高崎健康福祉大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

高崎健康福祉大学
ホームページ

神田 清子 (カンダ キヨコ,KANDA Kiyoko)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

書籍等出版物
No.タイトル URL, 担当区分, 出版社, 出版年月, 担当範囲, ISBN 
1
ケアを可視化!中範囲理論・看護モデル : 事例を読み解く型紙 , , 南江堂, 2021年03月, , 9784524246618 
2
緩和ケア・がん看護 : 臨床評価ツール大全 , , 青海社, 2020年12月, , 9784902249989 
3
見てわかるがん薬物療法における曝露対策 , , 医学書院, 2020年03月, , 9784260041812 
4
地域完結型看護をめざした看護教育 , 共著, メディカルフレンド社, 2019年05月, 1年次から養成する在宅ケアマインド教育の開発他,  
5
がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン , 共著, , 2019年01月, 第1章 ガイドラインの概要,  
6
がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発 , 共著, 技術情報協会, 2018年08月, 末梢神経障害(しびれ),  
7
がん看護学 , , 医学書院, 2017年01月, , 9784260027632 
8
在宅看護の実習ガイド , , 日本看護協会出版会, 2017年, ,  
9
がん看護実践ガイド 見てわかるがん薬物療法における曝露対策 , , 医学書院, 2016年, ,  
10
看護実践のための根拠がわかる 成人看護技術―がん・ターミナルケア , , メヂカルフレンド社, 2015年, ,  
11
がん看護実践ガイド がん治療と食事 治療中のよろこびを支える援助 , , 医学書院, 2015年, ,  
12
がん薬物療法における 曝露対策合同ガイドライン 2015年版 , , , 2015年, ,  
13
基礎看護学 テキスト 改定2版 , , 南江堂, 2014年, ,  
14
がん看護PEPリソース 患者アウトカムを高めるケアのエビデンス , , 医学書院, 2013年, ,  
15
系統看護学講座別巻 がん看護学 , , 医学書院, 2013年, ,  
16
がん看護PEPリソース 患者アウトカムを高めるケアのエビデンス , , 医学書院, 2013年, ,  
17
看護データブック 第4版 , , 医学書院, 2012年, ,  
18
がん看護学 臨床に活かすがん看護の基礎と実践 , , , 2011年, ,  
19
がん看護:抗がん剤の安全な取り扱いと曝露対策 , , 南江堂, 2010年, ,  
20
日本における抗がん剤の取り扱い曝露防止の現状 , , 南江堂(がん看護), 2010年, ,  
21
外来看護最前線 生活習慣病&外来がん看護 , , 日総研, 2009年, ,  
22
抗がん剤の曝露予防対策 , , がん看護, 2009年, ,  
23
味覚障害の自己管理 , , 医薬ジャーナル社, 2009年, ,  
24
がん化学療法・バイオセラピー 看護実践ガイドライン , , , 2009年, ,  
25
がん看護コアカリキュラム , , , 2007年, ,  
26
看護データブック , , , 2007年, ,  
27
血液・腫瘍科 , , , 2007年, ,  
28
EBNURSING , , 中山書店, 2007年, ,  
29
がん患者の在宅療養サポートブック , , , 2007年, ,  
30
ケア技術のエビデンス , , へるす出版, 2006年, ,  
31
がん患者の症状緩和ケア , , メディカルフレンド社, 2006年, ,  
32
検査看護技術 , , NOUVELLE HIROKAWA, 2006年, ,  
33
基礎看護学テキスト EBN志向の看護実践 , , 南江堂, 2006年, ,  
34
成人看護学 G成人看護技術Ⅰ フィジカルアセスメント 第2版 , , 廣川書店, 2003年, ,  
35
看護に活かすQOL評価 , , 中山書店, 2003年, ,  
36
柴山森二郎監訳:看護診断に基づく成人看護ケアプラン , , 医学書院, 2002年, ,  
37
看護デ-タブック , , 医学書院, 2002年, ,  
38
脳血管障害の治療と看護 , , 南江堂, 2001年, ,  
39
血液疾患と看護 , , 文光堂, 1984年, ,  
40
血液疾患と看護 , , 文光堂, 1984年, ,  

 

論文
No.論文タイトル URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月, DOI 
1
The Evaluation of Fatigue in patients with Malignant Lymphoma Receiving Chemotherapy in Japan , THE KITAKANTO MEDICAL JOURNAL, 71,  187- 193, 2021年08月,  
2
Effects of a self-monitoring intervention in breast cancer patients suffering from taste alterations induced by chemotherapy: A randomized, parallel-group controlled trial , European Journal of Oncology Nursing, 52,  101956- 101956, 2021年06月, https://doi.org/10.1016/j.ejon.2021.101956 
3
A Study on the Reliability and Validity of a Scale of Hospital Nurses’ Nursing Activities toward Providing Home Care, and Related Factors , The Kitakanto Medical Journal, 71( 2), 131- 141, 2021年05月01日, https://doi.org/10.2974/kmj.71.131 
4
The Lived Experience of Persons with Terminal Cancer: A Qualitative Study , Nursing Science Quarterly, 34( 2), 189- 195, 2021年04月, https://doi.org/10.1177/0894318420987189 
5
The Lived Experience of Persons with Terminal Cancer: A Qualitative Study , Nursing Science Quarterly, 34( 2), 189- 195, 2021年04月, https://doi.org/10.1177/0894318420987189 
6
参加観察を用いた終末期がん療養者と家族に対する訪問看護師のケア行動内容の時間割合の分析 , 日本看護研究学会雑誌, 43( 2), 231- 244, 2020年06月,  
7
最後の標準治療を伝えられた再発・進行がん患者の揺らぎから自己決定に至るプロセス , 日本がん看護学会誌, 34,  26- 35, 2020年03月,  
8
Development and validation of the comprehensive assessment scale for chemotherapy–induced peripheral neuropathy in survivors of cancer , BMC Cancer Open access 10.1186/s12885-019-6113-3, 19( 1),  , 2019年09月,  
9
Development and validation of the Total Dyspnea Scale for Cancer Patients. , European Journal of Oncology Nursing, ,  120- 125, 2019年08月,  
10
がんサバイバーの社会役割と治療の調和に向けた看護アルゴリズム支援の評価 , The Kitakanto Medical Journal, 69( 2), 111- 119, 2019年05月,  
11
How to come to terms with facing death: a qualitative study examining the experiences of patients with terminal Cancer , BMC Palliative Care Open Access, 18( 1), 1- 10, 2019年04月,  
12
地域での暮らしを見据えた看護に関する看護系大学4年生の興味・関心(第2報) , 群馬保健学研究, 39,   , 2019年03月,  
13
群馬県内看護系大学4年生の生活スキルの現状 , 群馬保健学研究, 39,   , 2019年03月,  
14
群馬一丸GP活動報告「在宅を見据えた看護に関する課題と課題解決のための取組~4施設合同検討会報告~」 , , 39,   , 2019年03月,  
15
地域や在宅での暮らしを見据えた看護に関する群馬一丸GP導入後の教員の意識や教育の状況(第2報) , 群馬保健学研究, 39,   , 2019年03月,  
16
群馬県内病院看護職における在宅を見据えた看護活動の縦断的変化 , The Kitakanto Medical Journal, 69( 1),  , 2019年02月,  
17
がん化学療法による慢性末梢神経障害を抱える患者のQOLに及ぼす影響要因 , 日本がん看護学会誌, 32,  88- 97, 2018年07月,  
18
Development and testing of the Attitude Scale for the Dietary Therapy of Hemodialysis Patients. , Japan journal of nursing science : JJNS, 15( 1), 39- 49, 2018年01月, https://doi.org/10.1111/jjns.12170 
19
Development and testing of the Attitude Scale for the Dietary Therapy of Hemodialysis Patients. , Japan journal of nursing science : JJNS, 15( 1), 39- 49, 2018年01月, https://doi.org/10.1111/jjns.12170 
20
外来看護師が実施している調整に関する研究の内容分析 - 患者の社会的役割遂行の実現に向けて - , 群馬保健学研究, 38,  127- 136, 2018年,  
21
地域での暮らしを見据えた看護に関する看護大学生の自己評価の学年間比較 , 北関東医学, 68( 1), 59- 65, 2018年, https://doi.org/10.2974/kmj.68.59 
22
Salient Features and Outline of the Joint Japanese Guidelines for Safe Handling of Cancer Chemotherapy Drugs. , Asia-Pacific journal of oncology nursing, 4( 4), 304- 312, 2017年10月, https://doi.org/10.4103/apjon.apjon_30_17 
23
Emotional Responses to Persistent Chemotherapy-induced Peripheral Neuropathy Experienced by Patients with Colorectal Cancer in Japan. , Asia-Pacific journal of oncology nursing, 4( 3), 233- 240, 2017年07月, https://doi.org/10.4103/apjon.apjon_12_17 
24
Development and validation of the self-care agency scale for cancer patients under treatment , Kitakanto Medical Journal, 67( 1), 13- 21, 2017年, https://doi.org/10.2974/kmj.67.13 
25
難治性がん患者とともに歩む配偶者が新たな役割を形成するプロセス , 日本看護研究学会雑誌, 40( 5), 759- 770, 2017年, https://doi.org/10.15065/jjsnr.20170506010 
26
群馬県内の病院看護職の属性と在宅を見据えた看護実践度との関連 , 厚生の指標, 64( 4), 35- 40, 2017年,  
27
初発乳がん患者が罹患に伴う情報を小学生の子どもに伝える決断のプロセス , 日本がん看護学会誌, 31,  66- 75, 2017年,  
28
「がん患者の呼吸困難感」の概念分析 , 日本看護研究学会雑誌, 40( 1), 45- 56, 2017年, https://doi.org/10.15065/jjsnr.20161107005 
29
ピアサポート活動遂行によるがんピアサポーターの役割の認識に関する研究 , 群馬保健学研究, 37,  31- 39, 2017年,  
30
Spiritual Pain from Persistent Chemotherapy-Induced Peripheral Neuropathy in Colon Cancer Patients in Japan , Annals of Cancer Research, 3,  1- 5, 2016年12月,  
31
The validity and reliability of the Korean version of the Cancer-chemotherapy Concerns Rating Scale , JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 46( 3), 260- 263, 2016年03月, https://doi.org/10.1093/jjco/hyv189 
32
重粒子線治療を選択した前立腺がん患者の 治療選択における意思決定プロセス , 日本がん看護学会誌, 30( 2), 90- 98, 2016年, https://doi.org/10.18906/jjscn.soug5 
33
Oxaliplatin による末梢神経障害「しびれ」を経験する 大腸がん患者の精神的ストレス内容と対処 , 日本がん看護学会誌, 30( 2), 63- 70, 2016年, https://doi.org/10.18906/jjscn.soug3 
34
Relationship between self-care agency and quality of life among cancer patients undergoing outpatient chemotherapy , Kitakanto Medical Journal, 66( 4), 271- 277, 2016年, https://doi.org/10.2974/kmj.66.271 
35
大学病院看護職員における地域完結型看護の実践度評価 , 北関東医学, 66( 2), 129- 137, 2016年, https://doi.org/10.2974/kmj.66.129 
36
死を認知した再発・進行がん患者が希望を見いだすプロセス , 北関東医学, 66( 3), 201- 209, 2016年, https://doi.org/10.2974/kmj.66.201 
37
Development of the Hirai Cancer Fatigue Scale: Testing its reliability and validity , EUROPEAN JOURNAL OF ONCOLOGY NURSING, 19( 4), 427- 432, 2015年08月, https://doi.org/10.1016/j.ejon.2014.12.004 
38
The Process through which Gynecologic Cancer Survivors Undergoing Chemotherapy Overcome Loss and Adopt New Values , The Japan Association of Comparative Culture, ( 116), 243- 245, 2015年03月,  
39
大学病院入院中のがん患者が転院を受け入れ新たな環境で人との関係性を構築するプロセス , 日本がん看護学会誌, 29( 1), 62- 70, 2015年, https://doi.org/10.11477/mf.7007200604 
40
看護師のがん薬物療法における曝露対策に関する実態調査―がん薬物療法における曝露対策合同ガイドライン発行前調査― , 日本がん看護学会誌, 29( 3), 79- 84, 2015年, https://doi.org/10.18906/jjscn.9 
41
Psychosocial reaction patterns to alopecia in female patients with gynecological cancer undergoing chemotherapy , Asian Pacific Journal of Cancer Prevention, 16( 3), 1225- 1233, 2015年, https://doi.org/10.7314/APJCP.2015.16.3.1225 
42
病気を抱える患者・支援者の役割遂行に関する研究の動向と課題 , 群馬保健学紀要, 34,  53- 62, 2014年,  
43
不確かな状況を生きる骨髄異形成症候群患者がコントロール感覚を獲得するプロセス , 日本看護研究学会雑誌, 37( 5), 11-22.- , 2014年, https://doi.org/10.15065/jjsnr.20140802002 
44
The process of end-of-life cancer patients making meaning in continuous purposeful touch intervention , Kitakanto Medical Journal, 64( 1), 1- 12, 2014年, https://doi.org/10.2974/kmj.64.1 
45
がん患者のQOL尺度を用いた研究の動向と課題 , 群馬保健学紀要, 34,  41- 51, 2014年,  
46
治療を行う患者および家族の揺らぎに関する研究の動向と課題 , 群馬保健学紀要, 34,  63- 72, 2014年,  
47
日本人がん患者の倦怠感の感覚に関する研究 , 北関東医学, 64( 1), 43- 49, 2014年, https://doi.org/10.2974/kmj.64.43 
48
大腸がん患者における持続性末梢神経障害が社会生活に及ぼす影響 , 北関東医学, 64( 4), 313- 322, 2014年, https://doi.org/10.2974/kmj.64.313 
49
Development and validation of a chemotherapy-induced taste alteration scale , Oncology Nursing Forum, 40( 2), E79- E85, 2013年03月, https://doi.org/10.1188/13.ONF.E79-E85 
50
がんサバイバーがセルフヘルプグループでの活動を通じて新たな役割を獲得するプロセス , 北関東医学, 63( 2), 125- 131, 2013年, https://doi.org/10.2974/kmj.63.125 
51
乳がん患者が親に病気について伝える理由とその内容 , 群馬保健学紀要, 33,  29- 37, 2013年,  
52
発展的な学術論文の創造を目指して─質的研究論文作成・査読能力を高める─ , 日本がん看護学会誌, 27( 1), 79- 83, 2013年,  
53
がん患者の意思決定に関する研究の動向と課題 , 群馬保健学紀要, 33,  19- 28, 2013年,  
54
Empirical analysis of content of support in regional intractable disease consultation , JAPAN JOURNAL OF NURSING SCIENCE, 10( 1), 109- 120, 2013年, https://doi.org/10.1111/j.1742-7924.2012.00217.x 
55
進行がん患者の家族が抱える苦しみの検討 , 日本看護研究学会雑誌, 36( 2), 79- 86, 2013年,  
56
成人看護学実習における看護学生の抱える困難感の分析 , 群馬保健学紀要, 32,  15- 22, 2012年,  
57
発展的な学術論文の創造を目指して-今、がん看護に求められる論文とは- , 日本がん看護学会誌, 26( 3), 96- 99, 2012年,  
58
医療者がとらえる「その人らしさ」に関する研究内容の分析 , 群馬保健学紀要, 32,  43- 50, 2012年,  
59
告知を受けたがん患者が抱く家族に対する思いと関わりの内容分析 , 群馬保健学紀要, 32,  35- 41, 2012年,  
60
治療期にあるがん患者のセルフケア能力 , 日本がん看護学会誌, 26( 1), 4- 11, 2012年, https://doi.org/10.11477/mf.7007200392 
61
患者および家族の不確かさに関する研究内容の分析 , The Kitakanto Medical Journal, 62( 2), 175- 184, 2012年, https://doi.org/10.2974/kmj.62.175 
62
乳がん患者・非乳がん患者の倦怠感の比較 , The Kitakanto Medical Journal, 61( 2), 153- 160, 2011年, https://doi.org/10.2974/kmj.61.153 
63
一般病棟に勤務する看護師の終末期がん患者の家族支援内容 , The Kitakanto Medical Journal, 61( 4), 489- 498, 2011年, https://doi.org/10.2974/kmj.61.489 
64
外来で放射線療法を受けているがん患者のQOLに影響する要因 , The Kitakanto Medical Journal, 61( 1), 51- 58, 2011年, https://doi.org/10.2974/kmj.61.51 
65
成人看護学実習における看護基本技術経験度に関する検討 看護基礎教育カリキュラム改正に向けた技術項目の調査から , 群馬保健学紀要, 31,  9- 16, 2011年,  
66
スピリチュアルペインの定義における要素の検討 , 群馬保健学紀要, 31,  45- 52, 2011年,  
67
スピリチャルペインの定義における要素の検討 , 群馬保健学紀要, 31,  45- 52, 2011年,  
68
化学療法患者が体験する味覚変化症状と対処法の分類 , The Kitakanto Medical Journal, 61( 3), 293- 299, 2011年, https://doi.org/10.2974/kmj.61.293 
69
呼吸困難を抱える治療期進行肺がん患者の体験 , 日本看護研究学会雑誌, 34( 1), 73- 83, 2011年,  
70
治療過程にある進行肺がん患者の症状体験に伴う情緒的反応 , 日本看護科学学会誌, 31( 1), 77- 85, 2011年, https://doi.org/10.5630/jans.31.1_77 
71
Oxaliplatinによる末梢神経障害を体験したがん患者の生活における困難とその対処 , The Kitakanto Medical Journal, 61( 2), 145- 152, 2011年, https://doi.org/10.2974/kmj.61.145 
72
小児期に骨髄ドナーになったきょうだいの経験 , 北関東医学, 60( 1), 25- 30, 2010年03月, https://doi.org/10.2974/kmj.60.25 
73
子どもを持つ乳がん患者が抱く希望 , The Kitakanto Medical Journal, 60( 3), 235- 241, 2010年, https://doi.org/10.2974/kmj.60.235 
74
成人看護学実習における看護基本技術の経験度に関する検討-看護基礎教育カリキュラム改正に向けた技術項目の調査から- , 群馬保健学紀要, 31,  9- 16, 2010年,  
75
乳房温存術を受けた乳がん患者に関する看護研究の動向と課題 , The Kitakanto Medical Journal, 60( 1), 17- 23, 2010年, https://doi.org/10.2974/kmj.60.17 
76
造血幹細胞移植を受けた子どもを持つ母親が療養体験を意味づけるプロセス , 日本看護研究学会雑誌, 33( 2), 23- 33, 2010年,  
77
死を意識する病を抱える患者の死生観に関する研究の動向と課題 , 群馬保健学紀要, 30,  49- 58, 2010年,  
78
死を意識する病を抱える患者の死生観に関する研究内容の分析 , The Kitakanto Medical Journal, 60( 2), 111- 118, 2010年, https://doi.org/10.2974/kmj.60.111 
79
手術室見学実習における学びの内容 術中レポートの分析 , 群馬保健学紀要, 30,  67- 75, 2010年,  
80
がん患者のセルフケアの概念分析 , 日本看護科学学会誌, 30( 2), 23- 31, 2010年, https://doi.org/10.5630/jans.30.2_23 
81
子宮全摘出術を受けたがん患者が配偶者との関係を再構築するプロセス , 日本がん看護学会誌, 24( 1), 3- 12, 2010年, https://doi.org/10.11477/mf.7007200256 
82
広汎子宮全摘出術を受けた女性が抱く性生活への戸惑いとその対処 , 群馬保健学紀要, 30,  59- 66, 2010年,  
83
広汎子宮全摘術を受けた女性が抱く性生活への戸惑いとその対処 , 群馬保健学紀要, 30,  59- 66, 2010年,  
84
呼吸困難を抱えるがん患者への看護支援に関する研究の動向と課題 , 群馬保健学紀要, 30,  19- 28, 2010年,  
85
外来化学療法における末梢神経障害の特徴に基づく看護支援の検討-副作用症状の自己記録ノートの分析から- , The Kitakanto Medical Journal, 60( 2), 143- 149, 2010年, https://doi.org/10.2974/kmj.60.143 
86
成人看護学実習を履修した看護学生のヒヤリハットに対する知識と認識について , 群馬保健学紀要, 30,  9- 18, 2010年,  
87
病を抱える患者の生き方・生きる意味をとらえた看護研究の動向と看護支援のあり方に関する課題 , 群馬保健学紀要, 29,  39- 50, 2009年,  
88
造血幹細胞移植後に再発した子どもに対する母親としての養育上の認識 , 群馬保健学紀要, 29,  71- 78, 2009年,  
89
外来化学療法における副作用症状の特徴に基づく看護支援の検討 副作用症状の自己記録ノートの分析 , 群馬保健学紀要, 29,  11- 20, 2009年,  
90
化学療法患者と放射線療法患者の倦怠感の比較 , 群馬保健学紀要, 29,  63- 70, 2009年,  
91
大学病院に勤務する医師と看護師の死生観の比較 , The Journal of Nursing Investigation, 7( 1-2), 1- 9, 2009年,  
92
ステトラ・モデルを活用した準無菌室における感染対策のイノベーション , 群馬保健学紀要, 29,  79- 86, 2009年,  
93
造血幹細胞移植患者の唾液の変化が食生活に及ぼす影響とその対処 , 群馬保健学紀要, 29,  51- 62, 2009年,  
94
成人看護学実習における看護基本技術の経験度に関する検討-新カリキュラム導入前後の比較- , 群馬保健学紀要, 29,  21- 30, 2009年,  
95
群馬県における認定看護師教育ニーズに関する調査 , 群馬保健学紀要, 29,  1- 10, 2009年,  
96
がん患者の家族に対する介入研究の動向と今後の課題 , The Kitakanto Medical Journal, 59( 4), 351- 356, 2009年, https://doi.org/10.2974/kmj.59.351 
97
大学病院における終末期がん患者が抱える日常生活動作の障害と看護支援の検討 , 群馬保健学紀要, 29,  31- 38, 2009年,  
98
手術療法を受けたがん患者に対するリンパ浮腫ケアの課題 , The Kitakanto Medical Journal, 59( 1), 43- 50, 2009年, https://doi.org/10.2974/kmj.59.43 
99
がん手術治療に伴うリンパ浮腫ケアの現状に関する全国調査 , The Kitakanto Medical Journal, 59( 1), 33- 42, 2009年, https://doi.org/10.2974/kmj.59.33 
100
Suffering among the families of cancer patients: Conceptual analysis , Kitakanto Medical Journal, 58( 1), 71- 76, 2008年02月, https://doi.org/10.2974/kmj.58.71 
101
終末期がん患者のせん妄発症に関連したニーズの検討 , 群馬大学保健学紀要, 28,  51- 59, 2008年,  
102
量的評価にみるがん患者の倦怠感の特徴~臨床における看護実践への示唆~ , 横浜看護学雑誌, 1( 1), 18- 25, 2008年,  
103
外来通院がん患者の倦怠感とその影響要因 , 北関東医学, 58( 1), 63- 69, 2008年, https://doi.org/10.2974/kmj.58.63 
104
小児がん経験者の子供を持つ父親と母親の語りからみる療養生活構築のプロセス , The Kitakanto Medical Journal, 58( 1), 35- 41, 2008年, https://doi.org/10.2974/kmj.58.35 
105
外来継続看護実習におけるがん化学療法が患者に及ぼす影響に関する学生の学び , 群馬保健学紀要, 28,  19- 30, 2008年,  
106
がん化学療法を受けている療養者のセルフマネジメントに関する研究の動向と課題 , The Kitakanto Medical Journal, 58( 2), 197- 207, 2008年, https://doi.org/10.2974/kmj.58.197 
107
真実を知らずに突然死した大腸がん患者の看護における看護師の倫理的・道徳的ジレンマの検討 , 北関東医学会, 58( 1), 27- 33, 2008年, https://doi.org/10.2974/kmj.58.27 
108
量的評価にみるがん患者の倦怠感の特徴 臨床における倦怠感アセスメントへの示唆 , 横浜看護学雑誌, 1( 1), 18- 25, 2008年,  
109
成人看護学実習におけるストーマケア外来での学生の学び , 群馬保健学紀要, 28,  41- 49, 2008年,  
110
人の強さ・立ち上がる力・成長を実感「がん看護相談外来の成果と課題」 , 日本看護技術学会誌, 7( 1), 16- 17, 2008年,  
111
看護学生の死生観に関する研究 , 桐生短期大学紀要, 18,  109- 115, 2008年,  
112
小児がんの子どもと共に歩む父親の闘病体験 , 高崎健康福祉大学紀要, 7( 7), 13- 23, 2008年,  
113
小児がん経験者の子どもを持つ父親と母親の語りからみる療養生活構築のプロセス , The Kitakanto Medical Journal, 58( 1), 35- 41, 2008年, https://doi.org/10.2974/kmj.58.35 
114
成人外来継続看護実習での人工腎臓センターにおける学生の学び , 群馬保健学紀要, 28,  31- 39, 2008年,  
115
がん患者と非がん初診患者の倦怠感の比較~多次元倦怠感尺度を用いて~ , 日本がん看護学会誌, ,   , 2008年, https://doi.org/10.2974/kmj.58.189 
116
外来通院がん患者の倦怠感とその影響因子 , The Kitakanto Medical Journal, 58( 1), 63- 69, 2008年, https://doi.org/10.2974/kmj.58.63 
117
医療廃棄物適正処理に向けた看護職員教育の効果 , The Kitakanto Medical Journal, 57( 2), 169- 174, 2007年05月, https://doi.org/10.2974/kmj.57.169 
118
外来通院をしている血液疾患患者の自己効力感-血液腫瘍患者と非血液腫瘍患者の比較 , 北関東医学会, 57( 1), 7- 15, 2007年02月, https://doi.org/10.2974/kmj.57.7 
119
外来継続看護実習におけるがん化学療法が患者に及ぼす影響に関する学生の学び , 群馬保健学紀要, 28,  19- 30, 2007年,  
120
造血幹細胞移植患者の栄養状態の変動 , 群馬保健学紀要, 27,  55- 64, 2007年,  
121
化学療法を継続する進行消化器がん患者の治療に対する意思決定要因の検討~化学療法を継続しながらも転移や増悪をきたした患者~ , 群馬保健学紀要, 27,  43- 53, 2007年,  
122
化学療法を受けながら転移や増悪を体験したがん患者の治療継続過程における情緒的反応と看護支援の検討 , 日本がん看護学会誌, 21( 1), 31- 39, 2007年, https://doi.org/10.11477/mf.7007200093 
123
外来化学療法を受けているがん患者の気がかり評定尺度の開発と信頼性・妥当性の検討 , 日本がん看護学会誌, 21( 1), 3- 13, 2007年, https://doi.org/10.11477/mf.7007200090 
124
骨髄移植ドナーとなるための意思決定に関する研究 , 群馬保健学紀要, 26,  43- 50, 2006年,  
125
放射線治療を受けるがん患者の生活再構築プロセスと看護支援 , 群馬保健学紀要, 26,  35- 42, 2006年,  
126
群馬県における専門看護師教育ニーズに関する調査 , 群馬保健学紀要, 26,  89- 95, 2006年,  
127
化学療法を受けたがん患者の倦怠感の特性 , 日本がん看護学会誌, 20( 2), 72- 80, 2006年, https://doi.org/10.11477/mf.7007200079 
128
語りにみる進行がん患者の社会的側面の変化と苦痛 , 群馬保健学紀要, 26,  61- 70, 2006年,  
129
女性生殖器がん患者の家族内役割への思いとそれに対する看護援助 , 群馬保健学紀要, 26,  51- 59, 2006年,  
130
The influence factors of self-care achievement and nursing of hematapostema outpatients , Kitakanto Medical Journal, 55( 4), 361- 366, 2005年11月, https://doi.org/10.2974/kmj.55.361 
131
放射線治療経過に伴う乳がん患者の気持ちの変化 , The Kitakanto Medical Journal, 55( 2), 105- 113, 2005年05月, https://doi.org/10.2974/kmj.55.105 
132
外来で化学療法を受けているがん患者の不安の分析 , The Kitakanto Medical Journal, 55( 2), 133- 139, 2005年05月, https://doi.org/10.2974/kmj.55.133 
133
造血幹細胞移植患者が退院後に遭遇する困難と移植後の生活を再構築できる要因 , The Kitakanto Medical Journal, 55( 2), 97- 104, 2005年05月, https://doi.org/10.2974/kmj.55.97 
134
Use of complementary and alternative medicine in Japanese patients with liver disease , Kitakanto Medical Journal, 55( 1), 19- 27, 2005年02月, https://doi.org/10.2974/kmj.55.19 
135
外来で化学療法を受けている乳がん患者の食欲不振の要因とセルフケア行動 , 群馬保健学紀要, 25,  33- 39, 2005年,  
136
保健学科学生の喫煙状況と喫煙知識に関する調査 , 群馬保健学紀要, 25,  85- 91, 2005年,  
137
STAIスコア状態不安が高得点を示した外来化学療法患者の不安内容の分析 , 群馬保健学紀要, 25,  69- 76, 2005年,  
138
がん化学療法に従事する看護師の抗がん剤取り扱いの実態と被爆への危機イメージ調査 , 群馬保健学紀要, 25,  63- 68, 2005年,  
139
女性生殖器がん患者の家族への思いとそれに対する看護援助 , 岡山大学医学部保健学科紀要, 16,  31- 38, 2005年,  
140
がん化学療法に関する看護研究の動向 , 日本がん看護学会誌, 19( 2), 95- 104, 2005年, https://doi.org/10.11477/mf.7007200038 
141
外来通院をしている血液腫瘍患者の自己効力感とその影響要因 , The Journal of Nursing Investigation, 4( 1), 6- 14, 2005年,  
142
1998年から2002年に発表されたがん化学療法に関連する看護研究の動向と課題 , 日本がん看護学会誌, 19( 2), 95- 104, 2005年, https://doi.org/10.11477/mf.7007200038 
143
STAIスコア状態不安が高得点を示した外来がん化学療法患者の不安内容の分析 , 群馬保健学紀要, 25,  69- 76, 2005年,  
144
がん化学療法に従事する看護師の抗がん剤取り扱いの実態と被曝への危機イメージ調査 , 群馬保健学紀要, 25,  63- 68, 2005年,  
145
外来化学療法を受けている乳がん患者の気がかりとその影響要因 , 群馬保健学紀要, 25,  41- 51, 2005年,  
146
外来で化学療法を受けている再発乳がん患者の日常生活上の気がかりと治療継続要因 , 群馬保健学紀要, 25,  53- 61, 2005年,  
147
外来で化学療法を受けている乳がん患者の食欲不振の要因とセルフケア行動の分析 , 群馬保健学紀要, 25,  33- 40, 2005年,  
148
初めて放射線治療を受けるがん患者の気持ちとストレス対処行動に関する質的研究 , 群馬保健学紀要, 25,  77- 84, 2005年,  
149
外来で化学療法を受ける再発乳がん患者の日常生活上の気がかりと治療継続要因 , 群馬保健学紀要, 25,  53- 61, 2005年,  
150
がん化学療法に関する看護研究の動向と課題 , 日本がん看護学会誌, 19( 2), 95- 104, 2005年, https://doi.org/10.11477/mf.7007200038 
151
化学療法を受けている消化器がん患者の気がかりとその影響要因 , The Kitakanto Medical Journal, 55( 4), 367- 374, 2005年, https://doi.org/10.2974/kmj.55.367 
152
看護学専攻第4期生の臨地実習における看護基本技術の到達度 , 群馬保健学紀要, 25,  149- 156, 2005年,  
153
看護学専攻第5期生の臨地実習における看護基本技術の到達度-4期生との比較による検討- , 群馬保健学紀要, 25,  157- 164, 2005年,  
154
がん患者における倦怠感の評価と影響要因との関係 , 群馬保健学紀要, 24,  17- 22, 2004年,  
155
大学生の喫煙状況とストレス及び喫煙関連要因の分析 , The Journal of Nursing Investigation, 3( 1), 49- 55, 2004年,  
156
他病院の受診歴があるがん患者の大学病院を受診した動機の分析 , The Kitakanto Medical Journal, 54( 4), 305- 310, 2004年, https://doi.org/10.2974/kmj.54.305 
157
レモン水洗口が唾液分泌及び味覚閾値に及ぼす影響 , 日本生理人類学会誌, 9( 2), 31- 37, 2004年, https://doi.org/10.20718/jjpa.9.2_77 
158
硝子体手術患者の入院から退院までの不安とその影響要因 , 日本看護学会誌, 14( 1), 20- 30, 2004年,  
159
造血幹細胞移植患者の思いと期待についての縦断的探求 , 群馬保健学紀要, 23,  77- 83, 2003年,  
160
高齢手術患者の術後せん妄発症率と発症状況の分析に関する研究 , 群馬保健学紀要, 23,  109- 116, 2003年,  
161
患者ー看護者関係における「思いやり」を構成する要素の検討 , 県立医療短期大学紀要, 9,  117- 130, 2002年,  
162
患者-看護師関係における「思いやり」を構成する要素の検討 被援助者にとっての「思いやり」とは , 群馬県立医療短期大学紀要, 9,  117- 130, 2002年,  
163
がん化学療法に伴う味覚変化のセルフケア教育に関する内容分析 , The Kitakanto Medical Journal, 51( 6), 379- 387, 2001年, https://doi.org/10.2974/kmj.51.379 
164
看護研究を始めよう 最初の第1歩 文献検索から研究デザインの理解まで , 群馬保健学紀要, 21,  77- 80, 2001年,  
165
大学病院における入院がん患者の病名告知状況と看護者の関わりの検討 , The Kitakanto Medical Journal, 51( 1), 27- 34, 2001年, https://doi.org/10.2974/kmj.51.27 
166
がん化学療法の伴う味覚変化のセルフケア教育に関する内容分析 , The Kitakanto Medical Journal, 51( 6), 379- 387, 2001年, https://doi.org/10.2974/kmj.51.379 
167
化学療法に伴うがん患者の味覚変化に対するアセスメントと看護介入に関する全国調査 , 群馬保健学紀要, 21,  25- 31, 2001年,  
168
Use of alternative folk medicine by hepatoma patients and the associated factors , Kitakanto Medical Journal, 51( 5), 307- 311, 2001年, https://doi.org/10.2974/kmj.51.307 
169
がん化学療法に伴う味覚閾値の変化に関する研究 , 日本がん看護学会誌, 15( 2), 52- 61, 2001年, https://doi.org/10.11477/mf.7007900144 
170
入院がん患者の病名告知に関する看護者の意識 , 群馬保健学紀要, 21,  33- 38, 2001年,  
171
慢性肝疾患患者における自尊感情の要因分析 , 群馬保健学紀要, 21,  45- 50, 2001年,  
172
入院がん患者の告知状況に関する研究 がん専門病院と一般病院の比較 , 群馬保健学紀要, 21,  39- 44, 2001年,  
173
骨髄移植を受けた患者家族の不安内容の分析 , 群馬保健学科紀要, 21,  7- 13, 2001年,  
174
患者教育のための看護実践モデルの適用検討 , 日本看護科学学会学術集会講演集, 20回,  218- 218, 2000年12月,  
175
骨髄移植患者の退院後における適応問題の分析 , 群馬保健学紀要, 20,  13- 20, 2000年,  
176
Effects of shiatsu massage on relief of anxiety and side effect symptoms of patients receiving cancer chemotherapy , Kitakanto Medical Journal, 50( 3), 227- 232, 2000年, https://doi.org/10.2974/kmj.50.227 
177
がん化学療法を受ける患者に提供されている病院食の実態に関する全国調査 , 群馬大学医学部保健学科紀要, 20/,13-20,   , 2000年,  
178
癌化学療法を受けている患者の不安及び副作用症状の緩解に指圧マッサージが及ぼす効果(英語) , THE KITAKANTO MEDICAL JOURNAL, 50( 3), 227- 232, 2000年, https://doi.org/10.2974/kmj.50.227 
179
Bathing before sleep in the young and in the elderly , EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY AND OCCUPATIONAL PHYSIOLOGY, 80( 2), 71- 75, 1999年07月, https://doi.org/10.1007/s004210050560 
180
がん化学療法が造血器腫瘍患者の食事摂取に及ぼす影響 , 群馬大学医学部保健学科紀要, 19,  51- 57, 1999年,  
181
がん化学療法が造血器腫瘍患者の食事摂取におよぼす影響 , 群馬大学医学部保健学科紀要, 19,  455- 459, 1999年,  
182
Study on the Gustatory Change of Cancer Chemotherapy Patients : PartⅡThe Relationship between Chemotherapy Side Effects and Gustatory Change , The Kitakanto Medical Journal, 48( 6), 455- 459, 1998年, https://doi.org/10.2974/kmj.48.455 
183
がん化学療法を受けた患者の味覚変化に関する研究 第1報 がん化学療法剤と味覚変化との関係 , 日本がん看護学会誌, 12巻( 1), 3- 10, 1998年,  
184
Taste Disturbance in Patients Treated with Cancer Chomotherapy -First Report-Relationship between Chemotherapeutic Agents and Changes in Teste Sensation , , 12( 1), 3- 10, 1998年,  
185
がん化学療法を受けた造血器腫瘍患者の自尊感情およびその関連因子 , The Kitakanto Medical Journal, 47( 4), 281- 283, 1997年,  
186
保温に効果的な足浴の検討 温浴・交互浴の検討 , 群馬大学医療技術短期大学部紀要, 16,  23- 28, 1996年,  
187
Effects of the Thermal Conditions of the Dressing Room and Bathroom on Physiological Responses during Bathing , APPLIED HUMAN SCIENCE Journal of Physiological Authropology, 15/1,19-24( 1), 19- 24, 1996年, https://doi.org/10.2114/jpa.15.19 
188
Thermal conditions in the bathroom in winter and summer, and physiological responses of the elderly during bathing , Japanese Journal of Hygiene, 50( 2), 595- 603, 1995年, https://doi.org/10.1265/jjh.50.595 
189
Body Movements of the Elderly during Sleep and Thrmal Conditions in Bedroom in Summer , APPLIED HUMAN SCIENCE Journal of Physiologic, 14( 2), 89- 93, 1995年, https://doi.org/10.2114/ahs.14.89 
190
在宅健康老人の主観的幸福感及びその関連要因の検討 , 群馬大学医療技術短期大学部紀要, 15,  25- 29, 1995年,  
191
慢性肝炎患者のトランスアミナーゼ値変動が不安状態に及ぼす影響 , 群馬大学医療技術短期大学部紀要, 15,  1- 36, 1995年,  
192
在宅要介護老人の介護者の抑うつ度と負担度の関連に関する研究 , 日本看護学会誌, 3( 1), 28- 37, 1994年,  
193
在宅健康老人の抑うつ度とその関連要因についての研究 , 群馬大学医療技術短期大学部紀要, 14,  39- 43, 1994年,  
194
看護者の痛みの観察に関する研究 痛みの観察と看護経験年数との関連 , 群馬大学医療技術短期大学部紀要, 13,  1- 10, 1993年,  
195
A development of a computer program for normalization of the test results by fluorescence enzyme-linked immunosorbent assay for specific IgE antibody , , 13,  111- 119, 1993年,  
196
入院高齢癌患者のQOLと看護についての一考察 , 群馬大学医療技術短期大学部紀要, 13,  45- 50, 1993年,  
197
特異IgE抗体に対するRFU値のコンピュ-タ-プログラムを用いての標準化 , 群馬大学医療技術短期大学部紀要, 13,  111- 119, 1993年,  
198
一般健康者と高血圧患者の抑うつ状態の出現頻度の比較 , 群馬大学医療技術短期大学部紀要, 13,  17- 22, 1993年,  
199
在宅老人介護者の抑うつ状態に関する研究ー日本版SDS自己評価式抑うつ性尺度による解析ー , 群馬大学医療技術短期大学部紀要, 12,  59- 65, 1992年,  
200
一般健康人と血液・造血器腫瘍患者の抑うつ状態の出現頻度の比較 , 群馬大学医療技術短期大学部紀要, 10,  51- 57, 1990年,  
201
大都市居住老人の福祉手当受給に関する5年間の追跡研究 , 日本公衆衛生学会誌, 37( 9), 761- 767, 1990年,  
202
造血器腫瘍患者のステロイド使用による抑うつ状態の出現に関する研究 , 日本がん看護学会誌, 4( 1), 50- 53, 1990年,  
203
造血器腫瘍患者のステロイド剤使用による抑うつ状態の出現に関する研究 , 日本がん看護学会誌, 4( 1), 50- 53, 1990年,  
204
急性白血病患者の食事、行動の自立度の実態検査データー・徴候の分析 , 日本がん看護学会誌, 3( 1), 100- 103, 1989年,  
205
一般健康人と血液・造血器腫瘍患者の抑うつ状態の出現頻度の比較 , 群馬大学医療技術短期大学部紀要, 10,  51- 57, 1989年,  
206
特別養護老人ホーム入所者の生活時間構造および24時間心拍数変動 , 日本看護科学会誌, 7( 1), 18- 28, 1987年, https://doi.org/10.5630/jans1981.7.1_18 
207
がん看護 , , ,   ,  ,  

 

MISC
No.MISCタイトル URL, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日) 
1
看護継続教育におけるがん看護教育プログラムの特徴と課題 , 群馬保健学研究, 38,  67- 78, 2018年 
2
【がん疼痛マネジメント】 (第V章)治療による痛み 化学療法による痛み , がん看護, 23( 2), 249- 254, 2018年 
3
【在宅での抗がん薬の曝露予防】 「がん薬物療法における曝露対策合同ガイドライン」の概要 , コミュニティケア, 20( 2), 24- 27, 2018年 
4
食道がん患者の体重減少に関する研究論文の分析と課題 , 群馬保健学研究, 38,  57- 66, 2018年 
5
地域包括ケア時代の保健・医療・福祉を担う人材に対する教育内容の分析 - 地域志向型の看護基礎教育内容の検討 , 群馬保健学研究, 38,  23- 33, 2018年 
6
地域や在宅での暮らしを見据えた看護に関する群馬一丸GP導入前後の教員の意識や教育状況 , 群馬保健学研究, 38,  121- 126, 2018年 
7
The necessity and the current status of safe handling of anticancer drugs , Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy, 44( 7), 545- 549, 2017年07月01日 
8
終末期がん患者と家族が受けている訪問看護ケア内容の分析 , 群馬保健学研究, 37,  53- 61, 2017年 
9
在宅ケアマインドを育てる看護基礎教育 : 課題解決型高度医療人材育成プログラム事業「群馬一丸で育てる地域完結型看護リーダー」 , 群馬保健学研究, 37,  121- 126, 2017年 
10
がんサバイバーとその家族の就労状況に関する研究の分析 , 群馬保健学研究, 37,  89- 99, 2017年 
11
自宅での看取りに影響を及ぼす家族の要因分析 , 群馬保健学研究, 37,  41- 51, 2017年 
12
抗がん薬の曝露対策の必要性とその現状 , 癌と化学療法, 44( 7), 545- 549, 2017年 
13
Development of Application for Regarding to Peripheral Nerve Disorder Caused by Cancer Therapy , CANCER NURSING, 39,  S75- S76, 2016年11月 
14
Conceptual Analysis of a Feeling of Dyspnea Among Cancer Patients , CANCER NURSING, 39,  S80- S81, 2016年11月 
15
Survey of the Safe Handling of Hazardous Drugs by Nurses in Japan , CANCER NURSING, 39,  S96- S97, 2016年11月 
16
Development of the Comprehensive Assessment Scale for Cipn in Survivors of Cancer , CANCER NURSING, 39,  S71- S72, 2016年11月 
17
Development and Varidation of the Self-Care Agency Scale of Cancer Patients in Therapy , CANCER NURSING, 39,  S71- S71, 2016年11月 
18
Emotional Issues for End-of-Life Cancer Patients at Home , CANCER NURSING, 39,  S67- S68, 2016年11月 
19
日本がん看護学会ガイドライン委員会発足後4年間の活動 , 日本がん看護学会誌, 30( Suppl.), 299- 299, 2016年01月 
20
知るとケアがもっとよくなる! どうなっている? 患者さんのこころの中(第2回)肺がん患者さんの呼吸困難を理解するための考え方 , Expert Nurse, 32( 5), 79- 84, 2016年 
21
がん薬物療法における曝露対策合同ガイドラインの概要 , がん看護, 21( 6), 589- 592, 2016年 
22
地域包括ケアに根差した在宅ケアマインドを育てる看護教育 , 看護展望, 41( 10), 961- 966, 2016年 
23
外来化学療法を受けているがん患者の気がかり評定尺度の開発と活用事例の紹介 , がん看護, 21( 5), 537- 541, 2016年 
24
群馬県内病院看護職の在宅を見据えた看護活動に関する実態調査 , 北関東医学, 66( 1), 31- 35, 2016年 
25
看護師がキャリア発達のために抱く病院・大学院への期待に関する調査 , 群馬保健学紀要, 36,  39- 47, 2016年 
26
症状の改善のためのセルフモニタリング介入に関する研究の分析 , 群馬保健学紀要, 36,  83- 96, 2016年 
27
チームで取り組むがん 薬物療法における曝露対策 ―ガイドライン発刊後半年の現状と課題― , 日本がん看護学会誌, 30( 2), 110- 114, 2016年 
28
病を抱えながら生きることに関する価値観の分析 , 群馬保健学紀要, 36,  125- 134, 2016年 
29
在宅を見据えた看護実践度の調査結果をもとにグループインタビューで見出した在宅の視点をもつ病院看護師育成のための課題 , 日本在宅医学会大会抄録集, 18th,  414- , 2016年 
30
組織の変革を進めるということ , がん看護, 21( 6), 583- 585, 2016年 
31
「病院看護職の在宅を見据えた看護活動尺度」開発の試み , 日本看護科学学会学術集会講演集, 35th,  490- , 2015年11月 
32
群馬県内病院看護師の退院支援における困難の内容 , 日本看護科学学会学術集会講演集, 35th,  230- , 2015年11月 
33
群馬県内病院看護職の在宅を見据えた看護活動パターン , 日本看護科学学会学術集会講演集, 35th,  230- , 2015年11月 
34
群馬県内病院看護師の在宅を見据えた看護活動に関する実態調査 , 日本看護科学学会学術集会講演集, 35th,  404- , 2015年11月 
35
群馬県内看護系大学4年生がもつ退院支援に対する興味・関心の実状 , 日本看護科学学会学術集会講演集, 35th,  579- , 2015年11月 
36
いま知っておきたい! 抗がん薬の最新知識 , Expert Nurse, 31( 9), 48- 50, 2015年 
37
看護職員のキャリア発達のためのキャリア計画・支援の実態 , 群馬保健学紀要, 35,  1-9.- , 2015年 
38
群馬県内病院看護職の在宅を見据えた看護活動と属性の関係 , 北関東医学会総会プログラム・抄録, 62nd,  26- 27, 2015年 
39
がん治療における看護師の意思決定支援の内容 , 群馬保健学紀要, 35,  61- 70, 2015年 
40
課題解決型高度医療人材育成プログラム事業「群馬一丸で育てる地域完結型看護リーダー」のオーバービュー , 群馬保健学紀要, 35,  105- 107, 2015年 
41
看護職のキャリア形成としての大学院進学・人事交流に関する基本調査 , 群馬保健学紀要, 35,  11-20.- , 2015年 
42
病院におけるクリニカルキャリアパス-看護職員のキャリア発達・支援に関する基礎調査- , 群馬保健学紀要, 35,  21- 28, 2015年 
43
【看護専門外来の企画書】 がん相談外来設立の経緯と現状 , がん患者ケア, 4( 5), 60- 68, 2011年 
44
がん相談外来設立の経緯と現状 , がん患者ケア, 4( 5), 60- 68, 2011年 
45
【患者の声に応える ナース必見専門外来ガイド】 がん相談外来 群馬大学医学部附属病院 , 臨床看護, 37( 12), 1509- 1516, 2011年 
46
The Process by Which Families of Glioblastoma Patients Come Through Emotional Pain and Prepare for Hospice Care , JOURNAL OF HOSPICE & PALLIATIVE NURSING, 12( 2), 124- 136, 2010年03月 
47
【抗がん剤の安全な取り扱いと曝露対策 個人・組織に求められる取り組み】 日本における抗がん剤の取り扱いと曝露防止の現状 , がん看護, 15( 6), 573- 576, 2010年 
48
在宅療養を望む終末期がん患者の看護 主介護者に焦点をあてた支援の検討 , 日本透析医学会雑誌, 43( 5), 467- 472, 2010年 
49
患者支援の新しいカタチ 看護専門外来 がん看護相談外来 , ナース専科, 29( 1), 67- 69, 2009年 
50
外来がん化学療法を受けるがん患者・家族の抱える不安と看護介入 , 外来看護最前線, 14( 3), 87- 98, 2009年 
51
【外来におけるがん患者とのかかわりと看護実践】 外来がん化学療法を受けるがん患者・家族の抱える不安と看護介入 , 外来看護最前線: 生活習慣病&外来がん看護, 14( 3), 87- 98, 2009年 
52
【がん化学療法を取り巻く現在の課題】 抗がん剤の曝露予防対策 , がん看護, 14( 5), 570- 573, 2009年 
53
がん看護相談外来 , 看護技術, 54( 5), 95- 98, 2008年 
54
【新しい外来看護をデザインする】 外来の教育支援と実践活動に必要な看護アプローチ 生活の再構築を支える教育支援 , 看護技術, 54( 5), 34- 38, 2008年 
55
外来がん化学療法患者・家族への構造的セルフケア支援プログラムの開発と評価 , 平成17年度~平成19年度科学研究費補助金(基盤研究c) 研究成果報告書, ,  1- 127, 2008年 
56
【新しい外来看護をデザインする】 患者・家族が変わる外来看護の実践活動 がん看護相談外来 , 看護技術, 54( 5), 95- 98, 2008年 
57
生活の再構築を支える教育支援 , 看護技術, 54( 5), 34- 38, 2008年 
58
Analysiss in the need related to delirium in the terminal-ill cancer patients , Second Internationa Conference Japanese Society of Cancer Nursing, ,   , 2007年 
59
【造血幹細胞移植のすべて】 移植患者の看護 食事 , 血液・腫瘍科, 55( 5), 644- 650, 2007年 
60
看護過程ガイダンス 白血病 , ナーシングカレッジ, 11( 10), 46- 63, 2007年 
61
がん患者の症状緩和ケア 第Ⅱ部がん患者の苦痛症状と緩和ケア:呼吸困難 , メジカルフレンド社、看護技術, 52( 12), 46- 53, 2006年 
62
看護過程レビュー 悪性リンパ腫 , ナーシングカレッジ, 9( 13), 46- 52, 2005年 
63
看護過程レビュー 化学療法を受ける悪性リンパ腫患者の看護 ケース・スタディ , ナーシングカレッジ, 9( 13), 56- 63, 2005年 
64
看護過程レビュー 化学療法を受ける悪性リンパ腫患者の看護 , ナーシングカレッジ, 9( 13), 53- 55, 2005年 
65
がん患者の倦怠感に対するセルフマネジメント教育 , 看護技術, 51( 7), 54- 57, 2005年 
66
がん化学療法の味覚障害に対するレモン炭酸水含嗽の生理・心理学的影響 , 平成15年度~平成16年度 科学研究費補助金 基盤 研究(C)(2)研究成果報告書, ,  1- 70, 2005年 
67
行動変容を促す技法とその理論・概念的背景、看護の教育的機能向上のための『看護実践モデル』の検証および患者教育の体系化 , 平成13~16年度科学研究費補助金、基盤研究(B)(1)、研究成果報告書, ,  140- 150, 2005年 
68
外来化学療法を受けているがん患者の気がかり評定尺度の開発および乳がん患者の気がかりとその影響要因に関する研究 , 平成15年度木村看護研究助成事業 看護研究集録, 12,  1- 20, 2005年 
69
造血幹細胞移植体験が生き方に与える影響と移植を乗り越えた要因の分析 , がん看護, 10( 2), 171- 178, 2005年 
70
大学生の喫煙状況とストレスおよび喫煙関連要因の分析 , The Journal of Nursing Investigation(1348-3722)3巻1号 Page49-55(2004.12), 3( 1), 49- 55, 2004年 
71
行動変容を促す技法とその理論・概念的背景 , 看護研究, 36( 3), 213- 223, 2003年 
72
乳がん治癒のためのコーメンシアトルレース , がん看護, 8( 1), 43- 44, 2003年 
73
化学療法による免疫機能低下がある患者の看護 アセスメントの視点と看護計画 , クリニカルスタディ, 24( 9), 9- 16, 2003年 
74
米国がん遺伝専門クリニック ナースプラクティショナーによる遺伝カウンセリングの実際 , がん看護, 8( 5), 396- 399, 2003年 
75
がん化学療法の看護 主な副作用とその対応 食欲不振 , ナーシング, 23( 10), 68- 73, 2003年 
76
化学療法による免疫機能低下がある患者の看護 事例展開 , クリニカルスタディ, 24( 9), 17- 27, 2003年 
77
【患者教育のための「看護実践モデル」開発の試み】 行動変容を促す技法とその理論・概念的背景 , 看護研究, 36( 3), 213- 223, 2003年 
78
【ケア技術のエビデンス】 感覚障害ケアのエビデンス 味覚 , 臨床看護, 29( 13), 2012- 2021, 2003年 
79
硝子体手術患者の視力回復過程における不安の縦断的変化と介入方法の検討 , 平成13年度木村看護教育 研究財団研究資金研究成果報告書, 10,  13- 24, 2003年 
80
がん化学療法の味覚障害に対する効果的な口腔ケアの検討 , 平成11年度~平成13年度 科学研究費補助金 基盤研究(C)(2)研究成果報告書, ,  1- 70, 2002年 
81
癌化学療法に伴う味覚障害患者の看護 , JOHNS, 18( 5), 11- 16, 2002年 
82
癌在宅ケア , medicina, 38巻( 9号), 1541- 1543, 2001年 
83
がん化学療法の最新ケア 不快症状の緩和とセルフマネジメント支援 食欲不振 , 看護技術, 47巻11号p.29~p.34,   , 2001年 
84
実習で出会う薬剤 白血病 , プチナース, 10( 6), 50- 59, 2001年 
85
患者教育方法に関する知識・技術(概論理論編)、「慢性疾患患者の主体性、自己決定とセルフケア促進のための患者教育方法の開発」 , H9-12年度科学研究費補助金、基盤研究B2、研究成果報告, ,  23- 33, 2001年 
86
がん化学療法に対するストレスの探求 準無菌室入室患者の情動反応と行動反応の内容分析 , 看護技術, 47( 9), 88- 94, 2001年 
87
患者教育方法に関する知識・技術(事例への適応)、「慢性疾患患者の主体性、自己決定とセルフケア促進のための患者教育方法の開発」 , H9-12年度科学研究費補助金、基盤研究 B2、研究成果報告, ,  72- 81, 2001年 
88
看護学生とその母親の死に対するイメージの比較と対話状況 , ホスピスケアと在宅ケア, 9( 1), 34- 40, 2001年 
89
レビュー看護技術 がん化学療法に対するストレスの探究 準無菌室入室患者の情動反応と行動反応の内容分析 , 看護技術, 47( 11), 1290- 1296, 2001年 
90
がん化学療法の最新ケア 不快症状の緩和とセルフマネジメント支援 変わりゆく化学療法とケア , 看護技術, 47( 11), 17- 23, 2001年 
91
症状 甲状腺機能障害 甲状腺薬 , EXPERT NURSE, 16( 6), 98- 102, 2000年 
92
症状 痛風・高尿酸血症高尿酸血症治療薬 , EXPERT NURSE, 16( 6), 94- 97, 2000年 
93
最新がん看護トピックス 味覚障害のマネジメント , EXPERT NURSE, 16( 14), 112- 120, 2000年 
94
がん看護 がん化学療法で変化する味覚にどう対応する , EXPERT NURSE, 16( 10), 16- 20, 2000年 
95
ナ-スのための検査値マニュアル 第2版アセスメント・ケア・ケア計画 , 廣川書店, p.42~p.44p.44~p.47p.53~p.55p.55~p.58p.59~p.61p.65~p.67p.72~p.74p.79~p.81p.85~p.87,   , 2000年 
96
The lufluence of Cancer Chemotherapy on Food intake in Patients with Hematological Malignancies , Annals of Gunma University School of Health Sciences, 19,  455- 459, 1999年 
97
看護デ-タブック , 医学書院, p.24~p.33p.34~p.47p.48~p.58p.59~p.70p.115~p.121p.122~p.126p.230~p.249,   , 1998年 
98
がん化学療法を受けた造血器腫瘍患者の自尊感情およびその関連因子 , がん看護, 1( 3), 242- 247, 1996年 
99
血液疾患患者のフィジカルアセスメント , 看護技術, 41( 6), 653- 659, 1995年 
100
慢性疾患患者の教育ガイド , 日本総合研究所, p.5~p.16p.39~p.56p.57~p.78p.121~p.135p.137~p.156p.175~p.193,   , 1994年 
101
高齢者のための建築環境 , 彰国社, 2.3.4,p.54~p.55,   , 1994年 
102
Body Movements of the Elderly during Sleep and Thermal Conditions in Bedrooms in Summer , APPLIED HUMAN SCIENCE Journal of Physiological Anthropology, 2/,89-93,   , 1993年 
103
ADLの低下している在宅老人の介護負担度に関する研究 数量化一類を用いた要因分析 , 看護展望, 18( 3), 92- 99, 1993年 
104
Body Movements of the Elderly during Sleep and Thermal Conditions in Bedrooms in Summer , APPLIED HUMAN SCIENCE Journal of Physiological Anthropology, 2/,89-93,   , 1993年 
105
ADLが低下している在宅老人の介護負担度に関する研究 数量化I類を用いた要因分析 , 看護展望, 18( 3), 92- 99, 1993年 
106
入浴時の生理心理反応に及ぼす脱衣室・浴室温の影響 : 生理人類学会第28回大会 , The Annals of physiological anthropology, 11( 5),  , 1992年 
107
多発性骨髄腫患者の日常生活行動の実態 , 臨床看護, 14( 3), 411- 418, 1989年 
108
抗腫瘍剤溢出時の湿布の効果 ーウサギを用いた病理組織学的変化ー , 看護展望, 13( 3), 364- 371, 1989年 
109
抗腫瘍剤溢出時の処置方法の実態 -溢出事例の紹介とアンケート調査 , 看護展望, 13( 1), 83- 88, 1989年 
110
対症看護マニュアル , 医学書院, ,  517- 571, 1988年 
111
特別養護老人ホームにおける栄養素摂取量調査 , 臨床看護, 12( 5), 715- 720, 1986年 
112
内科病棟の落下菌数と塵挨数および入退室回数と塵挨数との関係 , 看護技術, 32( 14), 1824- 1831, 1986年 
113
長期にわたり完全緩解できない白血病患者の看護 , クリニカルスタディ, 3( 4), 55- 67, 1982年 
114
出血傾向のある患者の口腔内ケアの検討 第一報 , 看護実践の科学, 6( 3), 29- 35, 1981年 
115
血液疾患患者の口腔内ケアの検討 第二報 , 看護実践の科学, 6( 9), 33- 46, 1981年 

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル, 会議名, 発表年月日, 主催者, 開催地 
1
病を抱えながら生きることに関する価値観の分析, 日本看護研究学会 学術集会抄録, 2016年, ,  
2
症状の改善のためのセルフモニタリング介入に関する研究の分析, 日本看護研究学会 学術集会抄録, 2016年, ,  
3
がん患者の感情表出を促す支援に伴う困難の内容分析, 日本看護研究学会 学術集会抄録, 2016年, ,  
4
化学放射線治療を受けている食道がん患者の食体験を支えるケアに関する調査, 日本看護研究学会 学術集会抄録, 2016年, ,  
5
A県の「がん分野における質の高い看護師育成研修」事業の5年間の評価-研修修了生の評価-, 日本がん看護学会学術集会 講演集, 2016年, ,  
6
がん患者の感情表出を促す支援実態調査, 日本看護研究学会 学術集会抄録, 2016年, ,  
7
A県の「がん分野における質の高い看護師育成研修」事業の5年間の評価~看護管理者の評価~, 日本がん看護学会学術集会 講演会, 2016年, ,  
8
看護師のがん薬物療法における曝露対策に関する実態調査-がん薬物療法における曝露対策合同ガイドライン発行前調査-, 日本がん看護学会学術集会 講演集, 2016年, ,  
9
文献レビューに基づくがん患者が体験する呼吸困難感による影響の様相, 日本がん看護学会学術集会 講演集, 2016年, ,  
10
治療変更を余儀なくされる再発・進行がん患者の揺らぎから自己決定に至るプロセス, 日本がん看護学会学術集会 講演集, 2016年, ,  
11
がん性疼痛を抱える進行がん患者のストレスマネジメントに対するセルフモニタリング法を活用した看護介入の評価, 日本がん看護学会学術集会 講演集, 2016年, ,  
12
食道狭窄により経腸栄養を必要とする食道がん患者の『身体の経験』, 日本がん看護学会学術集会 講演集, 2016年, ,  
13
看護師ががん患者の子どもに行う支援に関する研究, 日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2015年, ,  
14
大学院看護職員における地域完結型看護の実践度評価, 北関東医学会, 2015年, ,  
15
在宅緩和ケア療養者の死に関わる訴えに対する看護師の情動・認知と行動, 日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2015年, ,  
16
化学療法に伴う脱毛に関する研究(第3報) 脱毛を経験したがん患者への脱毛ケアプログラムの試み 認識の変化に焦点をあてて, 第28回日本がん看護学会学術集会, 2014年, ,  
17
外来化学療法中のがん患者のセルフケア能力とQuality of Lifeとの関係, 第28回日本がん看護学会学術集会, 2014年, ,  
18
病を抱える患者・支援者の役割遂行に関する研究の動向と課題, 第28回日本がん看護学会学術集会, 2014年, ,  
19
化学療法に伴う脱毛に関する研究(第2報) 脱毛を経験したがん患者への脱毛ケアプログラムの試み 量的データからの分析, 第28回日本がん看護学会学術集会, 2014年, ,  
20
治療を行う患者および家族の揺らぎに関する研究の動向, 第28回日本がん看護学会学術集会, 2014年, ,  
21
ELEMENTS IN THE DEFINITION OF SPIRITUAL PAIN, 18th ICCN, 2014年, ,  
22
初発乳がん患者が罹患に伴う情報を小学生の子どもに伝えるプロセス, 第28回日本がん看護学会学術集会, 2014年, ,  
23
ELEMENTS IN THE DEFINITION OF SPIRITUAL PAIN, 18th ICCN, 2014年, ,  
24
EMOTIONAL RESPONSES TO PERIPHERAL NEUROPATHY EXPERIENCED BY COLORECTAL CANCER PATIENTS IN JAPAN, 18th ICCN, 2014年, ,  
25
EMOTIONAL RESPONSES TO PERIPHERAL NEUROPATHY EXPERIENCED BY COLORECTAL CANCER PATIENTS IN JAPAN, 18th ICCN, 2014年, ,  
26
看護職員のキャリア発達・支援に関する基礎調査(第2報) キャリア形成としての大学院進学・人事交流, 第40回日本看護研究学会学術集会, 2014年, ,  
27
看護職員のキャリア発達・支援に関する基礎調査(第3報) 病院におけるクリニカルキャリアパス, 第40回日本看護研究学会学術集会, 2014年, ,  
28
子宮頸がんの教育に関する研究の動向と基礎調査に関する分析, 第40回日本看護研究学会学術集会, 2014年, ,  
29
看護職員のキャリア発達・支援に関する基礎調査(第1報) キャリア計画・支援の実態, 第40回日本看護研究学会学術集会, 2014年, ,  
30
看護職員のキャリア発達・支援に関する基礎調査 第4報 附属病院と保健学研究科への期待に関する内容分析, 第34回日本看護科学学会学術集会, 2014年, ,  
31
化学療法に伴う慢性末梢神経障害の程度とQOLとの関係, 第34回日本看護科学学会学術集会, 2014年, ,  
32
痛みの出現を恐怖と感じ自律性を喪失していたがん患者への看護支援 IASMの理論を用いた痛みに対する症状マネジメント, 群馬がん看護研究会, 2014年, ,  
33
乳がん患者が親に病気について伝える理由とその内容, 第22回日本乳癌学会学術総会, 2014年, ,  
34
化学療法に伴う脱毛に関する研究(第1報) 研究の動向と課題, 第28回日本がん看護学会学術集会, 2014年, ,  
35
大腸がん化学療法の持続性末梢神経障害- 「しびれ」が及ぼす心理的ストレスとその対処-, 第27回日本がん看護学会学術集会, 2013年, ,  
36
大腸がん化学療法の持続性末梢神経障害「しびれ」が及ぼす心理的ストレス, 第27回日本がん看護学会学術集会, 2013年, ,  
37
看護師による皮下埋め込み型CVポート穿刺業務導入への取り組み, 第27回日本がん看護学会学術集会, 2013年, ,  
38
がん患者の意思決定に関する研究の動向と課題, 第27回日本がん看護学会学術集会, 2013年, ,  
39
大腸がん患者が体験する持続性末梢神経障害「しびれ」によるスピリチュアルペイン, 第27回日本がん看護学会学術集会, 2013年, ,  
40
痛みの出現を恐怖と感じ自律性を喪失していたがん患者への看護支援 IASMの理論を用いた痛みに対する症状マネジメント, 第28回群馬緩和医療研究会, 2013年, ,  
41
大腸がん患者が体験する持続性末梢神経障害「しびれ」に伴う日常生活への影響, 第27回日本がん看護学会学術集会, 2013年, ,  
42
大学病院入院中のがん患者が転院を受け入れ新たな環境で人との関係性を構築するプロセス, 第27回日本がん看護学会学術集会, 2013年, ,  
43
子宮頚部円錐切除術を受けた女性の検診履歴分析から見た検診のあり方に関する研究, 第27回日本がん看護学会学術集会, 2013年, ,  
44
緩和ケア病棟について情報提供を受けた患者の意思決定プロセスに関する研究, 日本緩和医療学会学術大会, 2012年, ,  
45
Development and validation of a Chemotherapy-induced Taste Alteration Scale for Daily Life, 17th International Conference on Cancer Nursing, 2012年, ,  
46
群馬大学大学院がんプロフェッショナル養成プラン 北関東域連携がん先進医療人材育成プラン 重粒子線照射装置を中心とした集学的がん治療法の確立・普及を目指して 保健学研究科における『がんプロ』5年間の成果, 群馬がん看護研究会, 2012年, ,  
47
持続する痛みにより生命の危機を感じた直腸がん患者への看護支援~IASMの理論を用いた痛みに対する症状マネジメント~, 第9回群馬がん看護フォーラム, 2012年, ,  
48
痛みを恐怖と意味づける膀胱がん患者への看護支援~IASMの理論を用いた症状マネジメント~, 第9回群馬がん看護フォーラム, 2012年, ,  
49
The research trend of studies and problems on the Japanese nursing assistance for the cancer patients having a difficulty in breathing, 17th International Conference on Cancer Nursing, 2012年, ,  
50
怒りの中にある対応の難しい急性骨髄性白血病患者の援助 ストレス・コーピング理論を用いて, 第11回群馬がん看護フォーラム, 2012年, ,  
51
呼吸器外科側臥位手術患者における肩部痛緩和の介入評価, 国立病院総合医学会, 2012年, ,  
52
進行がん患者の意思決定を支える看護師の困難感に関する研究, 日本がん看護学会, 2012年, ,  
53
化学療法にともなう味覚変化が生活に与える影響と対処能力の評価スケール開発, 日本がん看護学会, 2012年, ,  
54
語りにみる進行肺がん患者の家族成員のWell-being回復過程の検討, 日本がん看護学会, 2012年, ,  
55
在宅療養がん患者を看取る家族において訪問看護師が「何かおかしい」と気になるサインを認識するプロセス, 日本緩和医療学会学術大会, 2012年, ,  
56
顔の見える連携づくりの形成 高崎地域緩和ケアネットワークの活動, 群馬がん看護研究会, 2012年, ,  
57
がんサバイバーが社会的活動を通じて新たな役割を獲得するプロセス, 日本看護科学学会学術集会, 2012年, ,  
58
組織における抗がん剤曝露対策の推進力と必要な事柄~がん化学療法認定看護師を対象とした調査から~, 日本がん看護学会, 2012年, ,  
59
群馬大学大学院 がんプロフェッショナル養成プラン-北関東連携がん先進医療人材育成プラン- ~重粒子線照射装置を中心とした集学的がん治療法の確立・普及を目指して~ 保健学研究科における『がんプロ』5年間の成果, 第9回群馬がん看護フォーラム, 2012年, ,  
60
腹部膨満感の強いがん患者への看護に困難を感じる看護師の相談事例からの学び, 第9回群馬がん看護フォーラム, 2012年, ,  
61
大腸がん患者が体験する持続性末梢神経障害「しびれ」に対する身体感覚(会議録), 第38回日本看護研究学会学術集会, 2012年, ,  
62
The research trend of studies and problems on the Japanese nursing assistance for the cancer patients having a difficulty in breathing, 17th International Conference on Cancer Nursing, 2012年, ,  
63
Analysis of Elements Required to Compile and Establish Guidelines for use by Hospital Organizations in Taking Measures against Anticancer Drug Exposure, 17th International Conference on Cancer Nursing, 2012年, ,  
64
The process of achieving self-image in breast cancer patients -who experience hair loss due to chemotherapy in an outpatient setting-, 17th International Conference on Cancer Nursing, 2012年, ,  
65
医療者が捉える「その人らしさ」に関する研究内容の分析, 第17回日本緩和医療学会学術集会, 2012年, ,  
66
Analysis of Life and Death Perception Held by Patients Diagnosed with Terminal Disease in Japan, 17th International Conference on Cancer Nursing, 2012年, ,  
67
Development and validation of a Chemotherapy-induced Taste Alteration Scale for Daily Life, 17th International Conference on Cancer Nursing, 2012年, ,  
68
自宅で自らの死を見つめながら過ごす終末期がん患者の「生と死」に関する体験, 第32回日本看護科学学会学術集会 日本再生のとき、看護学の真価を問う, 2012年, ,  
69
がんプロフェッショナル養成基盤推進プランにおけるがん看護e-learning, 第32回日本看護科学学会学術集会 日本再生のとき、看護学の真価を問う, 2012年, ,  
70
大腸がん患者における持続性末梢神経障害が及ぼす社会生活への影響, 第38回日本看護研究学会学術集会-プログラム及び内容要旨-, 2012年, ,  
71
大腸がん患者が体験する持続性末梢神経障害「しびれ」に対する身体感覚, 第38回日本看護研究学会学術集会-プログラム及び内容要旨-, 2012年, ,  
72
Analysis of Life and Death Perception Held by Patients Diagnosed with Terminal Disease in Japan, 17th International Conference on Cancer Nursing, 2012年, ,  
73
The process of achieving self-image in breast cancer patients -who experience hair loss due to chemotherapy in an outpatient setting-, 17th International Conference on Cancer Nursing, 2012年, ,  
74
Analysis of Elements Required to Compile and Establish Guidelines for use by Hospital Organizations in Taking Measures against Anticancer Drug Exposure, 17th International Conference on Cancer Nursing, 2012年, ,  
75
化学療法に伴う末梢神経障害を体験した患者がセルフマネジメントの自信を獲得するプロセス, 日本がん看護学会, 2011年, ,  
76
化学療法にともなう味覚変化に対する症状評価スケールの開発, 日本がん看護学会, 2011年, ,  
77
子宮を摘出する婦人科患者の術前の不安とその対処, 日本がん看護学会, 2011年, ,  
78
治療を受ける高齢がん患者の語りにみる希望に関する研究, 第8回群馬がん看護フォーラム, 2011年, ,  
79
がん患者の家族に関する文献の検討 家族システム理論に焦点を当てて, 日本がん看護学会, 2011年, ,  
80
死を認知した再発・進行がん患者が希望を見いだすプロセス, 日本がん看護学会, 2011年, ,  
81
告知を受けた再発・進行がん患者の認知体験に関する研究, 日本がん看護学会, 2011年, ,  
82
本邦におけるがん患者倦怠感尺度の比較 新たに開発されたHirai Cancer Fatigue Scale(HCFS)の有用性の検討, 日本がん看護学会, 2011年, ,  
83
組織的な抗がん剤曝露予防の現状と課題 がん化学療法看護認定看護師を対象とした調査, 日本がん看護学会, 2011年, ,  
84
終末期がん在宅療養者と家族の希望を支える訪問看護師の看護実践プロセス, 日本緩和医療学会学術大会, 2011年, ,  
85
根治手術不能子宮がん患者の病状受容における看護介入の検討 アギュレラの危機問題解決モデルを使用して, 群馬がん看護研究会, 2011年, ,  
86
多職種でデスカンファレンスを行う意味, 日本緩和医療学会学術大会, 2011年, ,  
87
尿管皮膚瘻造設後受容困難であった患者への看護支援 アギュレラの危機理論を用いて, 群馬がん看護研究会, 2011年, ,  
88
痛みの出現に恐怖感を持つ子宮がん患者への看護支援 IASMの理論を用いた痛みに対する症状マネジメント, 群馬がん看護研究会, 2011年, ,  
89
End of lifeを生きる肺がん患者への看護支援 Abraham H.Maslowのニード論を用いて, 群馬がん看護研究会, 2011年, ,  
90
抗がん剤の職業性曝露の防護策 教育と組織の取り組み, 日本看護科学学会, 2011年, ,  
91
進行がん患者の家族が抱える苦しみの検討, 日本看護研究学会, 2011年, ,  
92
End of lifeを生きる肺がん患者への看護支援~Abraham H.Maslow のニード論を用いて~, 第8回群馬がん看護フォーラム, 2011年, ,  
93
化学療法に伴う慢性の末梢神経障害を抱えるがん患者の自律への体験プロセス, 日本看護研究学会, 2011年, ,  
94
外来通院がん患者のセルフケア能力, 日本がん看護学会, 2011年, ,  
95
大腸がん患者におけるCapecitabineに伴う手足症候群に対する心理反応と対処の実際, 日本がん看護学会, 2011年, ,  
96
化学療法に伴う悪心・嘔吐により苦痛を感じている患者への看護支援~IASMの理論を用いた悪心・嘔吐に対する症状マネジメント~, 群馬がん看護フォーラム, 2010年, ,  
97
Implementation and Evaluation of Support Programs for Prevention of Lymphedema in Surgically Treated Breast Cancer Patients, 16th International Conference on Cancer Nursing, 2010年, ,  
98
Preventing from occupational exposure of antineoplastic drugs in Japan:approach by Special Interest Group of Chemotherapy, , 2010年, ,  
99
The effects of a structural self-care support program for patients receiving outpatient cancer chemotherapy, 16th International Conference on Cancer Nursing, 2010年, ,  
100
Development of Hirai Cancer Fatigue Scale(HCFS); testing reliability and validity, 16th International Conference on Cancer Nursing USA, 2010年, ,  
101
The effects of a structural self-care support program for patients receiving outpatient cancer chemotherapy, 16th International Conference on Cancer Nursing, 2010年, ,  
102
Efforts of palliative care intensive training for the many types of medical stuff and future suggestion, 16th International Conference on Cancer Nursing USA, 2010年, ,  
103
Efforts of palliative care intensive training for the many types of medical stuff and future suggestion, 16th International Conference on Cancer Nursing USA, 2010年, ,  
104
ぼくのトイレはお楽しみがいっぱい!! ダウン症患児に対するトイレット・トレーニングの一考察, 国立病院総合医学会, 2010年, ,  
105
臨床-教育連携による看護専門外来運営と高度実践・教育・研究への展望, 日本看護科学学会学術集会, 2010年, ,  
106
スピリチュアルペインを強く訴えたがん患者への看護援助-村田理論を用いて-, 第7回群馬がん看護フォーラム, 2010年, ,  
107
スピリチュアルペインを抱える終末期乳がん患者への看護支援-村田理論を用いたアプローチ-, 第7回群馬がん看護フォーラム, 2010年, ,  
108
Development of Hirai Cancer Fatigue Scale(HCFS); testing reliability and validity, 16th International Conference on Cancer Nursing USA, 2010年, ,  
109
化学療法による悪心・嘔吐を繰り返すがん患者がセルフマネジメントの確立に向かうプロセス, 日本がん看護学, 2010年, ,  
110
Preventing from occupational exposure of antineoplastic drugs in Japan:approach by Special Interest Group of Chemotherapy, , 2010年, ,  
111
Implementation and Evaluation of Support Programs for Prevention of Lymphedema in Surgically Treated Breast Cancer Patients, 16th International Conference on Cancer Nursing, 2010年, ,  
112
スピリチャルペインを強く訴えたがん患者への看護支援-村田理論を用いて-, 群馬がん看護フォーラム, 2010年, ,  
113
スピリチャルペインを抱える終末期乳がん患者への看護支援-村田理論を用いたアプローチ-, 群馬がん看護フォーラム, 2010年, ,  
114
尿管皮膚ろう造設後受容困難であった患者への看護支援-アギュレラの危機解決モデルを使用して-, 群馬がん看護フォーラム, 2010年, ,  
115
根治手術不能子宮がん患者の病状受容における看護介入の検討-アギュレラの危機解決モデルを使用して-, 群馬がん看護フォーラム, 2010年, ,  
116
化学療法患者の味覚変化症状の分類と随伴症状に関する実態調査, 日本がん看護学会, 2010年, ,  
117
治療期にある進行肺がん患者の家族ががん体験に折り合いをつけ前進するプロセス, 日本がん看護学会学術集会, 2010年, ,  
118
治療過程にある進行肺がん患者の症状体験に伴う情緒的反応, 日本がん看護学会, 2010年, ,  
119
外来化学療法における末梢神経障害の特徴に基づく看護支援の検討-副作用症状の自己記録ノートの分析から-, 日本がん看護学会学術集会, 2010年, ,  
120
末梢神経障害を体験した大腸がん患者の生活の困難と対処, 日本がん看護学会学術集会, 2010年, ,  
121
末梢神経障害を体験した大腸がん患者の情緒的反応, 日本がん看護学会学術集会, 2010年, ,  
122
婦人科がん患者が集う患者会『ティータイム』へのニーズとその効果, 日本がん看護学会, 2009年, ,  
123
地域で生活する療養者・家族のニーズに関する調査(第三報) 療養者と家族のニーズの相違, 日本がん看護学会, 2009年, ,  
124
地域で生活するがん療養者・家族のニーズに関する調査(第一報) がん療養者の悩みと主な支援ニーズ, 日本がん看護学会, 2009年, ,  
125
スピリチュアルペインを抱く長期闘病悪性リンパ腫患者への看護支援 村田理論を用いたスピリチュアルペインに対するアプローチ, 群馬がん看護研究会, 2009年, ,  
126
地域で生活するがん療養者・家族のニーズに関する調査(第二報) 属性別にみたがん療養者のニーズ, 日本がん看護学会, 2009年, ,  
127
地域で生活する療養者・家族のニーズに関する調査 第三報-療養者と家族のニーズの相違-, 日本がん看護学会, 2009年, ,  
128
造血幹細胞移植を受けた患者がその人らしい食生活像を再構築するプロセス, 日本がん看護学会, 2009年, ,  
129
終末期がん患者の倦怠感に対する足裏指圧の効果, 日本がん看護学会, 2009年, ,  
130
がん診療連携拠点病院看護師のがん看護に関する知識獲得状況と学習ニーズ調査(第一報), 日本がん看護学会, 2009年, ,  
131
がん診療連携拠点病院看護師のがん看護に関する知識獲得状況と学習ニーズ調査(第二報) がん看護従事者と非がん看護従事者の比較, 日本がん看護学会, 2009年, ,  
132
呼吸困難を抱える治療期進行肺がん患者の体験に関する研究, 日本看護研究学会, 2009年, ,  
133
看護職が行う広域難病相談事業における相談への支援, 日本難病看護学会, 2009年, ,  
134
人工肛門を造設しパニックに陥った高齢がん患者への看護支援 アギュレラの危機問題解決モデルを用いて, 群馬がん看護研究会, 2009年, ,  
135
化学療法を受ける血液がん患者の倦怠感パターンに関する研究, 日本がん看護学会, 2009年, ,  
136
重症心身障害児(者)に対する歯磨きの効果, 国立病院総合医学会, 2009年, ,  
137
人工肛門を造設しパニックに陥った高齢がん患者への看護支援, 第6回群馬がん看護フォーラム, 2009年, ,  
138
スピリチュアルペインを抱く長期闘病悪性リンパ腫患者への看護支援, 第6回群馬がん看護フォーラム, 2009年, ,  
139
がん診療連携拠点病院看護師のがん看護に関する知識獲得状況と学習ニーズ調査 第二報 -がん看護従事者と非がん看護従事者の比較-, 第23回日本がん看護学会学術集会, 2009年, ,  
140
がん診療連携拠点病院看護師のがん看護に関する知識獲得状況と学習ニーズ調査 第一報, 第23回日本がん看護学会学術集会, 2009年, ,  
141
一般病棟に勤務する看護師の終末期がん患者の家族支援パターンに関する研究, 第23回日本がん看護学会学術集会, 2009年, ,  
142
呼吸困難を抱える治療期肺がん患者の体験に関する研究, 第35回日本看護研究学会学術集会, 2009年, ,  
143
再発・進行性肺がん患者の家族の病気体験と影響を与える情報の検討, 日本看護科学学会学術集会, 2009年, ,  
144
外来で化学療法を受ける乳がん患者の気がかりとQOLの要因分析, 第35回日本看護研究学会学術集会, 2009年, ,  
145
外来で放射線療法を受けるがん患者のQOLに影響する要因の検討, 日本看護科学学会学術集会, 2009年, ,  
146
自家末梢血幹細胞移植を受ける患者の下痢症状に関する研究(第二報)看護師の対応への希望と分析, 第31回日本造血細胞移植学会総会, 2009年, ,  
147
自家末梢血幹細胞移植を受ける患者の下痢症状に関する研究(第一報)下痢症状出現時の気持ちとセルフマネジメントの分析, 第31回日本造血細胞移植学会総会, 2009年, ,  
148
地域で生活するがん療養者・家族のニーズに関する調査 第二報-属性別にみたがん療養者のニーズ-, 日本がん看護学会, 2009年, ,  
149
がん療養者・看護師のがん診療連携拠点病院の認知状況に関する調査, 日本がん看護学会, 2009年, ,  
150
複雑な問題を抱えた終末期卵巣がん患者と関わった看護師のストレス体験の分析, 日本がん看護学会, 2009年, ,  
151
終末期若年子宮頸がん患者のスピリチュアルペインへの看護チーム支援, 日本がん看護学会, 2009年, ,  
152
Comparison of malaise between breast cancer and non-breast cancer patients, 15th International Conference on Cancer Nursing, 2008年, ,  
153
Concept Analysis of self-care of cancer patients, 15thInternational Conference on Cancer Nursing, 2008年, ,  
154
専門外来看護活動の発信 人の強さ・立ち上がる力・成長を実感「がん看護相談外来の成果と課題」, 日本看護技術学会, 2008年, ,  
155
外来化学療法を受ける患者の生活調整に対するセルフモニタリング法の効果, 日本がん看護学会, 2008年, ,  
156
広汎子宮全摘出術を受けたがん患者が配偶者との関係を再構築するプロセス, 日本がん看護学会, 2008年, ,  
157
量的評価にみるがん患者の倦怠感の特徴 非がん初診患者との比較から, 日本がん看護学会, 2008年, ,  
158
自家末梢血幹細胞移植(PBSCT)を受ける多発性骨髄腫患者の排便回数と食事摂取量との関係, 日本がん看護学会, 2008年, ,  
159
変わる群馬のがん医療・変える群馬のがん看護, 群馬がん看護研究会, 2008年, ,  
160
群馬大学におけるがん看護専門看護師教育の実際, 第5回群馬がん看護フォーラム, 2008年, ,  
161
乳がん外来化学療法におけるチーム医療の現状と課題 -チームアプローチ-, 第5回日本乳癌学会関東地方会, 2008年, ,  
162
Compare the fatigue of cancer patients receiving chemotherapy and radiotherapy in Japan, 15th International Conference on Cancer Nursing (ICCN), 2008年, ,  
163
Analysis of a factor that influences cancer outpatient fatigue, 15th International Conference on Cancer Nursing (ICCN), 2008年, ,  
164
がん手術患者に対するリンパ浮腫予防のためのケアの現状, 第22回日本がん看護学会学術集会, 2008年, ,  
165
がん患者の家族が抱える苦悩:概念分析, 第22回日本がん看護学会学術集会, 2008年, ,  
166
広汎子宮全摘出を受けたがん患者が配偶者との関係を再構築するプロセス, 第22回日本がん看護学会学術集会, 2008年, ,  
167
外来化学療法を受ける患者の生活調整に対するセルフモニタリングの効果, 日本がん看護学会, 2008年, ,  
168
外来化学療法患者の味覚変化と食欲不振・悪心の出現状況の分析, 日本がん看護学会, 2008年, ,  
169
がん患者と非がん初診患者の倦怠感の比較~多次元倦怠感尺度を用いて~, 日本がん看護学会, 2008年, ,  
170
大腸内視鏡検査を受ける対象者の身体・精神的苦痛緩和を図る前処置の介入効果に関する研究, 第39回日本看護学会 看護総合, 2008年, ,  
171
Fatigue patterns and depression screening in patients with hematologic malignancies following chemotherapy, 15th International Conference on Cancer Nursing, 2008年, ,  
172
An experience of the illness of the family of the brain tumor patient through narrative, 15th The International Society of Nurses in Cancer Care, 2008年, ,  
173
Comparison of malaise between breast cancer and non-breast cancer patients, 15th International Conference on Cancer Nursing, 2008年, ,  
174
Compare the fatigue of caner patients receiving chemotherapy and radiontherapy in Japan, 15th International Conference on Cancer Nursing, 2008年, ,  
175
外来化学療法患者の味覚変化と食欲不振・悪心の出現状況の分析, 日本がん看護学会, 2008年, ,  
176
Effects of the self-monitoring method in cancer patients with nausea as a side effect of outpatient chemotherapy., 15th International Conference on Cancer Nursing, 2008年, ,  
177
Family Nursing for End-of-Life Cancer Patients in General Ward in Japan, International Conference in Cancer Nursing, 2008年, ,  
178
Curerent status and issues of nursing support for pediatric sibling donor of hematopoietic stem cell transplantation in Japan, 15th international conference cancer nursing, 2008年, ,  
179
Current Status of Care for Patients with Lymphedema Caused by Cancer Therapy, 15th The International Society of Nurses in Cancer Care, 2008年, ,  
180
造血器腫瘍患者の長期闘病生活における新たな役割の獲得プロセス, 日本がん看護学会, 2008年, ,  
181
がん患者の家族に対する介入研究の動向と今後の課題, 日本がん看護学会学術集会, 2008年, ,  
182
がん患者の家族に対する介入研究の動向と今後の課題, 日本看護科学学会学術集会, 2008年, ,  
183
Concept Analysis of self-care of cancer patients, 15thInternational Conference on Cancer Nursing, 2008年, ,  
184
An experience of the illness of the family of the brain tumor patient through narrative, 15th The International Society of Nurses in Cancer Care, 2008年, ,  
185
Change Occurred in Recurrent Breast Cancer Patient by Implementing “IKIGAIRENKETSU-HOU” (Method of Tying up Reasons for Living and Action Coals) Based on Cancer Nursing Advisory Outpatient Clinic, 15Th International Conference on Cancer Nursing, 2008年, ,  
186
Fatigue patterns and depression screening in patients with hematologic malignancies following chemotherapy, 15th International Conference on Cancer Nursing, 2008年, ,  
187
Analysis of a factor that influences cancer outpatient fatigue, 15th International Conference on Cancer Nursing (ICCN), 2008年, ,  
188
Compare the fatigue of cancer patients receiving chemotherapy and radiotherapy in Japan, 15th International Conference on Cancer Nursing (ICCN), 2008年, ,  
189
Current Status of Care for Patients with Lymphedema Caused by Cancer Therapy, 15th The International Society of Nurses in Cancer Care, 2008年, ,  
190
Family Nursing for End-of-Life Cancer Patients in General Ward in Japan, International Conference in Cancer Nursing, 2008年, ,  
191
Curerent status and issues of nursing support for pediatric sibling donor of hematopoietic stem cell transplantation in Japan, 15th international conference cancer nursing, 2008年, ,  
192
Evaluation of fatigue in cancer patients: Comparison between inpatients and outpatients, 15th International Conference on Cancer Nursing, 2008年, ,  
193
Effects of the self-monitoring method in cancer patients with nausea as a side effect of outpatient chemotherapy., 15th International Conference on Cancer Nursing, 2008年, ,  
194
Compare the fatigue of caner patients receiving chemotherapy and radiontherapy in Japan, 15th International Conference on Cancer Nursing, 2008年, ,  
195
喉頭摘出者の食道発声に対する諦めのプロセス, 第22回日本がん看護学会学術集会, 2008年, ,  
196
自家末梢血幹細胞移植(PBSCT)を受ける多発性骨髄珠患者の排便回数と食事摂取量との関係, 第22回日本がん看護学会学術集会, 2008年, ,  
197
Change Occurred in Recurrent Breast Cancer Patient by Implementing “IKIGAIRENKETSU-HOU” (Method of Tying up Reasons for Living and Action Coals) Based on Cancer Nursing Advisory Outpatient Clinic, 15Th International Conference on Cancer Nursing, 2008年, ,  
198
Evaluation of fatigue in cancer patients: Comparison between inpatients and outpatients, 15th International Conference on Cancer Nursing, 2008年, ,  
199
Comparison in the views of life and death between nurses and other staffs of a university hospital, ICN Conference Nurses at the foreforont: dealing with the unexpected, 2007年, ,  
200
Characteristics of documented nurse-patient verbal communication in end-of-life cancer care, ICN Conference Nurses at the foreforont: dealing with the unexpected, 2007年, ,  
201
化学療法を受けた女性生殖器がん患者の脱毛に関するコーピング行動, 日本看護研究学会, 2007年, ,  
202
日本人がん患者の倦怠感の感じ方に関する研究, 第21回日本がん看護学会学術集会, 2007年, ,  
203
造血幹細胞移植を受けた子どもをもつ母親の療養体験を意味づけるプロセス, 日本看護研究学会学術集会, 2007年, ,  
204
Comparison in the views of life and death between nurses and other staffs of a university hospital, ICN Conference Nurses at the foreforont: dealing with the unexpected, 2007年, ,  
205
Characteristics of documented nurse-patien verbal communication in end-of cancer care, ICN, 2007年, ,  
206
The present condition activities of daily living of the termina-ill cancer patient university hospital&analysis in the care, ICN Conference, 2007年, ,  
207
Analysiss in the need related to delirium in the terminal-ill cancer patients, Second Internationa Conference Japanese Society of Cancer Nursing, 2007年, ,  
208
DYSGEUSIA AND PHYSIOLOGICAL AND PSYCHOLOGICAL REACTION OF MALIGNANT LYMPHOMA PATIRENTS AFTER CHEMOTHERAPY, 13Th International Conference on Cancer Nursing, 2007年, ,  
209
医療廃棄物適正処理に向けた看護職員教育の効果, 第20回群馬県地域保健学会, 2007年, ,  
210
The present condition activities of daily living of the termina-ill cancer patient university hospital&analysis in the care, ICN Conference, 2007年, ,  
211
The present condition activities of daily living of the terminal-ill cancer patient in university hospital & analysis in the care, ICN Conference Nurses at the foreforont: dealing with the unexpected, 2007年, ,  
212
広汎子宮全摘出術を受けたがん患者が配偶者との生活を再構築するプロセス, 第33回日本看護研究学会学術集会, 2007年, ,  
213
人の強さ 立ち上がる力 成長を実感「がん看護相談外来の成果と課題」, 日本看護技術学会学術集会, 2007年, ,  
214
腔内照射を受けた子宮がん患者の心構えのタイプ分析と支援, 日本がん看護学会, 2007年, ,  
215
放射線治療を受けた患者の語りから考える看護, 群馬がん看護研究会, 2007年, ,  
216
大学病院に勤務する医師と看護師の死生観の比較, 第21回日本がん看護学会学術集会, 2007年, ,  
217
DYSGEUSIA AND PHYSIOLOGICAL AND PSYCHOLOGICAL REACTION OF MALIGNANT LYMPHOMA PATIRENTS AFTER CHEMOTHERAPY, 13Th International Conference on Cancer Nursing, 2007年, ,  
218
Analysiss in the need related to delirium in the terminal-ill cancer patients, Second Internationa Conference Japanese Society of Cancer Nursing, 2007年, ,  
219
Characteristics of documented nurse-patient verbal communication in end-of-life cancer care, ICN Conference Nurses at the foreforont: dealing with the unexpected, 2007年, ,  
220
大学病院に勤務する看護師と専門学校に通学する看護学生の死生観の比較, 日本看護研究学会, 2007年, ,  
221
Characteristics of documented nurse-patien verbal communication in end-of cancer care, ICN, 2007年, ,  
222
The present condition activities of daily living of the terminal-ill cancer patient in university hospital & analysis in the care, ICN Conference Nurses at the foreforont: dealing with the unexpected, 2007年, ,  
223
QOLの向上を目指す「がん看護相談外来」の現状と課題, 第3回 群馬がん看護フォーラム, 2006年, ,  
224
再発乳がん患者が体験している夫との関わりに関する研究, 第20回日本がん看護学会学術集会, 2006年, ,  
225
外来通院をしている血液腫瘍患者のセルフケア達成感に影響する要因, 第20回日本がん看護学会学術集会, 2006年, ,  
226
女性生殖器がん患者の罹患をきっかけとした家族関係の変化と家族に対する感情の変化, 第20回日本がん看護学会学術集会, 2006年, ,  
227
放射線治療を受けるがん患者の生活再構築プロセスと看護支援, 第20回日本がん看護学会学術集会, 2006年, ,  
228
造血幹細胞移植を選択しなかった白血病患者の自己決定の意味, 第20回日本がん看護学会学術集会, 2006年, ,  
229
がん患者の倦怠感に関する研究の動向 介入研究に焦点を当てて, 第20回日本がん看護学会学術集会, 2006年, ,  
230
化学療法を受けながら転移や増悪を体験したがん患者の情緒的反応過程と看護支援の検討, 第20回日本がん看護学会学術集会, 2006年, ,  
231
化学療法後味覚障害への対処に関する文献的考察, 第20回日本がん看護学会学術集会, 2006年, ,  
232
がん患者の患者会活動に対する意味づけの分析, 第3回 群馬がん看護フォーラム, 2006年, ,  
233
シンポジュウム4 移植患者の栄養管理 移植患者の栄養管理における看護の役割, 第28回 日本造血細胞移植学会総会, 2006年, ,  
234
群馬大学医学部附属病院における「がん看護相談外来」の現状と課題, 第3回群馬がん看護フォーラム, 2006年, ,  
235
白血病化学療法中の発熱頻度と関連要因の分析, 第19回日本がん看護学会学術集会, 2005年, ,  
236
がん看護にかかわる看護師の倫理的・道徳的ジレンマの検討 Patricia CrishamによるMORALモデルを用いた分析, 第2回群馬がん看護フォーラム, 2005年, ,  
237
STAI状態不安が高得点を示した外来がん化学療法患者の不安内容の分析, 第19回日本がん看護学会学術集会, 2005年, ,  
238
がん化学療法に関連する看護研究の動向, 第19回日本がん看護学会学術集会, 2005年, ,  
239
語りにみる進行がん患者の社会的苦痛の変化に伴う葛藤 家庭内役割の変化に伴う社会的自己存在の認識に焦点をあてて, 第2回群馬がん看護フォーラム, 2005年, ,  
240
Effects of Outpatient Chemotherapy of Brest Cancer on The Patients Daily Life, 13Th International Conference on Cancer Nursing, 2005年, ,  
241
Development of cancer-chemotherapy concerns rating scale and study of its reliability and validity, 23rd Quadrennial Congress, 2005年, ,  
242
外来で化学療法を受けているがん患者の不安の分析, 第51回北関東医学会総会 THE KITAKANTO MEDICAL JOURNAL 54(2) 2005 P279-280, 2005年, ,  
243
化学療法を受けているがん患者の脱毛を受け入れるプロセス, 第19回日本がん看護学会学術集会, 2005年, ,  
244
外来化学療法を受けているがん患者の気がかりとその影響要因, 第19回日本がん看護学会学術集会, 2005年, ,  
245
外来で化学療法を受けている乳がん患者の食欲不振の要因とセルフケア行動の分析, 第19回日本がん看護学会学術集会, 2005年, ,  
246
がん看護に関する看護師の倫理的・道徳的ジレンマの検討-Patricia CrishamによるMORALモデルを用いた分析, 第2回群馬がん看護フォーラム, 2005年, ,  
247
外来化学療法を受けている乳がん患者の気がかりとその影響要因, 第2回群馬がん看護フォーラム, 2005年, ,  
248
女性生殖器がん患者の家族内役割への思いとそれに対する看護援助, 第2回群馬がん看護フォーラム, 2005年, ,  
249
がん化学療法により脱毛を体験した患者の治療中断した意味の探求, 第31回 日本看護研究学会学術集会, 2005年, ,  
250
外来化学療法患者のストレスに関連する要因の分析, 第31回 日本看護研究学会学術集会, 2005年, ,  
251
外来化学療法を受けている消化器がん患者の気がかりとその影響要因, 第31回 日本看護研究学会学術集会, 2005年, ,  
252
The process of coping with psychosocial impact of chemotherapy-induced alopecia in breast cancer women, 23rd Quadrennial Congress, 2005年, ,  
253
放射線治療経過に伴う乳がん患者の気持ちの変化, 第2回群馬がん看護フォーラム, 2005年, ,  
254
Effects of Outpatient Chemotherapy of Brest Cancer on The Patients Daily Life, 13Th International Conference on Cancer Nursing, 2005年, ,  
255
化学療法を受けるがん患者の倦怠感に関する研究, 第19回日本がん看護学会学術集会, 2005年, ,  
256
化学療法を受ける患者への不安の援助と今後の課題, 第1回群馬がん看護フォーラム, 2005年, ,  
257
The process of coping with psychosocial impact of chemotherapy-induced alopecia in breast cancer women, 23rd Quadrennial Congress, 2005年, ,  
258
Development of cancer-chemotherapy concerns rating scale and study of its reliability and validity, 23rd Quadrennial Congress, 2005年, ,  
259
Stress and Coping Strategies for Hair Loss of Cancer Chemotherapy patients, Fifth International Nursing Resarch Conference, 2004年, ,  
260
Effects of Outpatient Chemotherapy of Brest Cancer on The Patients Dally Life, 13Th International Conference on Cancer Nursing, 2004年, ,  
261
糖尿病患者における運動自己効力感刺激要因尺度の開発, 第9回日本糖尿病教育・看護学会学術集会, 2004年, ,  
262
Clinical and physiological investigations of CHOP therapy induce taste disturbance, 13Th International Conference on Cancer Nursing, 2004年, ,  
263
Clinical and physiological investigations of CHOP therapy induce taste disturbance, 13Th International Conference on Cancer Nursing, 2004年, ,  
264
Stress and Coping Strategies for Hair Loss of Cancer Chemotherapy patients, Fifth International Nursing Resarch Conference, 2004年, ,  
265
Analysis of What Patients Who Have Visited Other Hospitals What University Hospital to Provide, 13Th International Conference on Cancer Nursing, 2004年, ,  
266
STUDY ON SELF- CARE FOR FATIGUE IN OUTPATIENTS WITH MALIGNANT LYMPHOMA RECEIVING CHEMOTHERAPY, First International Conference Japanese Society of Cancer Nursing, 2004年, ,  
267
Effects of Outpatient Chemotherapy of Brest Cancer on The Patients Dally Life, 13Th International Conference on Cancer Nursing, 2004年, ,  
268
Fatigue in cancer patient receiving Chemotherapy, The Process of Coping with Psychosocial Impact of Chemotherapy-Induced Alopecia in Breast Cancer Women, 2004年, ,  
269
The Process of Coping with Psychosocial Impact of Chemotherapy-Induced Alopecia in Breast Cancer Women, Fifth International Nursing Resarch Conference, 2004年, ,  
270
Study on Awareness of Cancer Drug-Related Radiation Risk Among Nurses Invovld in Chemotherapy, 13Th International Conference on Cancer Nursing, 2004年, ,  
271
Analaysis of What Cancer Patiens Hope to get from Traditional Japanese Oriental Medicine, 13Th International Conference on Cancer Nursing, 2004年, ,  
272
Fatigue in cancer patient receiving Chemotherapy, The Process of Coping with Psychosocial Impact of Chemotherapy-Induced Alopecia in Breast Cancer Women, 2004年, ,  
273
DYSGEUSIA AND PHYSIOLOGICAL AND PSYCHOLOGICAL REACTION OF MALIGNANT LYMPHOMA PATIRENTS AFTER CHEMOTHERAPY, 13Th International Conference on Cancer Nursing, 2004年, ,  
274
The Process of Coping with Psychosocial Impact of Chemotherapy-Induced Alopecia in Breast Cancer Women, Fifth International Nursing Resarch Conference, 2004年, ,  
275
Study on Awareness of Cancer Drug-Related Radiation Risk Among Nurses Invovld in Chemotherapy, 13Th International Conference on Cancer Nursing, 2004年, ,  
276
Analaysis of What Cancer Patiens Hope to get from Traditional Japanese Oriental Medicine, 13Th International Conference on Cancer Nursing, 2004年, ,  
277
Analysis of What Patients Who Have Visited Other Hospitals What University Hospital to Provide, 13Th International Conference on Cancer Nursing, 2004年, ,  
278
STUDY ON SELF- CARE FOR FATIGUE IN OUTPATIENTS WITH MALIGNANT LYMPHOMA RECEIVING CHEMOTHERAPY, First International Conference Japanese Society of Cancer Nursing, 2004年, ,  
279
DYSGEUSIA AND PHYSIOLOGICAL AND PSYCHOLOGICAL REACTION OF MALIGNANT LYMPHOMA PATIRENTS AFTER CHEMOTHERAPY, 13Th International Conference on Cancer Nursing, 2004年, ,  
280
Factor Offecting Decision Making to be A Bone Marrow Transplant Doner-How The Decision making Should be Supported, 12Th International Conference on Cancer Nursing, 2003年, ,  
281
FACTORS NEGATIVELY AFFEECTING TRUTH TELLING TO CANCER PATIENTS IN JAPAN, First International Conference Japanese Society of Cancer Nursing, 2003年, ,  
282
FACTORS NEGATIVELY AFFEECTING TRUTH TELLING TO CANCER PATIENTS IN JAPAN, First International Conference Japanese Society of Cancer Nursing, 2003年, ,  
283
Factor Offecting Decision Making to be A Bone Marrow Transplant Doner-How The Decision making Should be Supported, 12Th International Conference on Cancer Nursing, 2003年, ,  
284
眼科手術における退院患者不安の分析 ―特性不安尺度(STAI)を用いてー, 第17回関東甲信越地区看護研究学会, 2002年, ,  
285
化学療法未経験患者における骨髄移植への思いと期待に対する縦断的変化―移植決定から無菌室退室まで-, 第23回日本造血細胞移植学会学術集会, 2001年, ,  
286
Use of Alternative Folk Medicine by Hepatoma Patients and the Associated Factors, 11Th International Conference on Cancer Nursing, 2000年, ,  
287
慢性肝疾患患者における自尊感情の要因分析, 日本看護科学学会学術集会講演集 20号 Page330, 2000年, ,  
288
慢性肝疾患患者における自尊感情の要因分析(第2報) がん患者と非がん患者との比較, 日本看護科学学会学術集会講演集 20号 Page34, 2000年, ,  
289
Analysisi of Problems Bone Marrow Transplant Patients Experience When They are Discharged from Hospital, 11Th International Conference on Cancer Nursing, 2000年, ,  
290
慢性肝疾患患者における民間療法使用状況の分析(第二報) がん患者と非がん患者との比較, 日本看護科学学会学術集会講演集 20号 Page32, 2000年, ,  
291
患者教育のための看護実践モデルの適用検討, 日本看護科学学会学術集会講演集 20号 Page218, 2000年, ,  
292
大学病院における入院がん患者の病名告知状況と看護の関わり, THE KITAKANTO MEDICAL JOURNAL, 2000年, ,  
293
Analysisi of Problems Bone Marrow Transplant Patients Experience When They are Discharged from Hospital, 11Th International Conference on Cancer Nursing, 2000年, ,  
294
Use of Alternative Folk Medicine by Hepatoma Patients and the Associated Factors, 11Th International Conference on Cancer Nursing, 2000年, ,  
295
Use of Alternative Folk Medicine by Hepatoma Patients and the Associated Factors, 11Th International Conference on Cancer Nursing, 2000年, ,  
296
Analysisi of Problems Bone Marrow Transplant Patients Experience When They are Discharged from Hospital, , 2000年, ,  
297
Effects of Bathing befor e Sleep on the Young and the Elderly in Winter, Proceeding of Inter- national Conference on Human-Environment System, 1998年, ,  
298
Effects of Bathing befor e Sleep on the Young and the Elderly in Winter, Proceeding of Inter- national Conference on Human-Environment System, 1998年, ,  
299
Body Movements of the Elderly during Sleep and Thermal Conditions in Bedroom in Summer, International Conference on Physiologi-cal Anteopology Kiel, 1994年, ,  
300
Body Movements of the Elderly during Sleep and Thermal Conditions in Bedroom in Summer, International Conference on Physiologi-cal Anteopology Kiel, 1994年, ,  
301
Effects of the thermal Condition of dressing room and physiological responses during bathing., Proceeding of The 15th International Conference on Environmental Ergonomics., 1992年, ,  
302
Effects of the thermal Condition of dressing room and physiological responses during bathing., Proceeding of The 15th International Conference on Environmental Ergonomics., 1992年, ,  
303
Thermal Conditions in Bathroom and Physiological Responses during Bathing of the Elderly in Japan., Proceeding of International Conference on Human-Environment System, 1991年, ,  
304
Thermal Conditions in Bathroom and Physiological Responses during Bathing of the Elderly in Japan., Proceeding of International Conference on Human-Environment System, 1991年, ,  

 

受賞
No.受賞年月, 授与機関, 賞名, (対象業績)タイトル 
1
2020年12月, 公益財団法人SGH財団, 第18回SGH看護特別賞, 抗がん薬治療に関連する難治性障害を抱えるサバイバーの症状マネジメント支援 
2
2019年11月, 群馬県, 保健事業等功労者知事表彰, 健康増進(がん予防・がん対策推進)部門 
3
2019年02月, 日本がん看護学会, 学術奨励賞(教育・実践部門),  
4
2017年08月, 日本看護研究学会, 奨励賞, 不確かな状況を生きる骨髄異形成症候群患者がコントロール感覚を獲得するプロセス 日本看護研究学会雑誌37巻5号 P11-22 2014年 
5
2016年09月, , International Conference on Cancer Nursing 2016 Poster Award, OVERVIEW OF JSCN/JSMO/JASPO JOINT GUIDELINES FOR SAFE HANDLING OF CANCER CHEMOTHERAPY DRUGS IN JAPAN 
6
2016年09月, , International Conference on Cancer Nursing 2016Research Poster Award, Development of the Comprehensive Assessment Scale for CIPN in Survivors of Cancer 
7
2016年, , International Conference on Cancer Nursing 2016 Poster Award,  
8
2013年02月, , 日本がん看護学会 学術奨励賞 研究部門黒澤やよい 神田清子, 子宮全摘出術を受けたがん患者が配偶者との関係を再構築するプロセス 
9
2012年09月, , The 17th ICCN Best Poster Award 2012, Development and validation of a Chemotherapy-induced Taste Alteration Scale for Daily Life 
10
2012年, , Best Poster Award 2012,  
11
2011年05月, 群馬県知事表彰, 群馬県知事表彰,  
12
2011年, , 日本がん看護学会 学術奨励賞 教育・実践部門(2010),  
13
2010年03月, , The 16th ICCN Best Poster Presentation in the Field of Research2010, Development of the Hirai Cancer Fatigue Scale: Testing its reliability and validity 
14
2010年, , Best Poster Presentation in the Field of Research,  
15
2009年09月, , 平成20年度第12回北関東医学会奨励賞受賞, 外来通院をしている血液疾患患者の自己効力感-血液腫瘍患者と非血液腫瘍患者の比較- 
16
2001年, , 群馬県看護協会長賞,  

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.提供機関, 制度名, 課題名等, 資金種別, 研究期間 
1
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 発達段階に合わせた「親子で乗り越える乳がんプログラム」の開発と評価, ,  2020年04月 - 2023年03月 
2
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 末梢神経障害を伴うがんサバイバーの在宅基盤型活動支援プログラムの開発と評価, ,  2020年04月 - 2024年03月 
3
日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 治療中のがん患者のセルフケア能力とストレングスモデルの融合型看護プログラムの開発, ,  2019年04月 - 2022年03月 
4
, 科学研究費補助金, 外来治療を続けるがんサバイバーの社会役割調整におけるICT活用支援モデルの開発, 競争的資金,  2018年 - 2021年 
5
, 科学研究費補助金, がん化学療法に伴う妊孕性の低下におけるライフイベント支援モデルの開発とその評価, 競争的資金,  2017年 - 2019年 
6
, 科学研究費補助金, 治療を受ける子育て世代のがん患者に対するIT活用型包括的支援モデルの開発, 競争的資金,  2017年 - 2019年 
7
, 科学研究費補助金, 夜勤従事看護師の疲労度を計測する客観的指標の開発とその評価, 競争的資金,  2017年 - 2019年 
8
, 科学研究費補助金, 乳がんを持つ母親と思春期女子の対話を基盤にした支援モデルの介入と評価, 競争的資金,  2017年 - 2019年 
9
, 科学研究費補助金, がんサバイバーに対する「安全・安心ケアネット」の構築, 競争的資金,  2016年 - 2020年 
10
, 科学研究費補助金, 治療中のがん患者のセルフケア能力向上支援プログラムの開発と活用の促進, 競争的資金,  2016年 - 2018年 
11
, 科学研究費補助金, 化学療法による末梢神経障害への包括的ケアマネジメント介入とその評価, 競争的資金,  2016年 - 2018年 
12
, 科学研究費補助金, 抗がん剤静脈内投与時における職業性曝露対策のためのエビデンスの構築, 競争的資金,  2016年 - 2018年 
13
, 科学研究費補助金, がん患者と家族の家族機能を良好にするための患者・家族支援モデルの構築, 競争的資金,  2016年 - 2018年 
14
, 科学研究費補助金, がんサバイバーが治療と社会的役割を調和する多職種支援統合モデルの開発, 競争的資金,  2015年 - 2017年 
15
, 科学研究費補助金, 化学療法に伴う吃逆の統合支援マネジメントモデルの開発と有用性の検討, 競争的資金,  2014年 - 2016年 
16
, 科学研究費補助金, 治療中のがん患者のセルフケア能力向上を支援する看護アプリケーション・モデルの開発, 競争的資金,  2013年 - 2016年 
17
, 科学研究費補助金, がん患者と家族の生きいき支援モデルの開発, 競争的資金,  2012年 - 2015年 
18
, 科学研究費補助金, 子宮頸がんと診断を受けた女性の妊娠・出産に関する看護支援モデルの開発, 競争的資金,  2012年 - 2014年 
19
, 科学研究費補助金, 化学療法に伴う末梢神経障害の尺度開発によるケアマネジメントの包括的評価, 競争的資金,  2012年 - 2015年 
20
, 科学研究費補助金, 抗がん剤曝露対策へのステトラ・モデル介入の有効性に関する研究, 競争的資金,  2012年 - 2015年 
21
, Grant-in-Aid for Scientific Research, がん化学療法患者の倦怠感尺度開発とその臨床的応用, 競争的資金,  2010年 - 2013年 
22
, 科学研究費補助金, 外来化学療法患者への倦怠感セルフマネジメントプログラムの開発とその効果の検討, 競争的資金,  2010年 - 2012年 
23
, 科学研究費補助金, がん患者のセルフケア能力向上の支援アウトカム・マネジメント・モデルの開発, 競争的資金,  2010年 - 2012年 
24
, 科学研究費補助金, 乳房温存術後に放射線治療を受ける乳がん患者に対する看護援助モデルの開発, 競争的資金,  2009年 - 2011年 
25
, 科学研究費補助金, 抗がん剤被曝の予防・安全な取り扱いをめざした統合的アプローチの開発, 競争的資金,  2009年 - 2011年 
26
, 科学研究費補助金, 看護専門外来システムの構築と総合的アウトカム評価に関する研究, 競争的資金,  2009年 - 2011年 
27
, 科学研究費補助金, 難治性の末梢神経障害をきたす大腸がん患者の評価指標に基づ く包括的ケアモデルの開発, 競争的資金,  2008年 - 2011年 
28
, Grant-in-Aid for Scientific Research, 難治性の末梢神経障害をきたす大腸がん患者の評価指標に基づ く包括的ケアモデルの開発, 競争的資金,  2008年 - 2011年 
29
, 科学研究費補助金, がん化学療法患者の倦怠感尺度開発とその臨床的応用, 競争的資金,  2007年 - 2009年 
30
, 科学研究費補助金, がん患者のセルフケア能力向上への援助モデルの開発, 競争的資金,  2007年 - 2009年 
31
, 科学研究費補助金, 手術療法を受けたがん患者のリンパ浮腫に対する支援プログラムの開発と評価, 競争的資金,  2006年 - 2008年 
32
, Grant-in-Aid for Scientific Research, Development and evaluation of support program on structural self-management in patients and family at home undergoing cancer chemotherapy, 競争的資金,  2005年 - 現在 
33
, 科学研究費補助金, 外来がん化学療法患者・家族への構造的セルフケア支援プログラムの開発と評価, 競争的資金,  2005年 - 2007年 
34
, 科学研究費補助金, がん化学療法の味覚障害患者に対するレモン炭酸水含嗽の生理・心理学的影響, 競争的資金,  2003年 - 2004年 
35
, The Other Research Programs, Development of Cancer-chemotherapy Concerns Rating Scale, 競争的資金,  2002年 - 2004年 
36
, その他の研究制度, 化学療法を受けるがん患者の気がかり評定尺度の開発と信頼性・妥当性の検討, 競争的資金,  2002年 - 2004年 
37
, 科学研究費補助金, がん化学療法の味覚障害に対する効果的な口腔ケアの検討, 競争的資金,  1999年 - 2001年 
38
, 科学研究費補助金, 癌化学療法を受けた患者の味覚識別能の実態とケア, 競争的資金,  1996年 - 1997年 
39
, 科学研究費補助金, 高齢者の入浴環境と入浴の温熱効果および睡眠に及ぼす影響, 競争的資金,  1994年 - 1994年 
40
, 科学研究費補助金, 生理機能への影響に基づいた中高齢者の安全で快適な浴室環境・設備に関する研究, 競争的資金,  1994年 - 1995年 

 

Works(作品等)
No.作品名, 作品分類, 発表年月, 発表場所(開催地) 
1
Taste sensitivity in patient with Cancer Chemotherapy and Nursing Care, ,  1998年 - 現在,  
2
癌化学療法を受けた患者の味覚識別能の実態とケア, ,  1998年 - 現在,  
3
Taste sensitivity in patient with Cancer Chemotherapy and Nursing Care, ,  1998年 - 現在,  
4
入浴時の生理心理反応に及ぼす脱衣室・浴室温の影響, ,  1992年 - 現在,  
5
Effects of the thermal Condition of dressing room and Physiological responses during bathing, ,  1992年 - 現在,  
6
Effects of the thermal Condition of dressing room and Physiological responses during bathing, ,  1992年 - 現在,  
7
Thermal Conditions in Bathroom and Physiological Responses during Bathing of the Elderly in Japan, ,  1991年 - 現在,  
8
Thermal Conditions in Bathroom and Physiological Responses during Bathing of the Elderly in Japan, ,  1991年 - 現在,  
9
Body Movements of the Elderly during Sleep and Thermal Conditions Bedrooms in Summer, ,  
10
Body Movements of the Elderly during Sleep and Thermal Conditions Bedrooms in Summer, ,