高崎健康福祉大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

高崎健康福祉大学
ホームページ

岡田 裕子 (オカダ ユウコ,OKADA Yuko)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
Sex Differences in the Blood Concentration of Tacrolimus in Systemic Lupus Erythematosus and Rheumatoid Arthritis Patients with CYP3A5*3/*3 , BIOCHEMICAL GENETICS, 55( 3), 268- 277, 2017年06月, https://doi.org/10.1007/s10528-017-9795-8 
2
Analysis of cytochrome P450 gene polymorphism in a lupus nephritis patient in whom tacrolimus blood concentration was markedly elevated after administration of azole antifungal agents , JOURNAL OF CLINICAL PHARMACY AND THERAPEUTICS, 38( 1), 74- 76, 2013年02月, https://doi.org/10.1111/jcpt.12004 
3
Effect of genetic polymorphisms on effectiveness of low-dose azathioprine in Japanese patients with systemic lupus erythematosus , AMERICAN JOURNAL OF HEALTH-SYSTEM PHARMACY, 69( 23), 2072- 2078, 2012年12月, https://doi.org/10.2146/ajhp120179 
4
CYP4F2 gene polymorphism as a contributor to warfarin maintenance dose in Japanese subjects , JOURNAL OF CLINICAL PHARMACY AND THERAPEUTICS, 37( 4), 481- 485, 2012年08月, https://doi.org/10.1111/j.1365-2710.2011.01317.x 
5
Pharmacokinetic individualization of high-dose methotrexate chemotherapy for the treatment of localized osteosarcoma. , Journal of chemotherapy (Florence, Italy), 22( 3), 186- 190, 2010年06月, https://doi.org/10.1179/joc.2010.22.3.186 
6
Inosine triphosphate pyrophosphatase 94C > A polymorphism: clinical implications for patients with systemic lupus erythematosus treated with azathioprine , EXPERT OPINION ON DRUG SAFETY, 9( 3), 447- 457, 2010年05月, https://doi.org/10.1517/14740330903544474 
7
Pro32Thr Polymorphism of Inosine Triphosphate Pyrophosphatase Gene Predicts Efficacy of Low-Dose Azathioprine for Patients With Systemic Lupus Erythematosus , CLINICAL PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS, 85( 5), 527- 530, 2009年05月, https://doi.org/10.1038/clpt.2008.261 
8
Development of a single-tube PCR-pyrosequencing method for the simultaneous and rapid detection of four variant alleles of CYP2C9 gene polymorphism , JOURNAL OF CLINICAL PHARMACY AND THERAPEUTICS, 33( 2), 187- 192, 2008年04月, https://doi.org/10.1111/j.1365-2710.2007.00895.x 
9
Thiopurine methyltransferase genotype and phenotype status in Japanese patients with systemic lupus erythematosus , BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 28( 11), 2117- 2119, 2005年11月, https://doi.org/10.1248/bpb.28.2117 
10
Time-dependent induction of midazolam-1-hydroxylation enzymes in rats treated with St. John's wort , BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 28( 8), 1467- 1471, 2005年08月, https://doi.org/10.1248/bpb.28.1467 
11
Genetic polymorphism of CYP2C9 and CYP2C19 in a Bolivian population: an investigative and comparative study , EUROPEAN JOURNAL OF CLINICAL PHARMACOLOGY, 61( 3), 179- 184, 2005年05月, https://doi.org/10.1007/s00228-004-0890-5 
12
Genotyping of thiopurine methyltransferase using pyrosequencing(TM) , BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 28( 4), 677- 681, 2005年04月, https://doi.org/10.1248/bpb.28.677 
13
Effect of the single CYP2C9*3 allele on pharmacokinetics and pharmacodynamics of losartan in healthy Japanese subjects , EUROPEAN JOURNAL OF CLINICAL PHARMACOLOGY, 59( 8-9), 589- 592, 2003年11月, https://doi.org/10.1007/s00228-003-0664-5 
14
Fluvoxamine modulates pain sensation and affective processing of pain in human brain , NEUROREPORT, 14( 6), 791- 797, 2003年05月, https://doi.org/10.1097/01.wnr.0000069965.11849.28 
15
Successful treatment of severe hyperammonemia using sodium phenylacetate powder prepared in hospital pharmacy , BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 25( 9), 1244- 1246, 2002年09月, https://doi.org/10.1248/bpb.25.1244 
16
High catalytic activity of human cytochrome P450 co-expressed with human NADPH-cytochrome P450 reductase in Escherichia coli , BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 55( 8), 1315- 1325, 1998年04月, https://doi.org/10.1016/S0006-2952(97)00643-6 

 

MISC
No.MISCタイトル URL, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日) 
1
レセプトデータを用いた妊娠中の抗うつ薬が出生児出生児への影響の解析 , 日本薬学会年会要旨集, 137年会( 4), 155- 155, 2017年03月 
2
レセプトデータを用いた妊娠高血圧の実態と治療薬の出生児への影響の解析 , 日本薬学会年会要旨集, 137年会( 4), 155- 155, 2017年03月 
3
レセプトデータを用いた妊娠中の精神疾患とその治療薬が出生児に与える影響の解析 , 日本薬剤疫学会学術総会抄録集, 22回,  96- 97, 2016年11月 
4
薬学生による高校生対象の喫煙防止教室の構築 , 日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会会誌, 14( 2), 6- 12, 2016年10月 
5
薬学実務実習生アンケートにみる在宅医療実習の現状と今後への取り組み , 日本薬学会年会要旨集, 136年会( 4), 227- 227, 2016年03月 
6
抗精神病薬の処方実態と適切な薬物治療を行うための薬剤師の役割についての検討 , 日本薬学会年会要旨集, 135年会( 4), 181- 181, 2015年03月 
7
高校生を対象とした薬学生による効果的な喫煙防止教室の構築 , 日本薬学会年会要旨集, 135年会( 3), 248- 248, 2015年03月 
8
高校生を対象とした薬学生による喫煙防止教室の効果についての検討 , 日本薬学会年会要旨集, 135年会( 3), 247- 247, 2015年03月 
9
高校生を対象とした効果的な喫煙防止教室実施のための生活環境調査 , 日本薬学会年会要旨集, 135年会( 3), 247- 247, 2015年03月 
10
医薬品添付文書中の薬物動態パラメータの研究 ジェネリック医薬品の生物学的同等性試験における薬物動態パラメータの試験間および試験内変動の解析 , 医療薬学, 37( 9), 543- 550, 2011年09月 
11
SLE患者に対するAZAの治療効果におけるAZA代謝酵素の遺伝子多型が与える影響 , 日本薬学会年会要旨集, 131年会( 3), 169- 169, 2011年03月 
12
「薬が効かない」を科学する アザチオプリンの治療効果に対するITPA 94C>A遺伝子多型の影響 , 医薬ジャーナル, 45( 12), 3089- 3094, 2009年12月 
13
アザチオプリンの治療効果に対するITPA 94C>A遺伝子型の影響 , 臨床薬理, 38( Suppl.), S182- S182, 2007年11月 
14
日本人におけるワルファリン抵抗性の原因となる遺伝子多型解析 , 臨床薬理の進歩, ( 27), 89- 94, 2006年07月 
15
ラズベリーケトン製剤がCYP3A酵素活性に及ぼす影響の検討 , 臨床薬理, 35( Suppl.), S177- S177, 2004年08月 
16
SLEに対するシクロフォスファミド・パルス療法の臨床効果とCYP遺伝子多型に関する検討 , 日本薬学会年会要旨集, 124年会( 4), 26- 26, 2004年03月 
17
SLEに対するシクロフォスファミドのパルス療法の臨床効果とCYP2B6,CYP2C9,CYP2C19遺伝子多型に関する検討 , 日本薬学会年会要旨集, 123年会( 4), 41- 41, 2003年03月 
18
CYP2C9遺伝的多型がLosartanの体内動態及び血圧降下作用に及ぼす影響 , 臨床薬理, 34( 1), 29S- 30S, 2003年01月 
19
Paroxetineの併用により血中theophylline濃度が上昇した1症例 , 日本神経精神薬理学雑誌, 22( 6), 309- 309, 2002年12月 
20
インターネットを介した症例サマリーデータベースの構築とその臨床薬学教育における意義 , 薬学雑誌, 122( 6), 381- 388, 2002年06月 

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, (対象業績)タイトル 
1
2010年12月, 日本臨床薬理学会, 第21回(2010年度)臨床薬理研究振興財団賞 学術論文賞, SLE患者におけるITPA遺伝子型とアザチオプリンの治療効果との関連