高崎健康福祉大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

高崎健康福祉大学
ホームページ

山際 教之 (ヤマギワ ノリユキ,YAMAGIWA Noriyuki)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

書籍等出版物
No.タイトル URL, 担当区分, 出版社, 出版年月, 担当範囲, ISBN 
1
有機合成のための触媒反応103 , 分担執筆, 東京化学同人, 2004年04月, ヘンリー反応,  

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
Amidation of α-Amino Acids Using Dichloro(methyl)(3,3,3-trifluoropropyl)silane and Imidazole without Conventional Protection and Deprotection of α-Amino Group , Synlett, 33( 15), 1563- 1569, 2022年09月, https://doi.org/10.1055/a-1865-1792 
2
Synthesis and Evaluation of Quinone Derivatives for Activity against <i>Trypanosome cruzi</i> , Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 69( 12), 1195- 1199, 2021年12月01日, https://doi.org/10.1248/cpb.c21-00732 
3
Effects of the Cytoplasm and Mitochondrial Specific Hydroxyl Radical Scavengers TA293 and mitoTA293 in Bleomycin-Induced Pulmonary Fibrosis Model Mice , Antioxidants, 10( 9), 1398- 1398, 2021年08月31日, https://doi.org/10.3390/antiox10091398 
4
Production of ROS by Gallic Acid Activates KDM2A to Reduce rRNA Transcription , Cells, 9( 10), 2266- 2266, 2020年10月10日, https://doi.org/10.3390/cells9102266 
5
Acidic Solvent-free Removal of Amine-protecting Diphenylmethyl Groups in the Presence of Camphorsulfonic Acid , CHEMISTRY LETTERS, 46( 10), 1456- 1458, 2017年10月, https://doi.org/10.1246/cl.170604 
6
Asymmetric Synthesis of CP-99,994 by the Ring-Expanding Amination of Mono-substituted Prolinols , Chemistry Letters, 45( 1), 56- 58, 2016年01月, https://doi.org/10.1246/cl.150940 
7
Synthesis and biological evaluation of quinones derived from natural product komaroviquinone as anti-Trypanosoma cruzi agents , BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 25( 15), 2967- 2971, 2015年08月, https://doi.org/10.1016/j.bmcl.2015.05.022 
8
A short and efficient asymmetric synthesis of komaroviquinone , TETRAHEDRON LETTERS, 51( 48), 6329- 6330, 2010年12月, https://doi.org/10.1016/j.tetlet.2010.09.110 
9
JmjC enzyme KDM2A is a regulator of rRNA transcription in response to starvation , EMBO JOURNAL, 29( 9), 1510- 1522, 2010年05月, https://doi.org/10.1038/emboj.2010.56 
10
Mixed La-Li heterobimetallic complexes for tertiary nitroaldol resolution , TETRAHEDRON, 65( 26), 5030- 5036, 2009年06月, https://doi.org/10.1016/j.tet.2009.02.031 
11
Pd-catalyzed oxidative amidation of aldehydes with hydrogen peroxide , TETRAHEDRON LETTERS, 49( 40), 5732- 5735, 2008年09月, https://doi.org/10.1016/j.tetlet.2008.07.075 
12
Catalytic asymmetric epoxidation of alpha,beta-unsaturated phosphane oxides with a Y(O-iPr)3/biphenyldiol complex , CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 3( 8-9), 1500- 1504, 2008年, https://doi.org/10.1002/asia.200800035 
13
Activation and Utilization of Carbon Dioxide , 高崎健康福祉大学紀要, 7,  199- 209, 2008年,  
14
Convenient method for the addition of disulfides to alkenes , BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 17( 22), 6197- 6201, 2007年11月, https://doi.org/10.1016/j.bmcl.2007.09.021 
15
Cyclopentyl methyl ether as a new and alternative process solvent , ORGANIC PROCESS RESEARCH & DEVELOPMENT, 11( 2), 251- 258, 2007年03月, https://doi.org/10.1021/op0680136 
16
Bismuth-catalyzed direct substitution of the hydroxy group in alcohols with sulfonamides, carbamates, and carboxamides , ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 46( 3), 409- 413, 2007年, https://doi.org/10.1002/anie.200602909 
17
Bismuth- and hafnium-catalyzed hydroamination of vinyl arenes with sulfonamides, carbamates, and carboxamides , CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 2( 1), 150- 154, 2007年, https://doi.org/10.1002/asia.200600284 
18
syn-selective direct catalytic asymmetric Mannich-type reactions of aromatic and heteroaromatic hydroxy ketones promoted by Y[N(SiMe3)(2)](3)/linked-BINOL complexes , BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 79( 12), 1906- 1912, 2006年12月, https://doi.org/10.1246/bcsj.79.1906 
19
Hydroxylamine , Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis, ,   , 2006年09月15日, https://doi.org/10.1002/047084289x.rh057.pub2 
20
Mixed La-Li heterobimetallic complexes for tertiary nitroaldol resolution , JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 128( 36), 11776- 11777, 2006年09月, https://doi.org/10.1021/ja064858l 
21
Catalytic Asymmetric Epoxidation of α,β-Unsaturated N-Acylpyrroles as Monodentate and Activated Ester Equivalent Acceptors , Tetrahedron, 62( 28), 6630- 6639, 2006年07月, https://doi.org/10.1016/j.tet.2005.12.074 
22
Bismuth-catalyzed intermolecular hydroamination of 1,3-dienes with carbamates, sulfonamides, and carboxamides , JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 128( 5), 1611- 1614, 2006年02月, https://doi.org/10.1021/ja056112d 
23
Catalytic asymmetric cyano-phosphorylation of aldehydes using a YLi(3)tris(binaphthoxide) complex (YLB) , TETRAHEDRON-ASYMMETRY, 17( 4), 566- 573, 2006年02月, https://doi.org/10.1016/j.tetasy.2005.12.038 
24
syn-selective direct catalytic asymmetric Mannich-type reactions of hydroxyketones using Y{N(SiMe3)(2)}(3)/linked-BINOL complexes , ORGANIC LETTERS, 7( 23), 5339- 5342, 2005年11月, https://doi.org/10.1021/ol052384+ 
25
Lewis acid-Lewis acid heterobimetallic cooperative catalysis: Mechanistic studies and application in enantioselective aza-Michael reaction , JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 127( 38), 13419- 13427, 2005年09月, https://doi.org/10.1021/ja054066b 
26
Catalytic asymmetric cyano-ethoxycarbonylation reaction of aldehydes using a YLi(3)Tris(binaphthoxide) (YLB) complex: Mechanism and roles of achiral additives , JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 127( 10), 3413- 3422, 2005年03月, https://doi.org/10.1021/ja042887v 
27
Catalytic asymmetric cyano-phosphorylation of aldehydes promoted by heterobimetallic YLi(3)tris(binaphthoxide) (YLB) complex , SYNLETT, ( 13), 2434- 2436, 2004年11月, https://doi.org/10.1055/s-2004-832821 
28
Mechanistic studies of a reaction promoted by the [YLi3{triS(binaphthoxide)}] complex: Are three 1,1 '-Bi-2-naphthol units in a rare-earth-alkali-metal heterobimetallic complex necessary? , ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 43( 34), 4493- 4497, 2004年, https://doi.org/10.1002/anie.200454202 
29
Heterobimetallic catalysis in asymmetric 1,4-addition of O-alkylhydroxylamine to enones , JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 125( 52), 16178- 16179, 2003年12月, https://doi.org/10.1021/ja038688d 
30
Efficient two-step conversion of alpha,beta-unsaturated aldehydes to optically active gamma-oxy-alpha,beta-unsaturated nitriles and its application to the total synthesis of (+)-patulolide C , ORGANIC LETTERS, 5( 17), 3021- 3024, 2003年08月, https://doi.org/10.1021/ol034944f 
31
An Asymmetric Cyanation Reaction and Sequential Asymmetric Cyanation-Nitroaldol Reaction Using a [YLi3{tris(binaphthoxide)}] Single Catalyst Component: Catalyst Tuning with Achiral Additives , Angew. Chem., Int. Ed., 41( 19), 3636- 3638, 2002年10月, https://doi.org/10.1002/1521-3773(20021004)41:19<3636::AID-ANIE3636>3.0.CO;2-B 
32
Catalytic asymmetric aldol reaction of ketones and aldehydes using chiral calcium alkoxides , TETRAHEDRON LETTERS, 42( 28), 4669- 4671, 2001年07月, https://doi.org/10.1016/S0040-4039(01)00819-X 

 

MISC
No.MISCタイトル URL, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日) 
1
Tofacitinib合成中間体の立体選択的合成法の検討 , 日本薬学会年会要旨集, 138年会( 2), 174- 174, 2018年03月 
2
天然物コマロビキノン及び関連化合物の骨髄腫細胞に対する抗腫瘍活性の評価 , 日本薬学会年会要旨集, 138年会( 2), 189- 189, 2018年03月 
3
直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸のウシ脳カルシニューリン活性に対する影響 , 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 89回,  [2P- 186], 2016年09月 
4
直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸のプロテインホスファターゼ活性に対する影響 , 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回,  [3P0515]- [3P0515], 2015年12月 
5
シャーガス病治療薬の開発を志向したキノン誘導体の合成と活性評価 , 日本薬学会年会要旨集, 135年会( 2), 245- 245, 2015年03月 
6
アルキルベンゼンスルホン酸によるプロテインホスファターゼ1&alpha;活性への阻害作用の研究 , 北関東医学, 65( 1), 53- 59, 2015年 
7
マイトジェン刺激したJurkat T細胞のサイトカイン産生に対するアルキルベンゼンスルホン酸の効果 , 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 87回,  [4P- 181], 2014年10月 
8
リン原子のリサイクル : 触媒的Wittig反応の開発(A 化学系薬学) , ファルマシア, 46( 4), 354- 355, 2010年 
9
N-アシルピロールの特性を活用した触媒的不斉反応の開発 , 反応と合成の進歩シンポジウム 発表要旨概要, 31( 0), 162- 162, 2005年 
10
希土類複核錯体触媒を用いたO-メチルヒドロキシルアミンの不斉共役付加反応 , 希土類 = Rare earths, 44,  214- 215, 2004年05月13日 
11
有機金属反応剤ハンドブック _3Liから_<83>Biまで, 玉尾皓平編, 化学同人, B5変型, 272頁, 5,250円 , ファルマシア, 40( 1), 26- 26, 2004年 
12
ノーベル賞化学者 野依良治博士 学問と創造, 大嶌幸一郎,北村雅人編, 化学同人, A5, 266頁, 2,625円 , ファルマシア, 38( 9), 892- 892, 2002年 

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル, 会議名, 発表年月日, 主催者, 開催地 
1
薬学と有機化学における専門用語の発音を含む学習指導が学生にもたらす効果の調査, 第7回日本薬学教育学会大会, 2022年08月20日, ,  
2
へキシルシランを用いる無保護アミノ酸のアミド化, 日本薬学会第142年会, 2022年03月27日, ,  
3
薬学・有機化学における専門英語の発音を含む学習指導が学生にもたらす効果の調査, 日本薬学会第142年会, 2022年03月26日, ,  
4
グアニジノ基を持つ二点認識型ホスト化合物の設計と合成, 日本薬学会第 141 回年会, 2021年03月29日, ,  
5
ジクロロ(メチル)(3,3,3-トリフルオロプロピル)シランを用いる無保護アミノ酸のアミド化, 日本薬学会第 141 回年会, 2021年03月27日, ,  
6
ChemDraw®の自動命名機能を利用した,有機化合物の命名法の学習指導, 第 5 回日本薬学教育学会大会, 2020年09月12日, ,  
7
CSAを用いたジフェニルメチル基の除去反応における反応機構の調査と汎用性の調査, 日本薬学会第140回年会, 2020年03月28日, ,  
8
3,3,3-トリフルオロピルビン酸エステル触媒を用いるエポキシ化, 日本薬学会第140回年会, 2020年03月28日, ,  
9
3,8-ジアザビシクロ[3,2,1]オクタン骨格を有する新規オキサトミド誘導体の位置制御的合成法の検討, 日本薬学会第140回年会, 2020年03月28日, ,  
10
ヘキサフルオロアセトン三水和物を用いる位置選択的エポキシ化, 日本薬学会第140回年会, 2020年03月28日, ,  
11
オキサトミド誘導体のヒトP2X7受容体阻害作用, 日本薬学会第140回年会, 2020年03月27日, ,  
12
P2X7受容体阻害作用を有する新規インドール置換型オキサトミド誘導体の設計と合成, 日本薬学会第140回年会, 2020年03月26日, ,  
13
新規二点認識型ホスト化合物の設計と合成、および、ジカルボン酸の選択的認識能の調査, 日本薬学会第140回年会, 2020年03月26日, ,  
14
薬学学生の学修支援に向けた取り組み ―主要講義科目の講義資料収集と開示について―, 第4回日本薬学教育学会大会, 2019年08月24日, ,  
15
高崎健康福祉大学でのFD活動の取り組み;教員による講義の相互参観と授業;評価―, 日本薬学会第 139 年会, 2019年03月21日, ,  
16
高崎健康福祉大学での FD 活動の取り組み ―教員による講義の相互参観と授業評価―, 第 3 回日本薬学教育学会大会, 2018年09月01日, ,  
17
Tofacitinib合成中間体の立体選択的合成法の検討, 日本薬学会第 138 年会, 2018年03月27日, ,  
18
天然物コマロビキノン及び関連化合物の骨髄腫細胞に対する抗腫瘍活性の評価, 日本薬学会第 138 年会, 2018年03月27日, ,  
19
ジフェニルメチル保護基の除去条件の改良とその基質一般性に関する研究, 第61回日本薬学会関東支部大会, 2017年09月16日, ,  
20
国家試験の解析を通したよりよい学内演習問題の作成にむけた指標の具体化-問題形式および正答率からみる国家試験の傾向-, 第2回日本薬学教育学会大会, 2017年09月02日, ,  
21
Effect of the bovine brain calcineurin activity of linear alkylbenzene sulfonate, The 89th Annual Meeting of JBS, 2016年09月26日, ,  
22
共用試験に向けて学習した知識の忘却に関する調査, 第1回日本薬学教育学会大会, 2016年03月27日, ,  
23
モデル・コアカリキュラムと国家試験出題傾向の乖離についての検討, 第1回日本薬学教育学会大会, 2016年03月27日, ,  
24
環拡大転位反応による2,3-二置換ピペリジン骨格の合成, 日本薬学会第133回年会, 2013年03月30日, ,  
25
シンコナアルカロイド模倣有機分子触媒の設計と合成法の探索, 日本薬学会第132回年会, 2012年03月30日, ,  
26
Tackling infectious disease : Structural modification of komaroviquinone to develop novel therapeutic agents for Chagas’ Disease, 8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium AIMECS 11, Frontier of Medicinal Science, 2011年11月29日, ,  
27
シンコニジン模倣型分子触媒の探索と抗デングウイルス活性物質の合成研究, , 2011年11月09日, ,  
28
感染症への挑戦: 新規シャーガス病治療薬開発に向けた創薬支援, 第29回メディシナルケミストリーシンポジュウム, 2010年11月17日, ,  
29
Komaroviquinoneとその誘導体の効率的な合成法の開発, 日本薬学会第130回年会, 2010年03月28日, ,  
30
過酸化水素を酸化剤とするアルデヒドの酸化的アミド化反応, 日本薬学会第129回年会, 2009年03月26日, ,  
31
新規プロセス溶剤シクロペンチルメチルエーテル(CPME), 第16回ポリマー材料フォーラム, 2008年11月27日, ,  
32
グリーンサスティナブルケミストリー(GSC)を指向した新規エーテル系溶剤シクロペンチルメチルエーテル(CPME), 第40回酸化反応討論会, 2008年11月18日, ,  
33
触媒的アミド化反応の新展開, 第52回日本薬学会関東支部大会, 2008年10月04日, ,  
34
鉄塩触媒反応の探索, 第52回日本薬学会関東支部大会, 2008年10月04日, ,  
35
CPMEを用いる合成反応の刷新, 第52回日本薬学会関東支部大会, 2008年10月04日, ,  
36
パラジウムを触媒としたアルデヒドの酸化的アミノ化反応の開発, 日本薬学会第128回年会, 2008年03月26日, ,  
37
CPMEを用いる有機合成反応, 第33回反応と合成のシンポジウム, 2007年11月05日, ,  
38
鉄触媒をもちいる炭素炭素二重結合へのジスルフィドの付加反応, 日本薬学会第127回年会, 2007年03月30日, ,  

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, (対象業績)タイトル 
1
2005年, 有機合成化学協会, カネカ研究企画賞, 新規機能複合型不斉触媒の開発 –ソフトな炭素炭素二重結合とハードな求核剤の同時活性化 

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.提供機関, 制度名, 課題名等, 資金種別, 研究期間 
1
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 環境汚染物質アルキルベンゼンスルホン酸の細胞性免疫に対する影響の基礎的研究, ,  2014年04月 - 2017年03月 
2
, , 反応有機化学, 競争的資金,