高崎健康福祉大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

高崎健康福祉大学
ホームページ

河崎 優希 (カワサキ ユキ,KAWASAKI Yuki)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
Androgen receptor phosphorylated at Ser815: the expression and function in the prostate and tumor-derived cells , Biochemical Pharmacology, ,   , 2021年10月,  
2
Negative feedback regulation of ErbB4 tyrosine kinase activity by ERK-mediated non-canonical phosphorylation. , Biochemical and biophysical research communications, 514( 2), 456- 461, 2019年06月, https://doi.org/10.1016/j.bbrc.2019.04.125 
3
Mechanisms for DNA-damaging agent-induced inactivation of ErbB2 and ErbB3 via the ERK and p38 signaling pathways , Oncology Letters, 15( 2), 1758- 1762, 2018年02月01日, https://doi.org/10.3892/ol.2017.7532 
4
Feedback control of ErbB2 via ERK-mediated phosphorylation of a conserved threonine in the juxtamembrane domain , SCIENTIFIC REPORTS, 6,  31502- , 2016年08月, https://doi.org/10.1038/srep31502 
5
P38-Mediated phosphorylation of Eps15 endocytic adaptor protein , FEBS Letters, 588( 1), 131- 137, 2014年01月03日, https://doi.org/10.1016/j.febslet.2013.11.020 
6
p38-Mediated phosphorylation of Eps15 endocytic adaptor protein , FEBS LETTERS, 588( 1), 131- 137, 2014年01月, https://doi.org/10.1016/j.febslet.2013.11.020 
7
Inverse correlation between Thr-669 and constitutive tyrosine phosphorylation in the asymmetric epidermal growth factor receptor dimer conformation , Cancer Science, 104( 10), 1315- 1322, 2013年10月, https://doi.org/10.1111/cas.12225 
8
Modified expression of aryl hydrocarbon receptor-related genes by deoxymiroestrol, a phytoestrogen, in mouse hepatocytes in primary culture , JOURNAL OF ETHNOPHARMACOLOGY, 137( 1), 902- 908, 2011年09月, https://doi.org/10.1016/j.jep.2011.06.047 
9
Hepatocyte nuclear factor 4α regulates expression of the mouse female-specific Cyp3a41 gene in the liver. , Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals, 39( 3), 490- 497, 2011年03月, https://doi.org/10.1124/dmd.110.035980 
10
Potent Modification of Inducible CYP1A1 Expression by Flavonoids , BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 33( 10), 1698- 1703, 2010年10月, https://doi.org/10.1248/bpb.33.1698 
11
Regulatory Xenobiotic Responsive Elements in the Distal 5'-Flanking Region of the Mouse Cyp1a2 Gene Required for Transcriptional Activation by 3-Methylcholanthrene and 2,3,7,8-Tetrachlorodibenzo-p-dioxin , DRUG METABOLISM AND DISPOSITION, 38( 10), 1640- 1643, 2010年10月, https://doi.org/10.1124/dmd.109.031856 
12
Gender-associated modulation of inducible CYP1A1 expression by andrographolide in mouse liver , EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 39( 5), 394- 401, 2010年03月, https://doi.org/10.1016/j.ejps.2010.01.009 
13
Alteration of Acetaminophen-induced Cytotoxicity in Mouse Hepatocytes during Primary Culture , JOURNAL OF HEALTH SCIENCE, 55( 5), 767- 776, 2009年10月, https://doi.org/10.1248/jhs.55.767 
14
Sex Differences of Drug-metabolizing Enzyme: Female Predominant Expression of Human and Mouse Cytochrome P450 3A Isoforms , JOURNAL OF HEALTH SCIENCE, 55( 3), 325- 337, 2009年06月, https://doi.org/10.1248/jhs.55.325 
15
Strong synergistic induction of CYP1A1 expression by andrographolide plus typical CYP1A inducers in mouse hepatocytes , TOXICOLOGY AND APPLIED PHARMACOLOGY, 224( 2), 156- 162, 2007年10月, https://doi.org/10.1016/j.taap.2007.07.008 
16
Pathogenic monoclonal antibody against desmoglein 3 augments desmoglein 3 and p38 MAPK phosphorylation in human squamous carcinoma cell line , AUTOIMMUNITY, 39( 7), 587- 590, 2006年11月, https://doi.org/10.1080/08916930600971943 
17
Functional characterization of human organic cation transporter OCTN1 single nucleotide polymorphisms in the Japanese population , JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 93( 12), 2920- 2926, 2004年12月, https://doi.org/10.1002/jps.20190 
18
Phosphatidylserine binding of class B scavenger receptor type I, a phagocytosis receptor of testicular Sertoli cells , JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 277( 30), 27559- 27566, 2002年07月, https://doi.org/10.1074/jbc.M202879200 
19
Role of class B scavenger receptor type I in phagocytosis of apoptotic rat spermatogenic cells by Sertoli cells , JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 274( 9), 5901- 5908, 1999年02月, https://doi.org/10.1074/jbc.274.9.5901 

 

MISC
No.MISCタイトル URL, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日) 
1
2020年度の衛生薬学実習の修正と検討 , 日本薬学会年会要旨集, 141年会,  27P01- 289, 2021年03月 
2
インスリン受容体の核内移行による遺伝子転写促進を介した新たな作用機序 , ファルマシア, 56( 3), 257- 257, 2020年03月 
3
学校環境における実践能力を重視した衛生薬学実習 , 日本薬学会年会要旨集, 139年会( 4), 220- 220, 2019年03月 
4
ErbB2/ErbB3ヘテロダイマーのMAPKを介したリン酸化制御機構の解明 , 日本薬学会年会要旨集, 138年会( 3), 127- 127, 2018年03月 
5
チロシン脱リン酸化酵素を介した受容体型チロシンキナーゼErbBファミリーフィードバックの制御 , 生命科学系学会合同年次大会, 2017年度,  [3P- 0468], 2017年12月 
6
チロシンキナーゼ非依存的なリン酸化によるErbB4のフィードバック阻害機構 , 日本癌学会総会記事, 76回,  P- 2066, 2017年09月 
7
チロシンキナーゼ非依存的なErbB4リン酸化の役割 , 日本癌学会総会記事, 75回,  P- 1180, 2016年10月 
8
ERKを介したErbB2 Thr-677リン酸化によるErbB2/ErbB3ヘテロ二量体のフィードバック阻害機構 , 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回,  [2P0209]- [2P0209], 2015年12月 
9
乳がん細胞におけるErbB2 Thr-677リン酸化によるErb2/ErbB3ヘテロダイマーのフィードバック阻害機構 , 日本癌学会総会記事, 74回,  P- 2120, 2015年10月 
10
乳がん細胞におけるERKを介したErbB2受容体のフィードバック阻害機構 , 日本薬学会年会要旨集, 135年会( 3), 67- 67, 2015年03月 
11
マウスCyp1a2遺伝子フェノバルビタール型誘導剤応答領域の解析 , 日本薬学会年会要旨集, 135年会( 3), 186- 186, 2015年03月 
12
乳がん細胞におけるErbB2/ErbB3ヘテロ二量体のフィードバック阻害機構 , 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 87回,  [3T14p- 09], 2014年10月 
13
炎症シグナルを介したEphA2のリン酸化制御(Molecular mechanism of phosphorylation of EphA2 induced by inflammatory signal) , 日本癌学会総会記事, 72回,  263- 263, 2013年10月 
14
p38を介したセリン残基のリン酸化によるEGFRの細胞内輸送機構 , 生化学, 85( 6), 498- 498, 2013年06月 
15
Constitutive androstane receptorリガンド誘導性発現調節を担うマウスCyp1a2遺伝子近位5'-上流域 , 日本薬学会年会要旨集, 133年会( 3), 197- 197, 2013年03月 
16
リガンド濃度に依存したEGF受容体の多次元的リン酸化制御(Ligand concentration-dependent multidimentional phosphorylation of EGFR) , 日本癌学会総会記事, 71回,  72- 72, 2012年08月 
17
リガンド濃度に依存したEGF受容体の多次元的リン酸化制御 , 生化学, 84( 7), 604- 604, 2012年07月 
18
Constitutive androstane receptorアクチベーターによる誘導性発現調節を担うマウスCyp1a2遺伝子5'-上流域 , 日本薬学会年会要旨集, 132年会( 3), 153- 153, 2012年03月 
19
マウスCyp3a遺伝子mRNA発現量の比較解析 , 日本薬学会年会要旨集, 132年会( 3), 153- 153, 2012年03月 
20
マウスCyp3a遺伝子の性周期および時間依存的発現変動 , 日本薬学会年会要旨集, 131年会( 3), 170- 170, 2011年03月 
21
マウスCyp1a2遺伝子5'-上流域のフェノバルビタール応答性の検討 , 日本薬学会年会要旨集, 131年会( 3), 173- 173, 2011年03月 
22
Trp-P-1による肝細胞毒性の発現過程におけるROS発生 , 日本薬学会年会要旨集, 130年会( 3), 155- 155, 2010年03月 
23
マウスCyp1a2遺伝子の常在的発現調節に関わる5'-上流領域およびダイオキシンと3-メチルコラントレンによる発現誘導を担う外来異物応答配列 , 日本薬学会年会要旨集, 130年会( 3), 168- 168, 2010年03月 
24
マウスCyp3a41遺伝子メス特異的発現の調節機構 , 日本薬学会年会要旨集, 130年会( 3), 104- 104, 2010年03月 
25
グルココルチコイドによるCyp3a41遺伝子の発現調節機構 Glucocorticoid receptorおよびHepatocyte nuclear factor 4αの役割 , 日本薬学会年会要旨集, 129年会( 3), 190- 190, 2009年03月 
26
Trp-P-1の肝細胞毒性に対するポリフェノール類の抑制効果 , 日本薬学会年会要旨集, 128年会( 3), 159- 159, 2008年03月 
27
Different anti-desmoglein 3 monoclonal antibodies exert epitope-specific regulation of p120-catenin phosphorylation and of p120-catenin binding to desmoglein 3 in human squamous cell line, DJM-1 cell , Journal of Investigative Dermatology, 126,  6- 6, 2006年04月 
28
抗デスモグレイン(Dsg)3モノクローナル抗体によるDsg3結合型p120-cateninのリン酸化と結合性の検討 , 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム, 31回,  119- 119, 2006年04月 
29
悪性黒色腫におけるmelanoma inhibitory activity(MIA)の免疫組織化学的検討 , 日本癌治療学会誌, 40( 2), 370- 370, 2005年09月 
30
スカベンジャー受容体SR-BIの精巣セルトリ細胞における発現と貪食受容体としての機能 , 生化学, 75( 10), 1384- 1384, 2003年10月 
31
精巣セルトリ細胞貪食受容体SR-BIのホスファチジルセリンへの結合 , 生化学, 74( 8), 1094- 1094, 2002年08月 
32
精巣セルトリ細胞貪食受容体SR-BIのホスファチジルセリンへの結合 , 日本薬学会年会要旨集, 122年会( 3), 129- 129, 2002年03月 
33
アポトーシスの分子機構 クラスBスカベンジャー受容体タイプI(SR-BI)の精巣セルトリ細胞における貪食受容体としての役割 , 生化学, 70( 8), 787- 787, 1998年08月 

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル, 会議名, 発表年月日, 主催者, 開催地 
1
ErbB2/ErbB3ヘテロ二量体におけるERK経路を介した新規ErbB2リン酸化部位の探索, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月, ,  
2
ERK-mediated feedback regulation of ErbB family via the conserved Thr phosphorylation, The Third International Symposium on Toyama-Asia-Africa Pharmaceutical Network, 2018年09月, ,  
3
バーゼル大学短期研究留学のギフト〜がん細胞におけるシグナル伝達解明を通じて〜, 富山・バーゼル医薬バイオ連携交流セミナー, 2017年12月, ,  
4
チロシン脱リン酸化酵素を介した受容体型チロシンキナーゼErbBファミリーフィードバックの制御, 2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月, ,  
5
がん細胞におけるErbBファミリーの膜近傍領域スレオニンリン酸化による活性調節機構, フォーラム2017 衛生薬学・環境トキシコロジー, 2017年09月, ,  
6
Feedback regulation of ErbB family via ERK-mediated phosphorylation of a conserved threonine in the juxtamembrane domain, The Second International Symposium on Toyama-Asia-Africa Pharmaceutical Network, 2017年09月, ,  
7
がん克服を目指した受容体型チロシンキナーゼ制御の分子的解明, 平成28年度HWRNワークショップ 女性研究者フォーラム〜がん悪性化の解明と新規抗がん薬開発への挑戦, 2017年01月, ,  
8
Down-regulation of ErbB2/ErbB3 heterodimer via ERK-mediated phosphorylation of ErbB2 Thr-677 in the juxtamembrane domain, The 12th International Conference on Protein Phosphatase, 2016年10月, ,  
9
乳がん細胞におけるErbB2/ErbB3ヘテロ二量体のフィードバック阻害機構, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月, ,  
10
乳がん細胞におけるErbB2/ErbB3ヘテロ二量体のフィードバック阻害, 日本生化学会北陸支部第32回大会, 2014年05月, ,  
11
抗デスモグレイン(Dsg)3モノクローナル抗体によるDsg3結合型p120-cateninのリン酸化と結合性の検討, 日本研究皮膚科学会第31会年次学術大会・総会, 2006年06月, ,  
12
Different anti-desmoglein 3 monoclonal antibodies exert epitope-specific regulation of p120-catenin phosphorylation and of p120-catenin binding to desmoglein 3 in human squamous cell line, DJM-1 cell, The 67th Annual Meeting of the Society for Investigative Dermatology, 2006年05月, ,  
13
精巣セルトリ細胞貪食受容体SR-BIのホスファチジルセリンへの結合, 第75回日本生化学会大会, 2002年08月, ,  

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, (対象業績)タイトル 
1
2006年, Society for Investigative Dermatology, Albert M. Kligman Fellowship Award,  

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.提供機関, 制度名, 課題名等, 資金種別, 研究期間 
1
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), mTOR経路活性化におけるErbBフィードバック制御解明によるがん悪性化克服, ,  2019年04月 - 2022年03月 
2
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), チロシンキナーゼ型受容体の非定型的活性化:がん病態制御における次なる標的, ,  2016年04月 - 2019年03月 
3
科学研究費助成事業, 基盤研究(C), Thrリン酸化によるErbBフィードバック制御解明によるがん分子標的薬耐性克服, 競争的資金,  2016年 - 2018年 
4
田村科学技術振興財団, 研究助成金, チロシンキナーゼ型受容体ErbBフィードバック阻害機構の解明によるがん分子標的薬耐性の克服, 競争的資金,  2014年 - 2014年 
5
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 薬物代謝酵素CYP3Aの雌性優勢発現におけるエピジェネティック調節の役割, ,  2011年04月 - 2015年03月 
6
科学研究費助成事業, 若手研究(B), 個別化医療に繋がる成長ホルモンによるCYP1A2の性特異的発現調節の分子的解明, 競争的資金,  2011年 - 2012年 
7
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 薬物代謝酵素CYP3Aの性特異的発現機構:ヒトとマウスの比較, ,  2008年 - 2010年 
8
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 成長ホルモン及びHNF3βまたは4αによる性特異的シトクロムP450発現調節, ,  2007年 - 2008年