けのγ‐アミノ酪酸富化技術と高血圧モデルラットによる血圧上昇抑制作用, 日本食品科学工学会大会講演集, 2014年08月28日, ,  
23
発酵麻竹(メンマ)に含まれる抗変異原性ならびに抗酸化性物質の精製と解析, 日本食品科学工学会大会講演集, 2014年08月28日, ,  
24
国産クルミおよび輸入クルミの各種消化酵素に対する影響, 日本食品科学工学会大会講演集, 2014年08月28日, ,  
25
タクアン漬製造におけるダイコン辛味関連物質の脱水ストレス応答, 日本食品科学工学会大会講演集, 2014年08月28日, ,  
26
アブラナ科野菜漬物のイソチオシアナート生成に関するNaCl濃度の影響, 大会研究発表要旨集, 2014年, ,  
27
白いダイコンと黄色いタクアン漬けの科学, ダイコンサミット2013, 2013年12月21日, ,  
28
マンネンタケ(Ganoderma lucidum)乾燥子実体水抽出物に含まれるアンギオテンシン変換酵素阻害成分, 日本きのこ学会大会講演要旨集, 2013年09月01日, ,  
29
乾燥ならびに塩ストレス下におけるダイコン辛味関連成分の動態, 日本食品科学工学会大会講演集, 2013年08月29日, ,  
30
タクアン、ダイコン漬の黄色色素の化学と機能性について, 第22回漬物技術研究セミナー, 2013年03月19日, ,  
31
タクアン、ダイコン漬の黄色色素の化学と機能性について, 第22回漬物技術研究セミナー, 2013年03月, ,  
32
蜜源の異なるはちみつの甘味度および香気成分が嗜好性に及ぼす影響, 日本食品科学工学会大会講演集, 2012年08月29日, ,  
33
塩蔵ダイコンの栄養・機能性成分のメタボローム解析, 日本食品科学工学会大会講演集, 2011年09月09日, ,  
34
発酵麻竹の抗変異原性および抗酸化性に関する研究, 日本食品科学工学会大会講演集, 2011年09月09日, ,  
35
アブラナ科野菜漬物のイソチオシアナート生成に及ぼすアスコルビン酸の影響, 日本調理科学会大会研究発表要旨集, 2011年08月, ,  
36
In vitroにおけるミロシナーゼ活性に対するミネラルの影響, 大会研究発表要旨集, 2011年, ,  
37
蜜源の異なるはちみつの甘味度と嗜好性, 大会研究発表要旨集, 2011年, ,  
38
アブラナ科野菜漬物のイソチオシアナート生成に及ぼすアスコルビン酸の影響, 大会研究発表要旨集, 2011年, ,  
39
塩蔵ダイコンの黄色色素発現と光退色技術に関する研究, 日本食品科学工学会大会講演集, 2010年09月01日, ,  
40
発酵麻竹の抗変異原性に関する研究, 日本食品科学工学会大会講演集, 2010年09月01日, ,  
41
乾燥ストレス下におけるダイコン品質成分の消長, 日本食品科学工学会大会講演集, 2010年09月01日, ,  
42
担子菌バイリング(Pleurotus nebrodensis)の嗜好特性, 日本食品科学工学会大会講演集, 2010年09月, ,  
43
鮮黄色化した塩蔵ダイコンの光劣化防止技術に関する研究, 日本食品科学工学会大会講演集, 2009年09月10日, ,  
44
90日間亜慢性投与毒性試験及び遺伝毒性試験によるエノキタケ抽出物(キトグルカン)の安全性解析, 日本きのこ学会大会講演要旨集, 2008年09月05日, ,  
45
群馬県産農産物の機能性に関する研究, 日本食品科学工学会大会講演集, 2008年09月05日, ,  
46
塩蔵ダイコン中の抗変異原性を有する脂肪酸の解析と各種塩蔵条件下における消長について, 日本食品科学工学会大会講演集, 2008年09月05日, ,  
47
Ames試験およびUmu試験を用いた食品の変異原性・抗変異原性試験, 日本食品科学工学会大会講演集, 2007年09月06日, ,  
48
塩蔵ダイコンにおける抗変異原性に関する研究, 日本食品科学工学会大会講演集, 2007年09月06日, ,  
49
ヒメマツタケ(CJ‐01)子実体およびその熱水抽出物の安全性試験結果について, 日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM), 2006年, ,  
50
切干大根加工品の調理加工特性, 日本食品科学工学会大会講演集, 2003年09月11日, ,  
51
芥子油とアミノ酸に由来するチオヒダントイン化合物のCYP1A活性阻害, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2003年03月05日, ,  
52
イソチオシアナートに由来するタクアン黄色色素の光安定性, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2003年03月05日, ,  
53
群馬県産の山菜並びに山野草の抗変異原性活性, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2002年03月05日, ,  
54
芥子油とアミノ酸に由来するチオヒダントイン化合物の抗変異原性作用機構, 日本食品科学工学会大会講演集, 2001年09月11日, ,  
55
グルコシノレートに由来するタクアン黄色色素の安定性と生理活性, 日本食品科学工学会大会講演集, 2001年09月11日, ,  
56
塩漬けダイコンの黄色色素の単離と生理活性, 日本食品科学工学会大会講演集, 2000年03月28日, ,  
57
芥子油とアミノ酸に由来するチオヒダントイン化合物の生成条件と漬物調味液における生成, 日本食品科学工学会大会講演集, 1998年08月, ,  
58
アブラナ科野菜に生成する辛味成分の抗菌作用, 日本食品科学工学会大会講演集, 1997年, ,  
59
芥子油からのチオラクタム化合物の誘導と抗菌活性 : 食品, 日本農芸化学会誌, 1996年07月, 日本食品科学工学会,  
60
ω‐メチルチオアルキル芥子油の安定性及び抗菌活性, 日本食品科学工学会大会講演集, 1995年, ,  
61
大根芥子油に由来するチオキソピロリジン誘導体の安定性及び抗菌活性, 日本食品科学工学会大会講演集, 1995年, ,  
62
ダイコンの芥子油の分解により生成する抗菌物質, 日本食品工業学会大会講演集, 1992年, ,  

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, (対象業績)タイトル 
1
2019年11月, 一般社団法人全国栄養士養成施設協会, 会長顕彰, 栄養士・管理栄養士養成施設教員顕彰 

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.提供機関, 制度名, 課題名等, 資金種別, 研究期間 
1
, 東和食品研究振興会研究助成金, 漬物摂取がラットの血圧および腎・肝機能に及ぼす影響, 競争的資金,  2016年05月 - 2017年03月 
2
, 浦上食品・食文化振興財団研究助成, タクアン漬けの血圧上昇抑制作用およびその作用機序の解析, 競争的資金,  2014年 - 2015年03月 
3
向科学技術振興財団, 向科学技術振興財団研究助成, 米糠発酵による抗酸化機能亢進効果とその抗酸化成分の分離法の確立, ,  2012年 - 現在 
4
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), イソチオシアナート由来チオヒダントインの抗酸化活性および生体内変化に関する研究, ,  2011年 - 2012年 
5
, ソルトサイエンス研究助成, ミロシナーゼ活性に対する食塩の影響とアブラナ科野菜の漬物加工への応用, 競争的資金,  2011年 - 現在 
6
大生工業, 奨学寄付金研究, 米糠発酵による抗酸化機能亢進効果とその抗酸化成分の分離法の確立, 産学連携による資金,  2011年 - 現在 
7
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 真空調理過程における食中毒起因菌の消長と分子疫学的検討, ,  2010年 - 2012年 
8
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 塩蔵ダイコンの黄変化制御による品質保持技術ならびに食品機能に関する研究, 競争的資金,  2008年 - 2010年 
9
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), チオヒダントインの化学構造と抗変異原性との関連および新たな生体調節機能の探索, ,  2007年 - 2008年 

 

産業財産権
No.産業財産権の種類, 産業財産権の名称, 出願番号, 出願日, 特許番号/登録番号, 登録日, 発行日 
1
特許権 , 食用粉の製造方法, 3177842, 2001年04月, ,  ,   
2
特許権 , 食用粉の製造方法, 特願2000-024302, 2000年02月01日, 特許第3177842号,  , 2001年04月13日