高崎健康福祉大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

高崎健康福祉大学
ホームページ

岡本 健吾 (オカモト ケンゴ,OKAMOTO Kengo)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
KDM2A-dependent reduction of rRNA transcription on glucose starvation requires HP1 in cells, including triple-negative breast cancer cells , Oncotarget, 10( 46), 4743- 4760, 2019年07月, https://doi.org/10.18632/oncotarget.27092 
2
SF-KDM2A binds to ribosomal RNA gene promoter, reduces H4K20me3 level, and elevates ribosomal RNA transcription in breast cancer cells , INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 50( 4), 1372- 1382, 2017年04月, https://doi.org/10.3892/ijo.2017.3908 
3
Mild Glucose Starvation Induces KDM2A-Mediated H3K36me2 Demethylation through AMPK To Reduce rRNA Transcription and Cell Proliferation , MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 35( 24), 4170- 4184, 2015年12月, https://doi.org/10.1128/MCB.00579-15 
4
A CxxC Domain That Binds to Unmethylated CpG Is Required for KDM2A to Control rDNA Transcription , YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 135( 1), 11- 21, 2015年01月, https://doi.org/10.1248/yakushi.14-00202-2 
5
CxxC-ZF Domain Is Needed for KDM2A to Demethylate Histone in rDNA Promoter in Response to Starvation , CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 39( 1), 79- 92, 2014年, https://doi.org/10.1247/csf.13022 
6
Ablation of mina53 in mice reduces allergic response in the airways , Cell Structure and Function, 38( 2), 155- 167, 2013年, https://doi.org/10.1247/csf.13006 
7
JmjC enzyme KDM2A is a regulator of rRNA transcription in response to starvation , EMBO JOURNAL, 29( 9), 1510- 1522, 2010年05月, https://doi.org/10.1038/emboj.2010.56 
8
Expression of the TAF4b gene is induced by MYC through a non-canonical, but not canonical, E-box which contributes to its specific response to MYC , INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 33( 6), 1271- 1280, 2008年12月, https://doi.org/10.3892/ijo_00000118 
9
Mechanism for inactivation of the mitotic inhibitory kinase Wee1 at M phase , PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 104( 10), 3753- 3758, 2007年03月, https://doi.org/10.1073/pnas.0607357104 
10
M-r 25 000 protein, a substrate for protein serine/threonine kinases, is identified as a part of Xenopus laevis vitellogenin B1 , DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 45( 3), 283- 294, 2003年06月, https://doi.org/10.1046/j.1524-4725.2003.696.x 
11
The existence of two distinct Wee1 isoforms in Xenopus: implications for the developmental regulation of the cell cycle , EMBO JOURNAL, 21( 10), 2472- 2484, 2002年05月,  
12
Absence of Wee1 ensures the meiotic cell cycle in Xenopus oocytes , GENES & DEVELOPMENT, 14( 3), 328- 338, 2000年02月,  

 

MISC
No.MISCタイトル URL, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日) 
1
メトホルミンによるKDM2A依存的なrRNA転写抑制は栄養素により調節される , 日本生化学会大会(Web), 90th,  ROMBUNNO.2P‐0579 (WEB ONLY)- , 2017年 
2
KDM2Aはマイルドなグルコース飢餓時にAMPKシグナル経路を介してrRNA転写と細胞増殖を調節する , 日本生化学会大会(Web), 88th,  2P0664 (WEB ONLY)- , 2015年 
3
非メチルCpGを認識するCxxCドメインはヒストン脱メチル化酵素KDM2AのrDNA転写調節に必要である , 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 134th,  ROMBUNNO.S40-2- , 2014年 
4
脱メチル化酵素KDM2A(Lysine‐specific demethylase2A)によるリボソームRNA転写抑制機構の解析 , 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 36th,  1P-0252 (WEB ONLY)- , 2013年 
5
mina53遺伝子欠損マウスではアレルギー性気道炎症が減弱する , アレルギー, 61( 9/10), 1438- , 2012年10月25日 
6
核小体とリボソームRNA転写調節 (特集 3D-エピゲノムが生む新たな生命情報 : 細胞のメモリーとリプログラミング機構に迫る) , 細胞工学, 31( 8), 901- 908, 2012年 
7
脱メチル化酵素KDM2A(Lysine‐specific demethylase2A)によるリボソームRNA転写抑制機構の解析 , 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 34th,  4P-0060 (WEB ONLY)- , 2011年 
8
ヒストン脱メチル化酵素KDM2A(Jumonji‐C containing histone demethylase 1A)はリボソームRNA転写を抑制する , 日本薬学会年会要旨集, 130th( 3), 140- , 2010年03月05日 
9
脱メチル化酵素KDM2A(jumonji‐C containing histone demethylase1A)によるリボソームRNA転写の調節 , 生化学, ,  ROMBUNNO.3T2-4- , 2010年 
10
インスリン様成長因子によるクロマチン状態の調節を介したリボソーム合成調節機構の解明 , 成長科学協会研究年報, ( 32), 181- 183, 2009年08月01日 
11
脱メチル化酵素KDM2Aは飢餓状態でリポソームRNA転写を抑制する。 , 日本分子生物学会年会講演要旨集, 32nd( Vol.4), 98- , 2009年 
12
ヒストンメチル化修飾とリボソームRNA転写 , 日本薬学会関東支部大会講演要旨集, 52nd,  91- , 2008年10月04日 
13
PKC標的タンパクpp25の遺伝子解析 , 日本発生生物学会大会発表要旨集, 35th,   , 2002年 
14
ツメガエル卵減数分裂周期の制御 Wee1の欠除による制御 , 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 22nd,   , 1999年 
15
Weelの欠如による減数分裂周期の制御 , 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 22nd,   , 1999年 

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.提供機関, 制度名, 課題名等, 資金種別, 研究期間 
1
, 基盤研究(C), ヘテロクロマチン再考:リボソームDNAにおける転写と組換えを指標とした解析, 競争的資金,  2014年04月 - 2016年03月 
2
, 若手研究(B), ヒストン脱メチル化酵素PHF2の発現量変化と癌の悪性化との関連についての解析, 競争的資金,  2011年04月 - 2012年03月 
3
, 特定領域研究, 新規ヒストン脱メチル化蛋白質によるリボソームRNA遺伝子のクロマチンの調節, 競争的資金,  2007年04月 - 2008年03月 
4
, JST Basic Research Programs (Core Research for Evolutional Science and Technology :CREST), Regulation mechanism of Wee1 at M-phaseˇ, 競争的資金,  1998年 - 現在